木造家屋の解体費用相場

木造家屋の解体費用相場

一般的な木造2階建てを解体するには、大体130万円前後の費用が掛かります。とはいえ、解体費用の相場は地域や建物の状況によって都度異なります。
そこで、この記事では解体費用の坪単価をはじめ細かい見積書の項目まで、木造の解体費用相場について詳しくご紹介していきたいと思います。
見積りを取る前に解体工事の費用相場を押さえておきたい
取得した見積りの金額が妥当かどうか確認したい
という方はぜひ参考にしてみてください。

解体費用の相場は坪単価が目安

解体費用の内訳は、建物本体を壊すのに掛かる「本体工事費」と、その他の「付帯工事費」の2つに分けられます。
主に、「本体工事費」は建物を壊す職人さんたちの人件費と、ガレキや廃材の処分費をまとめて計算したものです。一方、「付帯工事費」はその他の細かい費用項目を指すと思ってください。なお、付帯工事費の項目については後ほど詳しく解説します。

MEMO

解体費用 = 本体工事費 + 付帯工事費
付帯工事費 = 「本体工事費」以外の細かい項目の合計

まず、本体工事費の費用相場は、平均坪単価に建物の延床面積を掛けて計算します。地域ごとによって差はありますが坪単価の目安はおよそ3~4万円前後、一般的な木造2階建ての場合、延床面積は30~40坪前後の家が多いでしょう。

MEMO

平均坪単価 × 延床面積 = 本体工事費

計算例
仮に平均坪単価3万5,000円の地域で35坪の木造家屋を解体する場合、本体工事費の相場は122万5,000円になります。


平均坪単価 3万5,000円 × 延床面積 35坪 = 本体工事費 122万5,000円

地域別の平均坪単価

以下は都道府県別で木造を解体する際の平均坪単価を一覧にしたものです。

エリア 都道府県 相場
北海道・東北エリア 北海道 2.8万円
青森県 3.4万円
岩手県 3.5万円
宮城県 3.3万円
秋田県 2.9万円
山形県 3.3万円
徳島県 4.1万円
関東エリア 茨城県 3.4万円
栃木県 3.1万円
群馬県 3万円
埼玉県 3.6万円
千葉県 3.8万円
東京都 3.9万円
神奈川県 3.7万円
中部エリア 新潟県 3万円
富山県 2.8万円
石川県 3.2万円
福井県 2.7万円
山梨県 3.3万円
山形県 3.3万円
長野県 3万円
岐阜県 2.5万円
静岡県 2.7万円
愛知県 2.8万円
三重県 3.2万円
関西エリア 滋賀県 3.1万円
京都府 3.1万円
大阪府 3.1万円
兵庫県 3万円
奈良県 3.3万円
和歌山県 3万円
中国・四国エリア 鳥取県 2.7万円
島根県 4万円
岡山県 3.1万円
広島県 3.6万円
山口県 3.3万円
徳島県 3.1万円
香川県 3.4万円
愛媛県 2.5万円
高知県 4.1万円
九州エリア 福島県 2.7万円
佐賀県 2.7万円
長崎県 3.6万円
熊本県 2.3万円
大分県 2.9万円
宮崎県 2.7万円
鹿児島県 2.7万円
沖縄県 2.6万円

実際の見積書をチェック

実際に解体工事をされた方の見積書も確認してみましょう。

見積り例

実際に解体工事をされた方の見積書

本体工事費にあたる項目を見てみると、坪単価2万8,000円に対して延床面積が36.75坪のお家を解体したことが分かります。本体工事費の合計は102万9,000円となっています。

見積り例

本体工事に該当する項目

ここまで、解体費用の内訳から「本体工事費」の費用相場や目安についてご紹介しました。本体工事費は延床面積に坪単価を掛けるだけで大まかな予算が把握できます。ぜひご紹介した平均相場の一覧をもとに、ご自身でも本体工事費を計算してみてください。

見積書の細かい項目「付帯工事費」の見方

では、続いて「付帯工事費」の項目についても確認していきましょう。
繰り返しになりますが、「付帯工事費」は先にご紹介した「本体工事費」に含まれない細かい費用項目を指します。建物の状況によっては不要な項目もありますが、この記事ではなるべく発生しやすい項目から順番にご紹介していきますのでぜひ最後までご覧ください。

住宅地では欠かせない「仮設養生」の設置費用

ホコリや騒音を防ぐために建物の周囲に設置する「仮設養生費」は、住宅地では必須の費用項目です。費用相場は、1㎡ごと700円~1,000円前後。一般的な木造住宅の大きさであれば150~190㎡ほどで総額は10万円~13万円前後が目安です。

見積書の項目例 シート養生、養生費、足場養生シート…など
仮設養生の設置例

建物がすっぽりと覆われるように設置された養生シート。

解体工事の養生は義務?養生シートでわかる解体業者の質

「コンクリート」を含む外構部分の撤去費用

解体工事で出る廃材は、法律により品目ごとに分別してリサイクルすることが義務付けられています。ところが、廃材の処分費は年々高くなっており、中でもコンクリートの処分単価は高額です。そのため、コンクリートを含む廃材は建物の土台となる基礎部分を除いて、追加費用の対象になるケースがほとんどです。

具体的には、ブロック塀や土間、カーポートなどの撤去は付帯工事として扱われる場合が多いです。なお、費用の相場は、1㎡ごとに3,000円から5,000円前後と地域によっても差があります。業者さんによっては、1式いくらだったり、1㎥(立米)あたりいくらといったように表記が異なる場合も多いです。

