あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【鹿児島県薩摩川内市】危険廃屋等の解体撤去で、補助金最大30万円

鹿児島県薩摩川内市では、危険な空き家の解体工事に対して最大30万円の補助金を交付しています。

薩摩川内市にお住まいで、空き家の処分にお困りの方はぜひチェックしてみてください。

2019年度受付終了のお知らせ
2019年度の補助金制度受付は終了しました。
2020年度の補助金制度概要は未定です。

薩摩川内市の補助金制度について

薩摩川内市が定める空き家の補助金制度概要を見ていきましょう。

補助金の目的

薩摩川内市では、適切に管理されていない空き家の倒壊被害を防ぐため、危険な空き家の解体工事に対して補助金を支給しています。

適切な管理が行われていない危険廃屋等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることに鑑み、地域住民の生命、身体又は財産を保護するとともに、その生活環境の保全を図り、もって公共の福祉の増進と地域の振興に寄与することを目的に、当該危険廃屋等を解体撤去する者に対して、予算の範囲内において補助金を交付します。

引用元:薩摩川内市ホームページ | 薩摩川内市危険廃屋等解体撤去促進事業について

対象となる建物

補助金の対象となる建物は、「危険家屋、認定廃屋、景観支障廃屋」の3種類です。
薩摩川内市では、この3種類の建物を以下のように定義しています。

危険廃屋
使用されていない建築物で、状態が著しく不良であり、かつ倒壊等により周辺住民等に危険を及ぼすおそれがあるもの
認定廃屋
使用していない建築物で、状態が不良であり、防犯、衛生、景観等について地域住民の生活環境に著しい影響を及ぼしているものとして廃屋判定委員会により認定されたもの
景観支障廃屋
危険廃屋、認定廃屋のうち、景観を保全する必要がある地域(甑島全土)に存在するもの

建物の状態は市役所の職員が判断します。
そのため、補助金申請の前には事前調査を申し込む必要があります。

補助金額

補助金額は、対象の空き家によって異なります。

危険廃屋、認定廃屋 解体工事費の1/3(上限30万円)
景観支障廃屋 解体工事費の1/2(上限45万円)
計算例
60万円 × 1/3 = 20万円
100万円 × 1/3 = 30万円
(解体工事費)×(倍率)=(支給額)
※危険廃屋、認定廃屋の場合

解体工事費が100万円の場合、計算上は33万円ですが、実際に支給されるのは上限額の30万円までなので注意してください。

申請者に関する条件

また、補助金の申請者は以下の条件を満たしている必要があります。

  • 市税の滞納がないこと
  • 空き家の所有者か、所有者から委任された者であること

申請者は、必ずしも空き家の所有者である必要はありません。

ただし、空き家の所有者以外が申請をする場合は、所有者からの委任状が必要です。

解体工事に関する条件

そして、解体工事は以下の条件を満たしている必要があります。

  • 解体費用総額が30万円以上であること
  • 公共工事でないこと
  • 薩摩川内市内の解体業者に依頼すること

解体工事を行う解体業者さんは、薩摩川内市内の業者さんに限られます。
とはいえ、どの業者さんに依頼すれば良いか分からない方は、当協会が運営する解体無料見積ガイドにご連絡ください。

解体無料見積ガイドでは、薩摩川内市にある優良業者さんから無料でお見積りが取れます。
お見積り後のキャンセルもできますので、まずはお気軽にご相談ください。

受付開始日と期限

2019年度受付終了のお知らせ
2019年度の補助金制度受付は終了しました。
2020年度の補助金制度概要は未定です。

薩摩川内市危険廃屋等解体撤去促進事業について
今年度の受付は終了しました。

引用元:薩摩川内市ホームページ | 薩摩川内市危険廃屋等解体撤去促進事業について

薩摩川内市の2019年度における補助金制度は受付を終了しました。
補助金制度は予算が終了次第締め切りになる場合が多いので、申請手続きは早めに行いましょう。

川内薩摩市のホームページはこちらから

補助金の申請方法

事前調査

所有する空き家が危険廃屋、認定廃屋、景観支障廃屋のどれにも属さない場合は市役所による事前調査が必要です。
下記の受付先に電話連絡をするか、直接申請をしてください。

【お問い合わせ】
受付先:薩摩川内市役所 建築住宅課 建築指導グループ
住所:〒895-8650 鹿児島県薩摩川内市神田町3番22号
電話番号:0996-23-5111
お問い合わせフォームはこちらから

必要書類

所有する空き家が既に危険廃屋、認定廃屋、景観支障廃屋とみなされている、又は事前調査の結果認められた場合は、必要書類を提出します。

必ず記入が必要な書類は「薩摩川内市危険廃屋等解体撤去促進事業補助金交付申請書(様式第1号)」と「誓約書(様式第2号)」の2種類です。
薩摩川内市のホームページに記入例も載っていますので、参考にしてみてください。

また、空き家の所有者以外が申請をする場合は「委任状」空き家の所有者、相続人が復数いる場合は「同意書」が必要です。
必要書類を薩摩川内市役所に提出したら、申請完了です。

何か不明点がある場合は、市役所までお問い合わせください。

【お問い合わせ】
申請先:薩摩川内市役所 建築住宅課 建築指導グループ
住所:〒895-8650 鹿児島県薩摩川内市神田町3番22号
電話番号:0996-23-5111
お問い合わせフォームはこちらから

まとめ

薩摩川内市で危険な空き家のお持ちの方は、補助金を利用して費用を抑えながら解体工事をしてみてはいかがでしょうか。

また、制度はやむを得ず変更や終了となる場合があります。
申請の際はホームページをご確認の上、お早めにお願いします。