あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【鹿児島県曽於市】危険な廃屋の解体時に、補助金が最大30万円

相続してから放置状態の空き家はありますか? 空き家は老朽化が速いので、しばらく見ないうちに再利用ができないほどボロボロになってしまっているかもしれません。そこで、鹿児島県曽於市では危険廃屋の解体補助金最大30万円を出しています。ただし、補助を受けるためには条件があるので、一緒に確認しましょう。

危険廃屋の解体補助金の制度概要

最初に、危険廃屋の解体補助金の制度概要について整理します。補助の対象条件や補助金額の計算方法等について見てみましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 曽於市内にある
  2. 現在空き家かつ使用していない住宅・店舗等
  3. 周囲に危険を与える可能性がある(屋根・外壁が崩れる、倒壊する等)
  4. 屋根・柱等の建物の主要部分が朽ちて使用できない

条件2から4は、補助対象である危険廃屋に当たるかの大まかな基準です。曽於市から建物が危険廃屋と認められれば、交付申請が可能です。(手続きのところで説明します)

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 建物の所有者または所有者から委任を受けた方
  2. 曽於市が認めた解体撤去業者を利用する方
  3. 市税等を滞納していない

条件2にある解体撤去業者とは、建設業の許可または解体工事業の登録を受けた曽於市内の業者のことを指します。曽於市内に限定されるので、解体業者選びの際は注意が必要です。

対象工事

次の条件どちらにも当てはまる工事

  1. 補助対象工事にかかる経費が30万円以上
  2. 敷地内にある倉庫や自家用車庫等も一緒に申請する(建物と一緒に撤去する)

条件1から、小規模家屋の解体は補助対象にならない可能性があります。
また条件2から、基本的に敷地内のものはすべて解体撤去するようにしましょう。

補助金額

補助金額=対象工事費×30%(限度額:30万円。千円未満切り捨て)

対象工事費には、解体工事費や解体で出たゴミの運搬費・処分費(消費税等を含む)が入ります。ただし、地下埋設物(浄化槽)の撤去費、交通安全の対策費、公共事業による補償対象となっている建物の解体撤去費は含まれません。注意しましょう。

危険廃屋の解体補助金の手続き方法

次に、危険廃屋の解体補助金の手続き方法についてお話しします。申請の流れは以下の通りです。

☆解体業者選びと見積書作成

☆事前審査

計画の承認通知

☆解体工事

☆交付申請と実績報告

交付の決定通知

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。用意する書類もあわせて確認していきましょう。(手続きを開始する前に、一度曽於市役所に相談しておくことをオススメします)

解体業者選びと見積書作成

まずは、事前審査の申請時に必要な工事の見積書を入手しましょう。解体業者に連絡して現地調査を経て作成してもらいます。
ただし、解体業者選びは非常に難しい(悪徳業者が多いうえ、良し悪しが判断しにくい)ので、ぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。

事前審査

解体業者から見積書を受け取ったら、曽於市に事前審査を申請します。以下の書類を提出しましょう。

・事前審査の申請書(様式第1号)

〇その他の必要書類
・建物の位置図
・工事の見積書
・工事前の状況が分かる写真と工事予定の部分の写真
・登記事項証明書または固定資産税課税台帳記載事項の証明書
・納税証明書

登記事項証明書は登記所・法務局に聞いてみてください。
申請をすると、書類審査のうえ建物調査が行われます。その結果、建物が補助対象と認定されたら計画承認書(様式第2号)が届きます。

解体工事

計画承認書を受け取ったら、解体業者と契約を結んで工事を始めてもらいましょう。
補助金関連の提出物は特にありませんが、交付申請時に工事の完了写真が求められます。解体業者に撮影を依頼しておきましょう。(トラブルに備えて、全工程を撮影してもらうのがベスト)

交付申請と実績報告

事前準備が完了したら、曽於市役所に以下の書類を出して交付申請と実績報告をしましょう。

・交付申請書(様式第3号)

・実績報告書

・収支決算書

・交付請求書

〇その他の必要書類
・支出証拠書類(領収書)
・請負契約書
・廃棄物処理に関する処分証明書類(マニフェスト)
・工事の完了写真

交付申請をすると書類審査され、問題がなければ交付の決定通知書(様式第4号)が発行されます。
通知が出されてから数日後に、交付請求書で指定した口座に対して補助金が振り込まれるので、入金確認はしっかり行いましょう。

以上が、危険廃屋の解体補助金の手続き方法です。
疑問点・不明点等は曽於市役所に問い合わせてみましょう。

曽於市役所 建設課
〒899-8692 鹿児島県曽於市末吉町ニ之方1980番地
電話:0986-76-8811
FAX:0986-76-1122
メール:s-kensetsu@city.soo.lg.jp

また、書類データは以下からダウンロードできます。

危険廃屋の解体補助金に関する情報の取得方法

最後に、危険廃屋の解体補助金に関する情報の取得方法を説明します。
自治体サイトは規模が大きいです。曽於市公式サイトには危険廃屋の解体補助金に関するもの以外にもたくさんの情報があります。
ですので、曽於市公式サイトから危険廃屋の解体補助金ページの行き方と内容について確認してみましょう。

危険廃屋の解体補助金ページの行き方

まず、Google等の検索サイトを使用して「曽於市」を調べ、検索の結果一覧から「鹿児島県曽於市(そおし)ホームページ」を選択します。

これで曽於市公式サイトに入れます。そのまま続けて「くらしの情報」⇒「(暮らし・住まいの)住宅関連補助」⇒「危険廃屋解体撤去補助金」の順に選択していきましょう。

すると以下のページに入れます。


引用元:曽於市公式サイト

危険廃屋の解体補助金ページに入れました。危険廃屋解体撤去補助金というのは危険廃屋の解体補助金の正式名称です。

危険廃屋の解体補助金ページの内容

危険廃屋の解体補助金(危険廃屋解体撤去補助金)ページでは、対象条件・補助金額等の情報確認のほかに、各種書類データのダウンロードが可能です。
書類データの一部はこの記事の手続き方法にも載せましたが、欲しいものがなかったら危険廃屋の解体補助金ページを見てみましょう。

また、補助制度の内容は変更されることがあります。ですから、制度の利用を考える際は必ず最新情報をチェックしてください。

まとめ

今回は、鹿児島県曽於市の危険廃屋の解体補助金について説明しました。建物を解体撤去するのは手間とお金がかかります。ですから、少しでも資金の負担を減らすためにも、ぜひ補助制度の利用を検討してください。
まずは、危険廃屋の解体補助金ページを確認のうえ、曽於市役所に解体について相談してみましょう。



曽於市公式サイト:危険廃屋解体撤去補助金

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)