あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体費用が高騰しがちな事例と費用を劇的に抑える3つの対策

解体費用抑える

忙しい時期に仕事以外のことを考えようといったとしても、なかなか先に進まないものですね。後回しにしがちな事柄でも、実は早めにやっておけば良かったと思えるようなことはたくさんあります。

建物の解体工事に関しても同じことが言えます。

2015年5月26日に全面制定された法律「空き家対策特別措置法」など、知らず知らずのうちに法律が制定され、資産だったものが負債に変わってしまう可能性もゼロではありません。

「もっと早く誰も住んでいない実家を解体しておけば良かった!」などと後悔する前に、早く解体工事を業者に依頼したほうが良いこともあります。

そう気づいた時には解体業界も忙しく、状況によっては工事自体を受けてくれないケースもあります。どの業界においても繁忙期、閑散期というものがあるように、解体工事業界においても同様で、繁忙期であればあるほど、解体費用が通年を通した相場より高騰してしまいがちです。

それならまだしも、施工スケジュールによっては解体工事自体が受けてもらえない場合もあります。

年間を通して、解体工事業界の繁忙期と言われている時期は、年末・年始、年度末。月で言うと12月~3月頃でしょうか。その頃は、公共工事のスケジュールでかなり忙しいと言われているため、解体工事を請けるのが難しくなってきます。

さらに冬は、積雪の可能性もあるため解体コストが上がる可能性もあります。雪が積もってしまうと、除雪してから出ないと、建物を壊すことが出来ないため、除雪費なども上乗せされてしまう可能性もあります。

雪が降りやすい地域では、冬場の解体工事は避けたいものですね。

繁忙期だけでなく解体費用が高騰する場合は他にもありそうですね。今後起こりそうな、費用が高騰しがちな解体工事のケースをまとめました。解体工事を考えていて、金銭的にどうしようかと悩んでいる人にこそ読んで欲しい記事です。

家屋の解体費用が高騰しがちなケース

解体工事

前述したとおり、2015年5月26日付で全面制定された「空き家対策特別措置法」以降、解体工事の需要がますます上がってきます。解体工事の需要が上がるということは、解体業者としてはどのようなことが起こる可能性があるのでしょうか?

閑散期のはずが繁忙期へ

年度末を過ぎ、4月になると一般的には閑散期となり、解体費用の相場も落ち着き、解体工事を依頼するにはいい時期と言われています。しかし、法律などが制定されるなど、世の中の動きが「建物を解体したほうが自分の資産が守れる!」という流れになった場合、解体工事を依頼する人が増え、例年とは違い繁忙期になってしまうということもあります。

地域の解体工事業者のスケジュールがいっぱいで請けられなくなってしまうこともあります。ちょっとでも遠くの業者に依頼しようとすると、輸送コストや処分コストなどが必要以上に上乗せされてしまい予想以上に高くなることも……。

解体工事に関連する業者も大忙しに?!

解体工事業者が忙しくなると、廃棄物処理場も大忙しになってきます。通常期以上に多い廃棄物を処理するために、キャリーオーバーになってしまい、稼働時間を延ばすなどの対策を行うと考えられますが、処理しきれず受け入れられなくなり、拒否されてしまうことも…。そうなってしまうと、たとえ遠くても別の廃棄物処理場を利用することになります。

別の処理場を利用する場合、廃棄物を運ぶ距離が長くなってしまい運搬費が上がってしまいます。その結果、解体費用も相場以上になってしまうのです。

解体費用の割合を見てみると、廃棄物の運搬・処分費は全体の約50%を占めています。廃棄物の処分費が上がってしまう場合、その分解体費用も一気に高騰してしまいますね。過去にあった事例ですが、年末に解体工事が集中した時は、廃棄物処分費が通常の2倍に跳ね上がった処分場がいくつもありました。

これを防ぐためには、早めの行動が必要になります。今、解体工事を行わないとしても、将来的に行うなら、情報収集だけはやっておくと良いでしょう。

廃棄物が偏ると更に大変なことに

廃棄物

消費税の増税も迫っていることから駆け込み需要も増え、今後ますます空き家を解体して更地にする方が増えていきます。特に放置しておくと危険だと言われている家屋がほとんどなため、木造建築の解体工事が一定量、増えることでしょう。木造建築は、解体工事費は鉄筋コンクリートや鉄骨造(S造)と比べ安いものの、多くの方が同時にやったとしたらどうなるでしょうか?