見積書の項目例 CBブロック撤去、土間コンクリート撤去…など

庭の撤去物も都度見積りの対象

同様に樹木の抜根や撤去も付帯工事として扱われます。費用の相場は1本あたり数千円~1万円前後です。また、物置や庭石などの撤去物も基本的には別途見積もりの対象になります。外構や庭など、建物以外の部分を撤去する場合は、都度見積りが必要になるので詳しい金額が知りたい方は現地で測量をしてもらいましょう。

見積書の項目例 植木・植栽撤去、庭石撤去、物置撤去…など

「井戸の埋戻し」はお祓いも視野に入れよう

また、敷地内に井戸がある場合は「井戸の埋戻し」が必要です。費用はおよそ5万円~10万円前後で対応してくれる業者さんによって金額は異なります。さらに、井戸を埋め戻す際は、事前に「井戸埋立清祓(いどうめたてきよはらい)」というお祓いをするのが一般的です。お祓いには初穂料(はつほりょう)と呼ばれる費用に加えてお供え物や神社の出張費など、埋戻しの費用とは別に約5万円ほど掛かります。

見積書の項目例 井戸解体埋め戻し費用…など
井戸を埋め戻すときは、感謝の気持ちが大切です!!神様が宿っている? 正しい井戸の埋め戻しに必要な費用とは

屋内に残った「残置物」の撤去費用

建物内に残った家財道具や不用品は「残置物」として扱われます。なお、廃材を品目ごとに細かく分別して解体をする「分別解体」が主流の今では、色々な品目が混合している残置物が室内に残ったままでは解体工事に着手することができません。そのため、撤去や処分に必要な費用が追加で発生します。
見積りの方法は様々ですが、残置物の量に応じてトラック何台分としているところでは、1台につき5~7万円、1㎥あたりで算出しているところでは7,000円~10,000円前後のところが多いようです。ちなみに、残置物の撤去費用は基本的に割高です。可能な限りご自身で処分された方が費用は抑えられます。

見積書の項目例 室内残置物撤去、残置物撤去…など
残置物の処分を自分でやって節約しよう残置物の処分は?解体工事の前に今からできる節約術

人力による「手壊し」での付帯工事費

建物が立っている状況によっては、隣家との距離が近くて重機が使えない場合や、周辺の道路が狭くて重機が搬送できないケースがあります。その場合、手作業で解体工事をすることになり、重機に比べて人件費が多く掛かることから追加費用の対象になります。見積りの方法はさまざまで、1坪あたりで計算する業者さんもあれば、追加で掛かった人件費ひとりあたりを「1人工」として12,000円~20,000円前後で加算しているところもあります。しかしながら、手壊しが必要な範囲によって費用は異なるので詳しい金額は現地で測量が必要です。

見積書の項目例 手壊し、一部手壊し、手剥がし…など

有害物質「アスベスト」の撤去費用

建物によっては使われている建材によって付帯工事費が発生する場合があります。中でも代表的な例が「アスベスト」です。アスベストはもとも、断熱材として一般的に使われていましたが、現在は有害な物質であることが分かったため使用が禁止されています。
しかし、古い建物にはしばしばアスベストが含まれている場合があり、除去工事には特殊な作業が必要になるケースもあります。除去費用の相場は、1㎥あたり20,000円から25,000円前後です。

見積書の項目例 アスベスト除去、アスベスト撤去…など

解体業者選びは慎重に

なお、アスベストは使用されている状況によって危険度を示すレベルがあり、高いレベルになると除去作業に対応できる業者さんが限られるので業者選びの際はご注意ください。また、建物にアスベストが含まれているかどうかは、目視しただけでは確認できない場合があります。そのため、近年では建物の一部を検体にかけて含有成分を調べた上で見積りを取るのが一般的です。有害な物質が飛散してしまうと、大きな事故や事件に発展する可能性もあるので、事前の調査も万全な業者さんにお願いしたいですね。

詳しい見積りを把握するためには

付帯工事費の項目は建物の状況や使われている建材の種類によって変わります。そのため、具体的な金額に関しては現地調査をしたうえで詳しい見積りを取るのが一般的です。

ちなみに、当協会が運営している「解体無料見積ガイド」では、これまでにご利用いただいた7万5,000人以上のお客様のお見積りデータをもとに、お問い合わせいただいた方にぴったりの業者さんを一度に最大で6社ご紹介しています。どなたでも無料でご利用いただけるサービスですので、ぜひお気軽にご利用ください。

地域ごとの補助金情報もチェック

ここまでご覧いただいた方の中には「解体工事って思っていたより高いな」と不安に感じた方も多いと思います。実際、金額面が理由で解体工事を断念してしまう方も少なくありません。そこで、必ずチェックしていただきたのが「補助金制度」です。

自治体によっては、しばらく使われていない空き家や、倒壊の危険がある家を解体する場合に、費用の一部を還元してもらえる補助金や助成金制度が設けられている場合があります。
負担してもらえる金額は数万円から数十万円ほど。管轄の自治体によって金額は異なりますが、掛かった費用の半分以上を負担してくれる場合もあります。
「費用を少しでも抑えて解体工事を済ませたい」という方は、町や市の補助金情報もぜひチェックしてみてください。

まとめ

この記事では木造の解体費用相場について、費用相場の計算の仕方や細か項目について詳しくご紹介しました。費用相場について参考になった、という方はぜひご自身でもお見積りを取って比較してみてください。

なお、当協会では解体工事が初めての方でも適正価格のお見積りをスムーズに取得していただくためのサービス、「解体無料見積りガイド」を運営しています。
「解体業者に問い合わせるのが不安」「一度に複数の会社あら見積りを取りたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。