あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【石川県七尾市】老朽危険空き家の解体費用が半額!?助成金を活用

相続した空き家がボロボロで使い道がない…。いっそ解体工事をしたいけど資金がない。とお困りのあなたにオススメなのが、助成金制度です。
七尾市では、2016年度(平成28年度)から解体工事に関する助成金制度が創設されています。助成金が活用できれば、解体費用を驚くほど安く済ませる事ができますよ。

助成金とは一体どんな制度?

はてな

解体費用の一部を負担してもらう事ができるらしいけど、助成金とはそもそもどのような制度なのでしょうか。まずは助成金の概要と助成金額について見ていきましょう。

老朽空き家は危険がいっぱい

古くなった空き家は、地震などの自然災害で倒壊の恐れがあり、周囲に危険を及ぼす可能性があります。そのため、一部の自治体は、老朽化の激しい空き家を積極的に解体工事する場合に限り、助成金制度を設けているところがあります。

空き家等の処分にお困りの方を支援いたします!
・相続した家が古くなりボロボロだ
・廃業した工場が老朽化して近所迷惑となっている
・解体するのにお金が足りない

引用:七尾市|老朽危険空き家等解消支援制度

老朽化が進んだ空き家は、倒壊の恐れだけでなく、

  • 放火の標的になり、不審火を起こす危険がある
  • 害虫・動物が住み着いて、異臭の原因になる
  • 不法入国者などが無断で住み着いて事件・事故に巻き込まれる

など、さまざまな危険があります。もちろん、自治体側は少しでも事件や事故を未然に防ぎたいと考えています。そこで、空き家の所有者に積極的に解体工事に取り組んでもらえるように、解体費用の一部を負担する助成金制度を実施しているというわけです。

しかも、七尾市の助成金制度は他の自治体と比べて金額が優遇されています。それでは、気になる助成金額を実際に計算してみましょう。

金額を計算してみよう

半額

七尾市の解体工事に関する助成金制度では、なんと最大で解体費用の半額を負担してもらう事ができます。

【計算例】
解体費用総額 100万円 × 助成率 = 助成金額 50万円
解体費用総額 100万円 - 助成金額 50万円 =実質負担額 50万円

お金

ただし、助成金額には上限があるので注意して下さい。七尾市の助成金制度では、建築物の種類によって助成金額の上限が異なり、木造の場合は最大で50万円木造以外の場合は最大で100万円までと決まっています。

【注意】木造は最大で50万円。木造以外は最大で100万円まで!

さて、もらえる金額が分かったら、次に気になるのは助成金の対象条件ではないでしょうか。魅力的な助成金制度ですが、申請した人全てが対象になるわけではありません。

対象条件と注意事項をQ&Aでみていこう

Q&A

助成金をもらう為には、対象条件を満たしている必要があります。一つずつ確認しながら、あなたも対象条件を満たしているか確認してみて下さい。

空き家に関する条件

老朽空き家

質問

どのような空き家が対象ですか?
市が認定した老朽危険空き家などが対象です。

回答

対象者に関する条件

税務署

質問

市税を滞納していても利用できますか?
市税を滞納している場合には、利用できません。

回答

その他の条件と注意事項

解体業者

質問

他の補助金制度との併用はできますか?
他の補助金や助成金との併用はできません。

回答

質問

何回まで利用できますか?
対象の建物について、初めて助成金の交付を受ける人に限ります。

回答

いかがですか?対象条件は満たせていますか?
中でもやはり気になったのは、市が認定した老朽空き家という点ではないでしょうか。それでは、最後に老朽空き家の認定を受けるための申請方法について見ていきましょう。

老朽空き家の認定を受けるには

パソコン

老朽空き家の認定を受けるには、事前相談を受けた後に老朽空き家の認定申請をする必要があります。

申請書の入手は簡単

助成金を受取るまでには、いくつかの申請を行う必要がありますが、最初に必要な申請は事前相談後の老朽空き家認定申請です。

上記のURLをクリックすると申請に必要な書類一式がセットになったファイルをダウンロードできます。その中でも、一番最初の書類が今回紹介する認定申請書です。

認定申請書で記入する内容は以下の3つです。

  • 1. 認定の申請を行う建築物の所在地と用途
  • 2. 建築物の状態
  • 3.補助金の活用予定

記入箇所も少ないのですぐに記入できると思います。

1.認定の申請を行う建築物の所在地は、実際に解体工事をする建物の住所です。申請者の住所とは違うので混同しないように気をつけて下さい。

記入例

2.建築物の状態は具体的に書くようにしましょう。

記入例

最後に、3. 補助金の活用予定の項目は「有」にチェックを入れて下さい。認定申請の書類の書き方は以上です。

記入例

交付申請手続き

認定申請の結果で、危険な老朽空き家に認められたらいよいよ助成金の交付申請手続きを行います。交付申請用紙は添付書類と併せて、一式ダウンロードができます。

https://blog.kaitai-guide.net/blog/wp-content/uploads/2018/02/nanaoshi2.pdf

交付申請では、申請書の他に添付書類を複数記入する必要があるので、記入の際は建設部都市建築課の窓口に問い合わせるか、七尾市のホームーページでも詳しく解説されているので参考にしてみて下さい。

添付書類 参考
事業の内容及び経費配分 要綱様式第4号
事業計画の概要 要綱様式第5号
収支予算書 要綱様式第6号
附近見取り図 建設部都市建築課
TEL:0767-53-8429
現況平面図又は現況写真 依頼する解体業者
見積書の写し(押印があるもので、補助該当金額が明確なもの) 依頼する解体業者
申請本人を含む住民票の写し(謄本) 健康福祉部市民課
TEL:0767-53-8417
老朽危険空き家等の認定書の写し 要綱様式第2号
所有者、管理者が確認できる書類(建物の登記簿謄本の写し等) 金沢地方法務局 七尾支局
TEL:0767-53-1720
市税を滞納していないことの証明書 要綱様式第7号
委任状 (代理人が申請する場合)

添付書類も併せると、10点以上準備する必要があるので少し大変ですが、事前に問合せ先などを確認しておけばスムーズに集められそうですね。

まとめ

平地と並んだ家

七尾市の助成金制度について助成金額から、申請書の書き方も含めていろいろと解説してきましたが、実際に助成金を利用するには、まず事前相談が必要です。「もしかしたら、自分は対象かもしれない」と思った方は、まず七尾市役所建設部都市建築課まで問合せてみましょう。

詳しいお問い合わせ先

事前相談のお問い合わせ、助成金制度についての詳しいお問い合わせは七尾市役所建設部都市建築課でお問い合わせ下さい。

七尾市役所 建設部都市建築課
石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地
TEL:0767-53-8429