神奈川県逗子市の改修費用と解体費用の補助金制度

補助金_逗子市

本記事では、神奈川県逗子市における家の解体と改修にともなう補助金について、情報をまとめています。住宅の耐震補強工事危険なブロック塀の撤去費用など、家の改修に関連する逗子市の補助金は全部で3つです。住宅の耐震工事をお考えの方は、費用を抑えることができるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

木造住宅耐震診断・耐震補強工事等補助制度

制度の目的と概要

逗子市では、地震に備えて木造住宅の耐震性を高めるための制度を設けています。
図面や目視による現地調査をおこなう簡易耐震診断や、建物を調査し耐震改修計画書を作成する一般耐震診断など、耐震診断にかかる費用の一部を負担してくれる補助金があります。また、耐震診断の結果、耐震性が低いと判断された住宅に対しておこなう耐震補強工事や、耐震シェルター等を設置するための費用に対しても補助金が交付されます。

逗子市では、耐震診断・耐震補強工事・耐震シェルター等設置に係る費用の一部を補助しています。

引用:木造住宅耐震診断・耐震補強工事等補助制度|逗子市

対象となる建築物

対象となる建築物は、下記の通りです。

2階建て以下の戸建木造住宅で、昭和56年5月31日以前に建てられた建築物
・兼用住宅の場合は、居住部分が床面積の1/2以上である建築物

申請者の条件

申請者は、下記を全て満たす方が対象となります。

・逗子市内に住所があり、建築物の所有者で居住している方
・市税を滞納していない方

工事の条件

いずれ事業も、事業に着手する前に申請書を提出する必要があります。
また、耐震補強工事耐震シェルターの設置工事は、下記の条件も満たす必要があります。

・事前に、逗子市の制度である簡易耐震診断や一般耐震診断を受けること
・簡易耐震診断や一般耐震診断で評定が1.0未満と評価された住宅に対しての工事であること

受付開始日と申請期限

申請の受付期間は、特に定められておりません。詳しくはお問い合わせください。

補助・助成金額

助成金の費用は、下記となります。
なお、耐震補強工事等と耐震シェルター等は重複して申請することができません。また、耐震シェルター等の補助は、1棟の住宅につき1回(1台)のみの申請となります。

工事の種類 限度額
簡易耐震診断 費用2万円のうち1万5千円まで(自己負担5千円)
一般耐震診断 費用7万円のうち4万円まで(自己負担3万円)
耐震補強工事等 耐震補強工事に係る費用の合計額の1/2且つ50万円まで
耐震シェルター等 設置に係る費用の合計額の1/2且つ25万円まで

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は、それぞれ下記の通りです。書類は、逗子市のホームページ よりダウンロードができます。

簡易耐震診断・一般耐震診断

  • 耐震診断補助金交付申請書(第1号様式)
  • 建築確認申請書の写し
  • 建物の平面図
  • 市税納付状況等確認同意書

耐震補強工事等

  • 耐震補強工事等・耐震シェルター等補助金交付申請書(第2号様式)

耐震シェルター等

  • 耐震補強工事等・耐震シェルター等補助金交付申請書(第2号様式)
  • 耐震シェルター等の見積書の写し
  • 設置する製品と業者がわかる書類の写し

書類の準備ができましたら、下記までご持参ください。

【申請先】逗子市役所・環境都市部まちづくり景観課
【住所】〒249-8686神奈川県逗子市逗子5-2-16
【電話番号】046-872-8124
参考 木造住宅耐震診断・耐震補強工事等補助制度 | 逗子市木造住宅耐震診断・耐震補強工事等補助制度 | 逗子市

逗子の解体業者をお探しなら

逗子市で解体業者をお探しでしたら、当協会の運営する解体無料見積ガイドもご利用ください。これまでご利用いただいた方は75,000名以上。解体工事にまつわるヒントが盛りだくさんのサイトです。
ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。解体工事のノウハウが豊富な専属オペレーターが、あなたにピッタリの業者をご紹介させていただきます。

解体見積ガイドバナー

緊急輸送道路の沿道建築物耐震化補助制度

制度の目的と概要

災害の際に、物資の運搬や救急・消火活動の幹線道路となる緊急輸送道路。沿道の建物の耐震性を高めて建物の倒壊を防ぐことは、災害の被害を抑えることに繋がります。
逗子市では、緊急輸送道路の沿道建築物に対して、耐震性を診断するためにかかった費用の一部を補助する制度を設けています。

令和2年度の新規受付は終了しました
令和3年度につきましては、実施は未定です。詳細は逗子市役所・環境都市部まちづくり景観課までお問い合わせください。

大規模災害時の救命活動や物資輸送を迅速に行うことができるよう、緊急輸送道路の安全確保に向け、当該道路の沿道にある建築物の耐震化を促進するため、該当建築物の耐震診断に係る費用の一部を補助します。

