あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【鹿児島県薩摩川内市】危険廃屋等の解体撤去で、補助金最大30万円

管理していない空き家は老朽化によって崩れたりするので危険です。手入れができずにボロボロになってしまった空き家は解体撤去するべきですが、解体費用も高額なので困りますよね。そこで、鹿児島県薩摩川内市では危険廃屋等の解体補助金として最大30万円(甑島では最大45万円)を出しています。空き家解体では注目の制度なので、一緒に確認しましょう。

危険廃屋等の解体補助金の制度概要

まず、危険廃屋等の解体補助金の制度概要(対象条件、補助金額等)について確認しましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 現在空き家かつ使用されていない
  2. 損壊等により居住もその他の使用も不可能
  3. 薩摩川内市の建物調査で、補助対象(危険度が高い)と認定された

条件2・3については、屋根・壁・天井・柱・床等の老朽化の激しい空き家が対象イメージです。

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  1. 市税等を滞納していない
  2. 建物の所有者または所有者から委任を受けた方

条件2から、申請は所有者本人でなくても可能です。ただし、市税等の滞納をしている方は認められません。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  1. 工事にかかる費用(消費税等を含む)が30万円以上
  2. 公共事業による補償対象となっていない
  3. 建築物以外の工作物(門扉・塀)等の解体撤去ではない
  4. 抵当権(借金の担保)その他第三者の権利が設定されていない
  5. 交付の確定通知から3年以内に、跡地の売却または建て替え計画がない(原則)
  6. 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた薩摩川内市内の業者が行う

条件5については、駐車場など周辺地域に対して貢献できるものは認められます。

補助金額

通常:補助対象経費×1/3(上限額:30万円。千円未満切り捨て)
甑島:補助対象経費×1/2(上限額:45万円。千円未満切り捨て)

補助対象経費には、解体費用や解体工事で出たゴミの運搬費用・処分費用が入ります。
また、甑島については景観を守る必要性から上限額等が通常より上がります。

受付期間

2019年度(平成31/令和元年度)は4月22日(月)~です。
ただし先着順で、予算の上限に達すると受付が打ち切られますので、早めに行動しましょう。(ちなみに、受付期間が終わっても追加で募集することがあるので、市役所への問い合わせや公式サイトの確認をしてみてください)

危険廃屋等の解体補助金の手続き方法

次に、危険廃屋等の解体補助金の手続き方法(申請の流れ、提出物等)について整理しましょう。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

交付の確定通知

☆交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。上から流れに沿ってみていきましょう。

事前準備

事前準備として、薩摩川内市への事前相談と建物調査の依頼解体工事の見積書作成の依頼をします。

事前相談は「補助の対象となるか?」等について確認するために行います。見込みがある場合は建物調査を依頼して、建物が補助の対象条件を満たすかを判定してもらいましょう。

解体工事の見積書の作成は、解体業者に現地調査をしてもらったうえでお願いします。
ただし、解体業者をご自分で選ぶのは難しいので、ぜひあんしん解体業者認定協会にご連絡ください。(解体業者が起こしたトラブルについては、依頼者側の責任も問われてしまいます)

交付申請

事前準備が完了したら、交付申請に移りましょう。以下の書類を提出します。

・交付申請書(様式第1号)

・誓約書(様式第2号)

〇その他の必要書類
・建物の位置図と配置図
・工事着手前の建物等と敷地全体を含む周辺の状況が分かる写真
・工事見積書(内訳明細付き)の写し
・登記事項証明書の写し(未登記の場合は固定資産評価証明書、売買契約書等関係書類の写し等)
・市税の滞納がない証明書または未納がないことが分かる証明書
・代理権限を証明する委任状(申請者と所有者が異なる場合または所有者が複数である場合)

登記事項証明書に関しては、登記所・法務局に確認してください。
交付申請をすると、書類審査ののち交付の決定通知書(様式第3号)が発行されます。

解体工事

交付の決定通知書を受け取ったら、解体業者と契約を結んで工事を始めてもらいましょう。
工事を始めるにあたって薩摩川内市役所に出すものは、補助金関連ではありません。工事内容に大きな変更が発生した場合等には変更の承認申請書(様式第4号)等を出します。
また、工事の実績報告では工事中と工事完了後の写真が求められますので、解体業者に撮影を依頼しておきましょう。

実績報告

解体工事が終了して代金の支払いまで済ませたら、工事の実績報告をしましょう。以下の書類を提出します。

・実績報告書(様式第7号)

・完了証明書(様式第8号)

〇その他の必要書類
・産業廃棄物管理票(マニフェスト)A票の写し
・工事中と工事完了後の写真
・領収書(内訳明細付き)

その他の必要書類で挙げたものは解体業者に確認しましょう。
実績報告についても書類審査があり、パスできれば交付の確定通知書(様式第9号)が届きます。

交付請求

交付の確定通知書を入手したら交付請求が可能です。通帳や印鑑等の必要なものを持って、薩摩川内市役所に行きましょう。
交付請求を済ませると、数日以内に補助金が指定の口座に振り込まれます。

以上が、危険廃屋等の解体補助金の手続き方法です。
不明点・疑問点等は薩摩川内市役所に問い合わせてみてください。

薩摩川内市役所
建築住宅課 建築指導グループ
——————————
所在地:〒895-8650 鹿児島県薩摩川内市神田町3番22号
電話:0996-23-5111
FAX:0996-23-8389

危険廃屋等の解体補助金に関する情報の取得方法

最後に、危険廃屋等の解体補助金に関する情報の取得方法をお伝えします。
補助金のことを調べる方の多くは薩摩川内市公式サイトをご覧になると思いますが、規模が大きいので目的のページを見つけるのが難しいかもしれません。そこで、危険廃屋等の解体補助金ページの行き方と内容について確認しましょう。

解体補助金ページへの行き方

まず、Google等の検索サイトを使って「薩摩川内市」で調べ、検索の結果一覧に「薩摩川内市」が出たら選択します。

これで、薩摩川内市公式サイトに入れました。そのまま続けて、「暮らしの情報」⇒「暮らす」⇒「(建設・住宅の)薩摩川内市危険廃屋等解体撤去促進事業について」の順に選択してください。

すると次のページが表示されます。


引用元:薩摩川内市公式サイト

この薩摩川内市危険廃屋等解体撤去促進事業について危険廃屋等の解体補助金に関するページです。

解体補助金ページの内容

危険廃屋等の解体補助金(薩摩川内市危険廃屋等解体撤去促進事業について)ページには、この記事で紹介した対象条件や補助金額等といった情報に加えて、様々な書類をダウンロードできるところがあります。

1番の要綱では制度の詳細が条文形式で載っていて、2番の様式では各書類データがまとめられています(ただし、通知書等使わない書類も入っていますので、印刷時には注意が必要です)。

また、危険廃屋等の解体補助金に関する、申請受付の開始や終了、重要な制度変更などの最新情報も取得できます。申請前等には必ずチェックしましょう。

まとめ

今回は、鹿児島県薩摩川内市の危険廃屋等の解体補助金について説明しました。空き家の処分は手間とお金がかかります。ですから、ぜひ薩摩川内市の補助制度を利用して資金面の負担を軽減しましょう。
まずは、薩摩川内市への事前相談から始めてください。



薩摩川内市公式サイト:薩摩川内市危険廃屋等解体撤去促進事業について

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)