あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【解体工事の騒音考察】苦情ゼロだ!近隣と良好関係を維持

【解体工事の騒音考察】苦情ゼロだ!近隣と良好関係を維持

家の解体工事は、一生のうちに一度あるかないかのイベント。所有する家が空き家のままになっていたり、老朽化が進み建て替えを検討していたりと解体工事を行う際、考えなければいけないことはいくつかあります。

細かく考えるとキリがないことですが、共通することあります。お多くの方が以下のことで頭を悩ませているでしょう。

  • 解体工事の費用はどれくらいかかるのか?
  • 解体費用が安い業者をどうやって見つけていこう。
  • どれくらいの時期に解体工事を行えばいいのか。
  • 何日あれば解体工事と整地まで終わるんだろう
  • その他、どんなことやらなきゃいけないのかな……

などなど。

特に、お金のことが絡んでくるのでどちらかというと費用のことについて目が行きがちです。1回あたり数十万~百万を超える工事になるので、できるだけ安くしたい!という気持ちはわかります。もちろん費用に関しても考えなくてはいけないですが、住んでいた家を壊すということは、自分一人だけのことではありません。

近隣の方との付き合いもあるため、解体工事を行った結果印象が悪くなってしまっては元も子もないです。
今回は、解体工事において避けては通れない騒音のこと。どうやったら苦情ゼロで解体工事を終わらせることができるのか。
騒音にまつわるトラブル回避方法をまとめました。

実際にどれくらい苦痛?!解体工事の騒音レベル

解体工事の騒音
解体工事は、建物を建てる時と違って短期間ではあるもののかなりの騒音に悩まされます。

ドリルや重機の音など、うるさくて普段の生活のリズムが狂わされたり、音は大きくないものの重低音が響いてきて頭痛に悩まされたりと直接相手の身体に被害をあたえてしまうことも。

もちろん、既定値を超える可能性のある工事の場合、防音シートなどでできる限り騒音がそのまま外に出ないように対策もします。しかし、限界もあります。
建築現場でも解体工事現場でも作業している場所の近くを通るとどうしても耳を塞ぎたくなるレベルです。おそらく、その場にずっと居たら耳鳴りやら頭痛など引き起こすでしょう。
ちなみに騒音の大きさを例えるならば、カラオケルームの音の大きさや電車が通り過ぎていく音などそれに近いレベルです。

防音シートで抑えられてはいるものの、重低音が長時間にわたって聞いてくる人の身になってみるとわかります。
男性は、昼間会社に行き、近隣が昼間に工事をしていたとしても騒音に悩まされたという経験は少ないでしょう。その点、家に居ることの多い専業主婦の経験がある方のほうが、近隣の騒音についてわかるかと思います。

ちなみに、今これを書いている私も今この瞬間近くから工事の音がしてくるので集中力が削がれたりすることも。

施主と解体業者、騒音の苦情の責任はどっちに?!

近隣住民からしたら、騒音の苦情はどちらにいうことが多いでしょうか?
人によりますが、赤の他人より、知っている人のほうが苦情をいいやすいという心理が働きます。直接解体業者にいったとしても取り合ってくれなかったり、仕事だからと突き返されたり、最悪な場合、逆ギレしてくる方もいるかもしれません。

どちらにせよ、施主であるあなたの印象が下がってしまいます。

法的な責任を問われるかというならば、可能性は低いといえるでしょう。
しかし、これから先も良好な関係を継続していく必要があるならば未然に防ぐというのが一番の対策法です。

事が起こってからの対処法ももちろん大切で、施主の方から苦情を吸い上げ、解体工事業者の現場監督の方に下げることができるのかなど話し合ってください。
音を下げる方法が物理的に可能なのか、不可能なのか。養生シートなど一部強化することによって、周辺に与える騒音が少しはマシになるのかなど解決法を考えてください。
具体的な解決法が出なかったとしても、取り合ってくれたというような安心感が生まれます。

近隣との付き合いはお金で買えない価値がある?!

お金以上の価値
解体工事における騒音は仕方ないことです。しかし、解体工事を行った後も繋がりを持ち続け、良好な関係を維持するためには不満が爆発するような終わらせ方はしてはいけません。たとえ、解体工事が終わった後、その場所に住むことがなかったとしても気持ちよく去っていくということは重要です。

こればかりは、お金で解決するものでもないです。安い解体業者を見つけたけれど、お願いした結果近隣の方との関係が悪化したなど本末転倒です。

安くすることももちろん大切ですが、その中でも終わった後のことを考えるというのも大事です。思い出の地が嫌な思い出になってしまっては今後の人生においてマイナスになってしまいます。

そうならないようにも、解体業者の選び方は大切です。

参考までに、安心してお願いできる解体工事業者の条件をご覧ください。

騒音での苦情を回避することがうまい解体業者はどんなところ?!

