解体費用はどのように決まるのか?構造別や地域別に徹底解説!

イラスト

解体工事は日常生活であまり馴染みがないため、自分が所有する建物の解体費用どのくらいになるのか、見当もつきませんよね。

解体費用は、坪単価に建物の坪数を掛けて相場を出すことができます。しかし、それは建物本体を取り壊す費用の相場であり、解体費用の総額ではありません。
解体工事には、坪単価では算出できないさまざまな費用があり、建物それぞれの条件によって金額が大きく異なるため、解体費用がいくらかかるのか一概には言えないのです。

そこで、実際に行われた解体事例の見積りデータをもとに、解体費用の算出方法をはじめ、解体費用が高くなるケース、解体費用の抑え方について、それぞれ解説していきます。

この記事では、初めて解体工事を検討する方に、解体費用がどのように決められているのかを把握していただくことを目的としています。

解体費用の内訳や相場をきちんと把握しておくことで、金額や工事内容に不安を感じることなく解体工事に臨むことが出来るかと思います。
ぜひ参考になさって下さい。

解体費用が決まるポイント

解体費用の総額は、建物本体を取り壊す本体工事費建物や敷地内の状況によって加算される付帯工事費によって決まります。

「解体費用」=「本体工事費」+「付帯工事費」

まず、建物本体を取り壊す費用が決まるポイントについて説明していきます。
※以下、建物本体を取り壊す費用のことを本体工事費と呼びます。

本体工事費が決まるポイントは主に、建物の構造や種類、建物が建っている地域です。
なぜならば、構造や種類、地域によって建物を取り壊す手間が異なるからです。そのため、本体工事費の金額も異なります。

本体工事費は、相場の坪単価に建物の坪数を掛けることで算出できます。

解体工事における坪単価とは、建物本体を取り壊す際にかかる人件費がれきなどの処分費を合わせた、1坪(約3.3㎡)あたりの単価です。

本体工事費の算出方法
「坪単価」×「建物の坪数」=「本体工事費」
坪数とは床面積の合計
建物の坪数とは、敷地面積ではなく、建物各階の床面積を合計した面積のことです。
【例】
20坪(1階の坪数)+15坪(2階の坪数)=35坪(建物の坪数)

建物の構造や種類

本体工事費の求め方を把握したところで、過去の解体事例に触れながら、費用にまつわる構造の特徴や坪単価を説明していきます。

この表は、同じ地域で行われた解体事例の見積りデータをもとに、構造別の坪単価相場をまとめています。

地域木造鉄骨造鉄筋コンクリート造(RC造)
同地域2.3万円3.3万円4.7万円

坪単価相場を見てみると、木造<鉄骨造<鉄筋コンクリート造の順で単価が高くなっていることが分かります。

木造住宅

木造住宅は、建築物の中で最も解体しやすい構造をしています。
そのため、他の構造よりも比較的安い金額で解体することができます。

木造住宅の解体費用と相場について、詳しくまとめた記事がございます。併せて参考になさってください。

木造住宅の解体木造住宅の解体費用と相場のまとめ

鉄骨造

鉄骨造は、柱や梁などの構造体に鉄骨を用いているのが特徴です。
木材に比べて鉄骨材は強度が高いため、木造よりも解体費用は高くなります。

また、鉄骨造は軽量鉄骨造重量鉄骨造の2種類に分類されます。
使用されている鋼材の厚みによって、軽量か重量かが分かります。
もし重量鉄骨造なのであれば、さらに坪単価は高くなる、ということを念頭に置いておきましょう。

鉄骨造の解体費用と相場について、詳しくまとめた記事がございます。併せて参考になさってください。
鉄骨造の解体費用と相場

鉄筋コンクリート造(RC造)

RC造は、柱や梁などの構造体に鉄筋とコンクリートで構成されているのが特徴です。
鉄筋とコンクリート、2つの材料を組み合わせることで強度がかなり高くなるため、大規模な解体が必要となります。そのため、木造や鉄骨造よりも、建物を取り壊す費用は高額になります。

RC造の解体費用について、詳しくまとめた記事がございます。併せて参考になさってください。

アイキャッチ鉄筋コンクリート造の解体費用とは?費用の抑え方も紹介
建物の構造だけでなく、マンションやアパート、病院など、建築物の種類によっても本体工事費は異なります。
しかしながら本体工事費の算出方法は、坪単価がベースですので、構造の坪単価相場を把握しておくと本体工事費の目安を出しやすいです。

長屋の切り離し解体

自分が所有している1戸の住宅分を切り離す際に、隣家の建物全体の強度が下がらないよう配慮しなければなりません。
さらに、隣家の外壁を、切り離す前と同程度の状態に補修することが必要です。
そのため、通常の解体工事よりも坪単価が高くなるうえに、本体工事費とは別に補修工事の費用がかかります。