木造の廃棄物処理が追いつかず、業者としてはそこまで忙しくないのになぜか処分費だけが追加で請求されてしまうことも考えられます。

その他、解体費用が高騰になる事例

立地や場所によって見積りの段階で、解体費用が相場以上になってしまう事例も多くあります。簡単に言うと、重機が使えるかどうかによって、機械で行うか人力で行う(人件費の高騰)か、また養生の施策など。多くの事柄が考えられます。

詳しくは過去の記事『費用が高騰しがちな解体工事案件で事前チェックすべき8要素』を参考にしてください。
費用が高騰しがちな解体工事案件で事前チェックすべき8要素

解体費用を劇的に抑える3つのポイント

時代背景や時期によって高くなりがちな解体費用を抑える方法はいくつか存在します。解体工事をお考えであれば、まず解体費用をいかに押されるか、相場より安くする方法があるか。個人負担を軽くする方法があるかなどを考えます。

ひとりで考えても中々答えが導き出せません。少しでもわからないことがあったら気軽に質問できるように、協力者を作っていくことをおすすめします。

解体工事の請負契約を締結する前に自治体の助成金が活用できるかを確認する

自治体によって助成金や補助金が出る条件は様々で、多いところでは100万円まで出るという自治体も存在します。その自治体が規定する項目と解体工事を行いたい家屋の状態を照らしあわせてみましょう。運が良ければ活用できることもあります。
助成金は個人負担を軽くするものですので、少しでも活用できるのであれば活用してください。

しかし、助成金を申請する上で大切なことは、解体工事を始めてしまった後や契約を結んでしまった後に申請しても対象外になってしまいます。ほとんどの自治体に共通して言えることなので、確認する場合は契約前にしましょう。

わからない場合は解体工事業者や客観的な視点でみる仲介業者に聞いてしまうのもひとつの手です。

複数の解体工事業者から相見積りをいただく

解体費用を無駄に高く払うのを防止する場合は、2、3者程度の相見積もりを行ってください。解体工事を行おうとするエリアを得意とする解体業者、複数社から相見積りをいただくことで、適正金額の中で一番安く工事を行ってくれる解体業者を見つけます。

ただ安いだけでなく、相場というものが存在するため、その相場より安いと良いです。通常よりあり得ない見積りを出してくる解体業者は、不法投棄等の不正を行っている可能性もあるので注意が必要です。

大体、3社程度から見積りを取っていいでしょう。それ以上取ったとしても差は生まれないため、相見積りは3社と覚えておくといいでしょう。

早め早めにスケジュールを抑える

忙しくなる時期の2、3ヶ月前から動き出しの解体工事業者のスケジュールを確認し、確保しておくことが大事です。

余裕を持ってご依頼をすれば、相場より安く出していただけることもあります。忙しくなってから、解体業者のスケジュールの合間を縫っての依頼になると仕事もバタバタしてしまいます。

時間をかけることが可能であれば可能な廃棄物の処分等の分別に時間を割けます。余裕を持って、細かく相談を受けている解体業者を選ぶことが、解体費用を安くするための秘訣です。

まとめ

解体費用が高騰しがちな時期は、基本的には繁忙期です。しかし、2015年5月26日に制定された「空き家対策特別措置法」のように、解体工事の需要が高まる状況も場合によっては解体費用が相場以上になってしまいます。解体費用の中に、廃棄物の処分費の占める割合が約50%であるため、急激に増える廃棄物のため、処理施設がパンクしてしまうことも。

解体費用を安くするためにも、早めの解体工事スケジュールや相見積りの活用、助成金などを利用し、少しでも自己負担を減らすことで資産へのダメージも少なくできます。建物を所有されている方は、少しでも知識を身につけて解体費用を抑える行動を取りたいですね。

もし解体工事を考えている読者さんがいたら、まずは、気軽に問い合わせをしてみて、話しながら状況整理をしてみるのお良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。