【富山県黒部市】老朽化が進んだ空き家の解体工事!助成金が利用可能

疑問

黒部市内に空き家を所有していて、古くなった空き家が地震の影響で壊れてもおかしくない……という悩みをお持ちのあなた、もしかしたら今年こそ、空き家を解体工事できるかもしれませんよ。

実は、近年黒部市内でも老朽空き家を対象にした解体工事の助成金制度が実施され、空き家を解体工事しやすい環境が整ったのです。
そこで、この記事では黒部市が実施している解体工事の助成金制度について、助成金額や対象条件、申請書類の書き方などを詳しく解説していきたいと思います。

解体工事の助成金制度ってどんな制度?

疑問

助成金とひと言でいっても様々な種類がありますが、ここでは解体工事に関する助成金制度に絞って紹介していきます。まずは、黒部市が実施している解体工事の助成金制度の概要と、もらえる助成金額について見ていきましょう。

老朽空き家のみが対象

解体工事の助成金といっても解体工事をする全ての建物が対象になるわけではありません。黒部市の助成金制度で対象になるのは老朽化が激しい空き家です。

黒部市内における老朽危険空家の解体を促進するため平成27年度から事業補助金を設けました。

老朽危険空家の解体に要する費用の一部を補助することで地域の活性化、安全で安心な暮らしの 確保、良好な生活環境の保全を図ることを目的としています。

引用:黒部市|老朽危険空家解体補助金を交付します

ちなみに、黒部市は老朽危険空家の定義を以下のように定めています。

この要綱において、「老朽危険空家」とは、建築物又はこれに附属する工作物で居住その他の使用がなされていないことが常態であるものであり、かつそのまま放置すれば倒壊著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあるものをいう。

引用元:黒部市老朽危険空家対策支援事業補助金交付要綱 | 第2条

老朽化が進んだ空き家は地震や大雪、強風などの影響でいつ倒壊するか分かりません。しかも、対象の空き家が住宅地の中にあった場合は、被害が大きくなる事も覚悟しなければなりません。
さらに、放置された空き家はさまざまな問題を引き起こす可能性があります。

  • 地震や雪、強風の影響で倒壊する危険がある
  • 知らない人に悪用されて事件や事故の原因になる
  • 害虫が住み着いて悪臭の原因になる
  • 放火や不審火の対象として狙われる

しかしながら、空き家が抱える問題や危険を回避するには、対象の空き家を解体工事して壊すしか方法がありません。
そこで、黒部市を含め幾つかの自治体では、空き家の所有が解体工事をし易いように助成金制度を設けているというわけです。

でも、結局のところは負担してくれる金額が重要ですよね?
つづいては、助成金制度を利用した場合どれくらいの金額を負担してもらう事ができるのか、実際に計算してみましょう。

なんと最大で半額を負担!?

!

各自治体によって助成金額は異なりますが、黒部市は中でも助成金額が優遇されています。その金額はなんと、解体工事費の半額です。
例えば、解体費用の総額が100万円だった場合、その半額の50万円を負担してもらう事ができます。

【計算例】
解体費用総額 100万円 × 助成率 = 助成金額 50万円
解体費用総額 100万円 - 助成金額 50万円 =実質負担額 50万円

お金

ただし、助成金制度には決まって上限金額が設定されている事がほとんどです。黒部市も例外ではなく、上限金額50万円が設定されています。
つまり、解体費用が100万円を越える場合、助成金額は一律50万円になり、残った金額が実質負担額になります。

【注意】上限金額50万円が設定されているため、解体費用の総額が100万円を超えた場合は注意が必要

さて、もらえる金額が分かったら、次に気になるのは対象条件ではないでしょうか。助成金によって負担してもらえる金額は他の地域に比べても優遇されているようですが、対象条件はどうでしょうか?引き続きみていきましょう。

申請者が満たすべき条件

補助金を受取るためには、申請者は以下の条件を満たしている必要があります。

  • 空き家の所有者であること
  • 世帯全員が市税を滞納していないこと

市税を滞納していないかどうかは、黒部市役所の税務課に納税証明書を発行してもらうことで確認ができます。

総務企画部 税務課
〒938-8555 黒部市三日市1301番地
電話番号:0765-54-2117 FAX番号:0765-54-5090
お問い合わせフォームはこちらから

解体工事は黒部市内の業者さんへ!

また、解体工事は黒部市内の解体業者さんに依頼するのが条件です。
補助金制度は市政のひとつで、地域発展も兼ねているためです。

しかし、解体業者さん選びが不安な方は、ぜひ当協会が運営する〈解体無料見積ガイド〉へご連絡ください。
全国から厳しい審査を通過した解体業者さんを、ご連絡頂いたお客様に合わせてご紹介しています。

受付期限はいつまで?

制度の開始日は2015年4月1日からですが、受付終了日は現在設けられていません。

ですが、補助金制度の内容は変更になったり、終了するおそれもあります。
申請の際は、黒部市のホームページを確認の上、お早めの手続きをおすすめします。

黒部市の補助金制度最新情報はこちらから

申請書類を書いてみよう

申請の準備

黒部市で解体工事の助成金を利用するには、申請書類と添付書類を併せて提出する必要があります。

申請書類の書き方をマスターしよう

申請書類といってもそれほど難しくはありません。下記のURLからダウンロードできるので、記入例を参考にしながらご覧ください。

ダウンロードができたら、さっそく記入例を見てみましょう。

申請書の記入例

申請書の記入例はこちら

申請書を記入する際は、以下の点に注意して下さい。

  • 申請者の住所と空き家の所在地を混同しない
  • 解体業者さんの情報は事前に確認が必要
  • 除去工事見積り金額は解体業者さんに出してもらった実際の見積り金額を記入する

もう少し詳しく見ていきましょう。

注意1

申請者の住所と空き家の所在地、両方を記入する必要があるので混同しないように注意して下さい。また、築年数も記入する必要があるので登記簿謄本や、登記事項証明書などを参考にして記入してみて下さい。

注意2

続いては、解体工事にかかる期間、解体業者さんの情報、解体工事にかかる費用の見積りを記入します。ただし、ここで記入する金額は解体工事に係る費用の総額です。申請する金額ではないので、解体業者さんに出してもらった見積り金額をそのまま記入して下さい。

最後に、補助金の申請履歴と市の調査に同意するかどうかのチェックを入れて完成です。なお、助成金の審査には市の調査が必須なので、必ず同意するにチェックを入れるようにして下さい。

添付書類も忘れずに!

申請書類の書き方が確認できたら、最後に添付書類についても確認しておきましょう。申請書と併せて提出が必要な添付書類は全部で5点です。

添付書類問い合わせ先
空き家の現状写真依頼する解体業者
空き家の位置図
除去工事見積り書の写し依頼する解体業者
世帯の住民票黒部市役所市民環境課
世帯全員の納税証明書黒部市役所税務課

詳しいお問い合わせ先

実際に申請書類を記入して、添付書類が集められたら黒部市役所の都市計画課に提出します。また、「自分の家が対象になるか心配だ…」「もっと詳しい情報がほしい」という方も都市計画課まで問合せて見て下さい。

黒部市役所 都市計画課
〒938-8555 黒部市三日市1301番地
TEL:0765-54-2647
Mail:toshikeikaku@city.kurobe.toyama.jp

まとめ

ハート

黒部市の解体工事に関する助成金を利用するには、申請書と添付書類の提出が必要です。書類には、実際にかかる解体費用の総額や見積り書が必要になるので、まずは解体業者さんに無料見積りを依頼してどれくらいの費用になるのかを計算してもらうのがおすすめです。