長屋の切り離し解体を行う場合の準備や注意点について、詳しくまとめた記事がございます。併せて参考になさってください。
長屋の切り離し解体を円滑に行うためのポイント

建物の構造体以外を取り壊す「内装解体」

古くなった家をリフォームするときや、店舗のテナントをオーナーに明け渡す際に行われる解体を、内装解体といいます。

内装解体は、橋や梁の構造体を除いた内装のみを解体するため、通常の建物解体に比べて金額は安くなります。
例として、兵庫県尼崎市の解体費用相場を見てみると、木造住宅の坪単価は36,075円に対し、内装解体の坪単価は14,123円と、半分以上単価が下がっています。

【解体費用が決まるポイント(1)】
・丈夫な構造ほど、坪単価相場は高くなる
・長屋切り離し解体は、本体工事費とは別に補修工事費が上乗せされる
・内装解体は、建物解体よりも坪単価相場は低くなる

解体工事を行う地域や立地

坪単価の相場は、地域や立地によっても左右されます。

人気があり、人口の多い都心エリアほど坪単価相場は高くなります。さらに、重機が通れないくらい道路の幅が狭かったり、密集市街地に建物が建っていたりする場合、重機での解体はできません。
重機を使えないとなると人力で壊すことになり、解体の手間がかかってしまうため、解体費用は高くなります。

ご自身が所有する建物の周囲環境を確認してみましょう。

都道府県別の坪単価相場や、細かい立地条件に関してまとめた記事がございますので、併せてご覧ください。
解体工事はエリアで金額設定が異なる?費用を左右する3つのポイント

養生費

工事現場

解体工事現場において、建物を解体することによって出る騒音や廃材から周囲の建物を守るために、解体する建物をシートで囲わなければいけません。
この作業のことを養生といいます。
大きな建物ほど養生シートを使用する量が増えるため、その分養生費は高くなります。
養生費は本体工事費に含まれないことが多いですが、どの建物でも必要になる費用となります。

【解体費用が決まるポイント(2)】
・郊外エリアよりも都心エリアの方が坪単価相場は高くなる
・立地が悪いと坪単価相場は高くなる
・養生費は建物の広さで決まる

解体費用が高くなるケースとは

つぎに、解体費用が高くなるケースについて解説していきます。

解体費用の要素の1つである本体工事費は、建物の構造や種類、地域や立地によって決まることが分かり、本体工事費の相場感をなんとなく掴めたのではないでしょうか。
しかし解体費用は、建物本体を取り壊す費用のほかに、坪単価相場では算出できない付帯工事費用が必要になります。

「解体費用」=「本体工事費」+「付帯工事費」

付帯工事の項目が、どのように見積りに含まれるのかをイメージしやすいように、東京都立川市で実際に行われた木造住宅2階建ての見積りを掲載しました。
黄色く色付けされている箇所が付帯工事の項目となります。

建物の種類/構造木造住宅2階建て
坪数34坪
建物解体費用1,00万8,000円
総額1,46万5,001円
品名数量単位単価金額
木造住宅2階建て3429,6471,008,000
養生費214550117,810
庭石撤去120,000
土間コンクリート撤去3191,250
植木・植栽撤去112,000
ブロック塀撤去116,700
諸経費95,000円
値引き-4,278円
小計1,356,482円
消費税108,519円
合計金額1,465,001円
諸経費とは
諸経費とは、解体工事を行うために必要な細かい費用のことです。
法律上必要な書類申請にかかる費用駐車スペースの借地料などが含まれています。

付帯工事の項目は、建物や敷地内の状況によって様々なため、過去の解体事例から多く見受けられた付帯工事の一部をご紹介します。
自分の所有する建物がどのくらい該当しているのか確認してみてください。

手壊し解体

手壊し解体とは、重機の利用をせず、人の力で建物を取り壊して解体する作業をいいます。

解体する建物の周りが建物で密集していたり、道路の幅が狭くて重機が通れない場合は、手壊しによる解体が必要となります。

人の力は重機と比べるとどうしても時間がかかってしまい、解体にかかる日数が増えると同時に人件費も増えるので、費用は高くなります。

手壊しによる解体工事の現場リポートをまとめた記事がありますので、併せてご覧ください。

【東京都世田谷区】手壊し解体費用を抑え、今にも崩れそうな木造アパートを解体できました。

火災物件の解体

「火災物件は、既に火災で焼け落ちているから、通常よりも安く済むのでは?」と考える方は多いでしょう。
しかし、通常の解体工事で出た廃材は再利用できますが、火災で焼け残った廃材は再利用できません。そのうえ、炭と化した廃材の処分費用が高いため、火災物件の解体は、通常の解体よりも高額になります。

火災物件の解体費用についてまとめた記事がありますので、ぜひご覧ください。

火災後の家火事で燃えた家の解体費用は高額! 安く抑える為にはどうすれば良い?