引用:緊急輸送道路の沿道建築物耐震化補助制度|逗子市

対象となる建築物

対象となる建築物は、下記を全て満たすものとなります。

昭和56年5月31日以前に建てられた建築物
・逗子市地域防災計画において、第一次緊急輸送道路と指定されている道路の沿道にある建築物
・高さが既定の高さを超える建築物

申請者の条件

申請者は、下記の方が対象となります。

・対象建築物の所有者で市税を滞納していない方
・分譲型共同住宅の場合は建築物の管理者(ただし、管理組合などで耐震診断を実施することが決議されている必要があります)

工事の条件

工事には、下記の条件を全て満たす必要があります。

事業を実施する前に、申請手続きをおこなうこと
・補助金の交付決定通知を受けた年度の2月末日までに、耐震診断を終了して完了実績報告書を提出すること

受付開始日と申請期限

令和3年度以降については、当制度の実施は未定です。詳しくはお問い合わせください。

補助・助成金額

助成金の費用は、下記となります。

「耐震診断にかかった費用」または「床面積に3,600円/㎡を乗じた額」のいずれか低い額×2/3且つ1棟当たり120万円まで

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は下記となります。書類は、逗子市のホームページ よりダウンロードができます。

  • 逗子市緊急輸送道路の沿道建築物耐震化促進事業補助金交付申請書(第1号様式)
  • 建築確認通知書の写し等、建築年度がわかる書類
  • 直近の固定資産税家屋評価証明書
  • 直近の市税納税証明書
  • 診断費用の見積もりと事業計画書
  • 建築物の位置図
  • その他市長が必要があると認める書類
  • 耐震診断の実施に係る、住民総会等の決議書(分譲型共同住宅の場合のみ)

書類の準備ができましたら、下記までご持参ください。

【申請先】逗子市役所・環境都市部まちづくり景観課
【住所】〒249-8686神奈川県逗子市逗子5-2-16
【電話番号】046-872-8124
参考 緊急輸送道路の沿道建築物耐震化補助 | 逗子市緊急輸送道路の沿道建築物耐震化補助 | 逗子市

危険なブロック塀などの撤去費用助成制度

制度の目的と概要

倒壊の恐れのあるブロック塀などをそのままにしておくと、地震などの災害時に避難経路を防ぐこともあり、防災の観点からもとても危険です。逗子市では、このようなブロック塀等を撤去する際に、工事にかかった費用の一部を助成する制度があります。

逗子市では、危険なブロック塀等を撤去するための工事費用の一部を補助します。

引用:危険なブロック塀などの撤去費用助成制度|逗子市

対象となる建築物

対象となる建築物は、下記を全て満たすものとなります。

・地震等の災害時に、避難経路となる道に道に面したブロック塀等
・ブロック塀の延長が1メートル超え、かつ道路面から高さ1メートルを超えるもの
・点検において改善の必要性が求められたブロック塀等

申請者の条件

申請者は、逗子市内のブロック塀等の所有者または管理者で、市税を滞納していない方となります。

工事の条件

工事には、下記の条件を全て満たす必要があります。

・ブロック塀等を全て撤去又は道路面からの高さをおおむね40センチメートル以下にすること
・市が定めた、市内に事業所がある業者に工事を委託すること
セットバックが必要な敷地にあるブロック塀等については、全部撤去すること
施工業者と契約をおこなう前に、申請手続きをおこなうこと

受付開始日と申請期限

受付期間については、特に設けられておりません。詳しくはお問い合わせください。

補助・助成金額

助成金の費用は、ブロック塀の撤去工事にかかる費用の3分の2且つ20万円までとなります。

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は下記となります。書類は、逗子市のホームページ よりダウンロードができます。

  • ブロック塀等安全対策工事費補助金交付申請書(第1号様式)
  • 本人確認のできる書類の写し
  • 案内図
  • 見取り図(申請書の裏面に記入欄があります)
  • ブロック塀等の写真
  • 見積書の写し
  • 市税納付状況確認同意書

書類の準備ができましたら、下記までご持参ください。

【申請先】逗子市役所・環境都市部まちづくり景観課
【住所】〒249-8686神奈川県逗子市逗子5-2-16
【電話番号】046-872-8124
参考 危険なブロック塀等の安全対策工事補助 | 逗子市危険なブロック塀等の安全対策工事補助 | 逗子市

解体工事に関する補助金でお困りの方は

こちらの記事では、逗子市における家の改修にともなう補助金制度についてご紹介をさせていただきました。建物の耐震性を確認したり、不足している場合は補強工事や撤去をおこなうことは、地震から身を守ることに繋がります。住宅の耐震性に不安のある方は、住宅の見直しとぜひ補助金制度も活用してみてください。
なお、解体工事をおこなう際は、当協会の運営する解体無料見積ガイドもチェックしてみてください。

解体見積ガイドバナー

解体業者のご紹介から、補助金の申請方法まで、解体工事が初めての方にも分かりやすくご説明しています。ご相談は無料ですので、ぜひお気軽にご連絡ください。