解体工事の騒音はつきもの。しかし、すべての騒音が100%苦情に繋がるかというとそうではありません。いくつかの観点から見ていけば、解体工事で近隣の方からの苦情を回避できるだろう安心して依頼できます。

1.解体業者や担当職員の人柄やスタンス

見積りを取る際にいくつか内容を確認したりするでしょう。費用の項目に関して、質問をしたらどんな費用なのかしっかりと答えてくれる業者であったり、技術的な疑問や質問、解体工事のプランなどを聞いた時にイメージできるような、相手の状況に立ってお話ができる方は安心できます。
利益だけを考えたり、人間関係をおざなりにしてしまう方はトラブルになる可能性もあるので

まず第一に解体業者の職人の人柄。仕事に対して真摯に向き合ってしっかりと対話していこうと考えている人は安心できます。
こちらの質問に対しても自分たちの専門用語ばかり使って相手が理解できない説明をしてくる方は注意です。

2.養生シートを見るとその会社の実力や技術がわかる

解体工事を行う上で養生シートを使うことが一般的です。養生シートに関しては色々な種類があり、使用用途も変わってきます。基本的には埃や破片が飛散するのを防ぐことで使用します。中には、防音に特化した防音シートもあります。
これらのシートを見ることで、解体業者の実力がわかります。

汚れているか綺麗すぎるかによってある程度、実力がわかります。実はある程度汚れがある方が長年使い込まれていることがわかり、解体工事の技術もある程度あるのが推測できます。重機の扱いが下手であると、重機の一部や機材が養生シートに当たり、破損してしまうことも。ちなみに、養生シートを破れたまま使い続ける業者もいらっしゃいますが、目的から考えると効果が低くなってしまいます。

養生シートが思った以上に綺麗な場合、新しく購入したものです。経年劣化で交換することもあります。普段の会話レベルでなんで綺麗なのかも含めて聞いてみるといいでしょう。

養生シートから解体業者の実力を知る方法を公開しているので調べてみてください。

3.挨拶回りを一緒にしっかりできる解体業者

解体工事前の挨拶回り
解体工事を行う前に近隣への挨拶回りは重要です。今回のテーマでもある、騒音における苦情をゼロにするためにも必要なことで、自分の都合で行う解体工事を行う時、周りの住人からしたら迷惑この上ないこと。しかし、そんな中でも理解していただくためのも、解体工事を始める前に現場監督の方と一緒に挨拶回りをするのがいいでしょう。

挨拶回りに関して、同席をしてくれる方がいいでしょう。欲をいうなら、現場監督の方と一緒がおすすめです。
作業する人の顔がわかれば、安心できることも増えるので確実にやったほうがいいことです。また、印象を良くするというのも大切です。

また、工事期間中に気になることがあったら、施主と現場の方のどちらにいうのがいいか取り決めをしておき、それらを伝えるといいでしょう。何かあった時に一方的に理解していただくのではなく、歩み寄ることができれば今後の付き合いもいいものになっていく可能性が高まります。

まとめ

解体工事における騒音問題と近隣の方からの苦情をゼロにする方法についてまとめました。解体工事という性質上、音を出さずに行うことは不可能です。作業者の技術や防音シートなどの防音対策を施すことが重要になってきます。しかし、それらを行ったとしても低減するだけで、ゼロになることはありえません。

近隣の方とのトラブルを回避するために重要になってくるのが挨拶回りです。しかも、解体業者と一緒に近隣の方へ挨拶していくことがポイントです。その際の印象を良くし、騒音だけでなく工事関係で何か問題があった時にどのように対処するのかもしっかり伝えれば近隣の方も安心できます。

苦情の最たる例が、騒音もあるけれど事後対応の内容です。完全に取り合ってくれなかったり、逆に怒鳴られたりすると印象は最悪になり、今後の人間関係にも亀裂が入ってしまいます。

解体工事はあなたの都合で行うこと。自分のことばかりでなく周りのことを考えてあげる心づかいが長く近所付き合いをする上で大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。