アスベスト除去

アスベストは、人体への健康被害が明らかになり、2006年以降使用禁止となった建築資材です。
人体への健康被害が明らかとなっていることから、アスベストが使用されている建物を解体する際には、特別な処理をしてもらうことが必須となります。
費用は、アスベストの飛散レベルによって1㎡あたりの単価が変わります。

アスベスト除去費用についてまとめた記事がありますので、2006年以前に建てられた建物を所有されている方はぜひ参考になさって下さい。
解体工事の追加費用では定番?!アスベスト除去費用で最低限知っておくべきこと

お庭の解体

敷地を更地の状態にする場合、お庭にある庭石や庭木、ブロック塀、土間コンクリートの撤去をしなければなりません。
お庭の規模が大きければ大きいほど、撤去にかかる費用は高くなります。

土間コンクリートとは
土間コンクリートとは、コンクリートで作られた床のことをいいます。玄関までのアプローチや駐車場として使われることが多いです。
土間コンクリートの解体費用は、厚みや鉄筋が中に仕込まれていると割高になります。
お庭の解体費用に特化した記事がありますので、ぜひ参考になさってください。
お庭の解体費用はどれくらい?庭石・庭木などの撤去費用の目安は?

室内残置物の撤去

室内残置物とは、不要になった家具や家電、家庭ごみのことです。
建物本体の解体作業は、建物の中を空っぽの状態にしてから行います。そのため、解体業者が残置物をトラックまで運び、分類をしてから適切に処分をする手間として、残置物の撤去費用が追加されます。

室内残置物の処理は自分でできる
家庭ごみは、自治体のルールに則れば無料で処分をすることができます。家具のほとんどは粗大ごみとして処分すれば、何百円~何千円程度で済ませることが出来ます。
室内残置物の処理は、解体業者に任せるよりもご自身で処理したほうが圧倒的に費用は安く済みます。
残置物の量が多ければ手間に感じるかもしれませんが、余計な出費を減らすためにもご自身で行いましょう。
残置物の処分を自分でやって節約しよう残置物の処分は?解体工事の前に今からできる節約術

地中埋設物の撤去

いざ解体工事をしてみると、地中から廃棄物が出土する場合があります。この廃棄物のことを、地中埋設物といいます。
解体してみないと地中埋設物があるかどうかは分からないため、見積りには含まれません。もし解体工事中に見つかった場合は、見積り金額とは別に追加費用がかかります。

地中埋設物の具体例
地中埋設物の具体例は、排水管やコンクリートガラ、陶器片などです。
また、建物に使われていた浄化槽が出てくる場合もあります。
そのため、建物について把握していることがあれば、くまなく解体業者さんに伝えておきましょう。そうすることで、見積り後に追加で請求されるリスクを減らすことができます。

地中埋設物について詳しくまとめた記事があります。併せてご覧ください。

「地中埋設物の撤去」での不当な追加費用を避けるポイント

解体費用を予算内におさめるために

最後に、解体費用を抑える方法について説明していきます。

解体費用は、さまざまな条件によって決まるため、単純には算出できないことがお分かり頂けたかと思います。
また、「解体費用は想像していたよりも高い」と感じた方も多いのではないでしょうか。
そして、解体後に建て替えを予定している方や、違う土地に住み替えを予定している方は、「資金はできるだけ新居に使いたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。

解体費用は様々な工夫をすることで、10万円~100万円単位で安く抑えることができます。

相見積りをとる

解体工事では、坪単価の費用幅に規定やルールはありません。
それぞれの解体業者が独自に金額を設定しているため、同じ建物を見積っても、金額が大きく異なる場合があります。
金額や工事内容を比較するために、必ず複数の業者から見積りを取るようにしましょう。

補助金や助成金を利用する

全国で空き家増加が社会問題となっている昨今、空き家の倒壊を防いだり、空き家の跡地を活用して地域を活性化するために、各自治体では補助金助成金制度を設けています。

各自治体によって、補助金を受け取れる条件は異なりますが、代表的な条件はこちらです。

  • 空き家であること
  • 空き家とは、1年以上使用されていない建物のこと。

  • 老朽化が進み、倒壊の恐れがある建物であること
  • 旧耐震基準が適用されている建物であること

上記の項目以外にも、税金を滞納していない地域内の解体業者に依頼するなど、細かい条件が設定されている自治体がほとんどです。
一度、自治体の窓口に確認してみると良いでしょう。

