あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【高知県土佐清水市】空き家の解体に、最大約100万円の補助金

放置空き家は防災上の大問題です。ですので、所有している空き家はなんとか処分したいですが、解体にもまとまった資金が必要なので困りものですよね。そこで、高知県土佐清水市では空き家解体の補助金最大約100万円を出しているほか、ブロック塀撤去の補助金も設けるなど、住民の安全確保に努めています。

空き家解体の補助金の概要

では、はじめに空き家解体の補助金の制度概要についてお話ししたいと思います。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 土佐清水市内にある個人の住宅
  • 空き家であり、1年以上使用されていない
  • 木造住宅で、昭和56年5月31日以前に建築着手された
  • 貸借されていない
  • 倒壊や火災により、近隣住民に被害を与えたり避難路をふさぐ可能性がある

3番目の条件は、古い耐震基準で建てられているかの判断材料です。古い耐震基準は現在の基準よりも緩いので、その分耐震性が低いと考えられます。
最後の条件は、具体的には対象物件が緊急輸送道路または避難路に面している、または住宅密集地域にある場合が当たります。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 対象物件の所有者(または相続人)
  • 市税や県税を滞納していない
  • 暴力団員(関係者含む)ではない

補助制度を利用するに当たっては、税金をしっかり払っていることが前提です。当然ですよね。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 建設業の許可や解体工事業の登録がある業者が行う
  • 不動産に関わる会社等が、自社業務のために行う工事ではない。
  • 他の制度等により補助金の交付や補償等を受けていない
  • 解体業者が、暴力団等(関係者含む)ではない

3つ目の条件から、他の補助制度を利用する場合は補助対象外です。(このため、後ほどお話しするブロック塀撤去の補助金は同時に使えません)

補助金額

補助金額=対象経費×80%(上限額:1,028,000円。千円未満切り捨て)

対象経費には、主に解体費用+解体工事で出たゴミの運搬や処分費用が入ります。対象経費が1,285,000円を超えると、補助金は上限金額の1,028,000円で固定です。

空き家解体の補助金の手続き方法

続いて、空き家解体の補助金の手続き方法について確認しましょう。

☆見積書取得

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。流れに沿って「☆」を見ていきたいと思います。

見積書取得

申請前に、解体工事の見積書を取得しなければいけません。ご自身で解体業者に連絡して、現地調査と見積書等の作成を依頼します。(全体で大体2週間程度を見てください)
ただし、優良な解体業者は少ないのが現状です。ですから、解体業者選びはぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。(ちなみに、悪徳業者に当たると不法投棄や手抜き工事、不当な追加請求等されます。特に法律違反の行為については、依頼者側の責任も問われますので要注意です)

交付の申請

解体業者から見積書を取得できたら、交付の申請が可能です。以下の書類を準備して土佐清水市役所へ向かいましょう。

・申請書(様式第1号)

〇その他の必要書類
・固定資産税の名寄帳兼課税台帳等
・床面積求積図
・付近見取図
・解体工事の見積書
・現在の状況が分かる写真

固定資産税の名寄帳兼課税台帳は土佐清水市役所に、床面積求積図や付近見取図は登記所や法務局に確認してみてください。また、追加書類が必要なケースもあります。
交付の申請をすると、書類審査と現地調査が行われます。その結果「補助すべき」と判断されたら、交付の決定通知が出されます。

解体工事

申請が審査を通ると、交付の決定通知が届きます。交付の決定通知を入手したら、解体業者と契約して工事を始めてもらい、同時に次の書類を土佐清水市に提出しましょう。

・工事着手届(様式第9号)

〇その他の提出書類
・工程表
・契約書の写し
・建築基準法による除却届の写し(必要な場合のみ)
・建設リサイクル法による除却届の写し(必要な場合のみ)

どれも解体業者に確認すればOKです。
また、次の実績報告では工事前、途中、完了後の写真が必要です。解体工事に入る前に、必ず解体業者に撮影を依頼しましょう。(経過確認のため、撮影するごとに送ってもらうようお願いするとよいです)

実績報告

解体工事が完了して、工事代金の支払い等が済んだら、土佐清水市に実績報告をしましょう。

・実績報告書(様式第10号)

〇その他の必要書類
・工事前、途中、完了後の写真
・請負契約書等の写し(依頼者と解体業者、双方の押印付き)
・領収書(内訳明細付き)
・廃棄物管理票(マニフェストE票)の写し

上記表内の4つは、解体業者から取得できますので確認してください。

交付の請求

実績報告が終わると、再び書類審査と現地調査が行われます。問題がなければ補助金の確定通知が届きますので、交付の請求をしましょう。

・請求書(様式第12号)


※代理人が申請している場合は追加書類があります。

請求書で指定した口座に補助金が振り込まれます。かなりの大金なはずなので、入金確認は必ずしましょうね。

以上で、空き家解体の補助金の手続き方法についての説明は終了です。
分からないことは、土佐清水市に確認してみましょう。

高知県土佐清水市
危機管理課
住所:〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号
電話:0880-87-9077
FAX:0880-82-2882
公式サイト:老朽住宅の除却

また、書類データは以下からダウンロードできます。(一部のページだけ使用します)

ブロック塀撤去の補助金のご紹介

ところで、もし空き家解体の補助金が受けられない場合に、他に使える補助制度がないか気になりませんか? そこで、今回はブロック塀撤去の補助金について紹介します。

制度目的

実は、ブロック塀撤去の補助金空き家解体の補助金の制度目的は大体同じで、地震などの災害に備えて、近隣住民の安全や避難路等の確保をすることです。
特に、ブロック塀に関しては大阪府北部地震で痛ましい事故が起きてしまいました。そのため、ブロック塀撤去の補助金という制度ができたのです。

対象条件

次の条件すべてに当てはまる方

  • 対象候補のブロック塀の所有者
  • 市税や県税を滞納していない
  • 暴力団員(関係者含む)ではない

それぞれの条件は空き家解体の補助金とほとんど同じです。税金を滞納している人には補助金は出ません。

対象工事

点検の結果、緊急輸送道路または避難路に面していて危険性が高いと判断されたコンクリートブロック塀の撤去、または安全な塀への改修(道路・避難路に面した部分のみ)が補助対象です。撤去だけではなく、改修工事にも補助金が下りる点が特長と言えます。

補助金額

補助金額=塀の撤去&改修経費(上限額:205,000円。千円未満切り捨て)

上限額205,000円に届くまで、補助金額と工事にかかった経費はほぼイコールです。

手続き方法

まず、最初に土佐清水市に対して対象候補のブロック塀の点検を依頼します。その結果、「補助対象の塀」と判断されたら、交付の申請をしましょう。(その後の流れは、空き家解体の補助金とほぼ同じです)

以上、ブロック塀撤去の補助金について紹介しました。空き家解体の補助金が利用できない場合にも、ぜひ検討してみてください。

高知県土佐清水市
危機管理課
住所:〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号
電話:0880-87-9077
FAX:0880-82-2882
公式サイト:ブロック塀の撤去・改修

まとめ

今回は、空き家解体の補助金の説明とブロック塀撤去の補助金の紹介をしました。
空き家等の解体は手間と資金がかかるので、しんどいかもしれません。ただ、補助金が下りれば資金面の負担はかなり減らせます。ぜひ、土佐清水市公式サイトをご覧のうえ、制度への申請を検討してみましょう。



土佐清水市公式サイト:老朽住宅の除却

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)