補助金や助成金について詳しくまとめた記事がありますので、参考にしてみてください。
【知って得する】空き家の解体補助金で工事費用の節約術!解体工事の補助金と助成金について

なお、本サイト「解体工事の情報館」では、解体費用相場とともに補助金制度の利用について、それぞれの地域ごとに記事を作成しています。
ページ内上部より、お住いの地域を入力し検索してみて下さい。

ローンを利用する

手元にまとまった現金が無い方は、ローンを利用して解体費用を賄うことをおすすめします。

空き家を解体する方限定で組めるローンや、解体後に新築を建てる方限定で組めるローンが用意されているため、ニーズに合わせて利用することができます。

  • 空き家限定「空き家解体ローン」
  • 建て替え限定「住宅ローン」
  • 自由に使える「フリーローン」

利息がつく分、解体費用は高くなってしまいますが、「早く解体したい」とお考えの方はぜひ検討してみてください。

解体後に土地を売却するなら、フリーローンがおすすめ

建物を解体した後に土地を売却する予定の方は、大手銀行でも用意している「フリーローン」を活用しましょう。

フリーローンは使用目的に限度がないため、比較的低金利で借り入れが出来ます。
大手銀行の商品を見比べてみたところ、借り入れできる限度額は10~300万円が多いようです。
普段使用している銀行のホームページや窓口で確認してみると良いでしょう。

なお、解体工事でローンを活用する際の詳しいポイントや注意点は、下記の記事にまとめてあります。ぜひ参考になさって下さい。
解体工事にローン活用や分割払いはできる?手元の現金がゼロでもできる方法解体工事にローン活用や分割払いはできる?手元の現金がゼロでもできる方法

【解体費用を安く抑える方法】
・複数の解体業者から見積りを取り、金額と工事内容を比較する
・建物が建っている場所の自治体に、解体工事の補助金や助成金制度を設けているか確認する
・手元に現金がない場合は、ローンの利用を視野に入れる

土地の売却を目的とする方へ

解体工事を検討されている方の中には、土地を売却することが目的の方もいらっしゃるでしょう。
土地を売るなら、なるべく高値で売りたいですよね。
それゆえに「更地古家付き土地、どっちのほうが高く売れるの?」と頭を抱えている方も多いかと思います。

土地を更地にして売却する場合と古家付き土地のまま売却する場合の特徴を踏まえて、それぞれメリットとデメリットを紹介します。

条件メリットデメリットこんな方におすすめ
土地を更地にして売却・土地が売れやすくなる
・瑕疵担保責任が発生しない
・解体費用の負担
・固定資産税の増加
・家の老朽化が激しい
・立地がよくない
古家付き土地のまま売却・解体費用がかからない
・固定資産税が上がらない
・瑕疵担保責任がある
・売却価格が安くなる
・早く売却を進めたい
・立地条件がいい
・家の状態がいい

土地を更地にして売却する

日本では中古物件よりも新築需要のほうが高いため、古くなった建物がある土地よりも更地のほうが売れやすい傾向にあります。

しかし敷地内を更地にするには、解体費用が必要となります。建物の構造や敷地の状態にもよりますが、ある程度大きな費用がかかるということを念頭に置かなければなりません。

古家付き土地のまま売却する

古家付き土地のまま売却する場合、建物を解体する必要がないため、まとまった金額を用意する必要はありません。
しかし、建物の状態によっては売却価格が更地よりも安くなってしまう可能性もあります。

土地の売却方法に関して、詳しくまとめた記事がございます。ぜひ参考になさってください。
古家付き土地を売却する方法とは?

【土地を高く売るために確認すること】
・家の状態や立地条件を確認する
・売却条件のメリットデメリットをよく確認した上で、解体工事をするかしないか決める

まとめ

これまで、解体費用が決まるポイントや解体費用の抑え方などについて解説してきました。

ご自身が所有する建物とさまざまな費用項目を見比べてみることで、解体費用がどのくらいになるのか、あらかた把握できたかと思います。
しかし、建物や敷地内の状況が同じ建物は一つとしてありません。

解体費用を明確にするためには、解体業者に見積り依頼をすることが必要不可欠です。
いよいよ解体業者に見積り依頼をする際には、複数の解体業者から見積りを取り、金額や工事内容をしっかり比較するようにしましょう。

しかし、初めて解体工事を検討している方にとっては、「どこの解体業者に依頼したらいいか分からない」という方がほとんどかと思います。

私たちあんしん解体業者認定協会が運営する「解体無料見積ガイド」では、お客様の建物の条件にぴったりな優良解体業者さんをご紹介しています。完全無料で最大6社に見積りを依頼できるため、気になる費用の比較がしっかりできます。
また、地域の専任スタッフが工事完了まで丁寧にサポート致します。安心して解体工事を行いたい方はぜひご利用ください。