【長崎県西海市】老朽化した空き家の解体に、最大50万円の補助金

相続した空き家の管理って困りものですよね。手入れをこまめにしないとすぐにボロボロになってしまいますが、解体する場合もまとまったお金が必要です。そこで、長崎県西海市では空き家解体の補助金として、最大50万円の支援をしています。上手に活用して、少しでも負担を減らせるようにしましょう。

空き家解体の補助金の概要

まず、空き家解体の補助金の制度概要についてお話しします。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 西海市内にある
  • 現在、使用されていない
  • 木造または鉄骨造
  • 過半が住宅として使用されていた
  • 周囲に悪い影響を与える可能性がある
  • 西海市の空き家調査で補助の対象と判断された

条件5番目は、後ほど触れる事前調査で判断されます。ですので、とりあえず床、壁、柱、屋根等が崩れかけているかを目安にしましょう。

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  • 対象物件の所有者本人と相続人等
  • 市税の滞納がない

市税を払わない人は、当然ながら補助対象外です。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 西海市内の業者が行う
  • 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた業者が行う
  • 補助金の交付の決定前に着工していない
  • 同時に他の制度等に基づく補助金の交付を受けない
  • 対象物件の全部を解体する(長屋住宅を除く)

最初の条件は、解体業者選びのときに気を付けましょう。
3番目の条件から、解体業者に見積書を作成してもらったときに、間違って契約、着工まですると補助対象外とされてしまいますので要注意です。

補助金額

補助金額=対象経費×50%(限度額:50万円。千円未満切り捨て)
※対象経費は次のうち、どちらか低い方の額(消費税は除外)
・解体工事費×80%
・国の標準価格×80%

補助金額については少々分かりにくいかもしれませんので、解体工事費×40%程度で限度額50万円と考えてください。

受付期間

2019年度(平成31/令和元年度)は5月7日(火)~翌年1月31日(金)です。
ただし先着順で、予算の上限に達すると受付が打ち切られますので、早めに行動しましょう。(ちなみに、受付期間が終わっても追加で募集することがあるので、市役所への問い合わせや公式サイトの確認をしてみてください)

空き家解体の補助金の手続き方法

続けて、空き家解体の補助金の手続き方法をお話ししたいと思います。
申請の流れは以下の通りです。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続き等が必要なところです。では、上から順に「☆」を確認していきましょう。

事前準備

まずやるべきことは、西海市への事前調査の依頼解体工事の見積書の取得です。

事前調査は、次の書類を西海市に提出してお願いします。

・事前調査の申請書(様式第1号)

また、次のものも必要です。
・登記事項証明書等
・付近見取図、対象物件の写真
登記事項証明書は登記所や法務局に確認してください。
調査の依頼をすると、西海市による現地調査が行われます。その結果、「補助金の対象物件」と判定されたら交付の申請が可能です。

解体工事の見積書については、解体業者を探して、現地調査と見積書の作成を依頼して入手しましょう。連絡から見積書取得までは大体2週間程度を見てください。
ただし、解体業界は悪徳業者(不法投棄、手抜き工事、不当な追加請求等)が非常に多いという問題があります。ご自身で良し悪しを見極めるのはほとんど不可能なので、解体業者探しはあんしん解体業者認定協会にお任せください。

交付の申請

事前準備が済んだら、交付の申請をします。以下の書類を西海市に提出しましょう。

・交付申請書(様式第3号)

・工事計画書(様式第4号)

また、次の書類も用意してください。
・工事見積書(内訳明細の付いたもの)
・事前調査の結果通知書の写し
・対象物件の平面図と床面積求積図
・納税証明書(未納がないことがわかるもの)
委任状等は必要に応じて提出します。
ちなみに、納税証明書は西海市に、平面図と床面積求積図は登記所や法務局に確認してみてください。
交付の申請が通ると、交付の決定通知が出されます。

解体工事

交付の決定通知が届いたら、解体業者に連絡して契約、着工してもらいます。(順番を間違えると補助金が下りなくなりますので要注意です)
解体工事をお願いする段階では、工事に変更がない限り提出書類はありません。ただし、次の実績報告で工事の完了写真が求められますので、解体業者には必ず撮影を依頼しましょう。(トラブルに備えて、工事前、工事中の写真についても、撮影と送付を依頼しておくとベストです)

実績報告

解体工事が終わったら、西海市に工事完了の報告(実績報告)をしてください。

・実績報告書(様式第10号)

・完了証明書(様式第11号)

さらに、以下の書類も一緒に提出しましょう。
・請負契約書の写し
・工事の完了写真
・工事代金の領収書または請求書の写し(内訳明細の分かるもの)
どれも解体業者に依頼すると必要なものが揃います。
工事の完了報告を終わらせると、審査ののち、補助金の確定通知が出されます。

交付の請求

補助金の確定通知が届きましたら、あとは交付の請求をするだけです。

・交付請求書(様式第13号)

この請求書で指定した口座に補助金が振り込まれます。入金確認は怠らないようにしてくださいね。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは完了しました。
分からないことは、西海市に確認しましょう。

西海市役所
住宅建築課
——————————
電話:0959-37-0021
FAX:0959-22-0364

また、書類データは以下からダウンロードできます。

西海市公式サイトの見方

ところで、空き家解体の補助金の制度詳細や、そもそも制度の存在を確認しようと思ったら、西海市の公式サイトを確認する方が多数なのではないでしょうか? もしかすると、この記事をご覧になる前に、すでに公式サイトに行ってみた方もいらっしゃるかもしれませんね。
ただ、自治体のサイトは貴重な情報がたくさんある一方で、その情報量の多さから目的のページが見つからないといった問題があります。
そこで、ここでは空き家解体の補助金ページへの行き方と内容を確認したいと思います。

空き家解体の補助金ページへの行き方

最初に、検索サイト(Google等)で「西海市」と入力検索し「西海市:トップページ」をクリックします。

これで西海市の公式サイトに入れましたので、「くらし・手続き」⇒「住宅・土地・道路・河川」⇒「建物助成事業」⇒「老朽危険空き家除却支援事業」の順にクリックしていきましょう。

すると、次のページが表示されます。


引用元:西海市公式サイト

この老朽危険空き家除却支援事業というのが空き家解体の補助金のページです。

空き家解体の補助金についてのページ内容

空き家解体の補助金(老朽危険空き家除却支援事業)のページには、助成内容(補助金額の計算方法)や対象建築物等がまとめられています。ただし、省略されてしまっている部分が多いので、対象条件等は(今ご覧になっている)この記事も確認していただければ幸いです。

一方で、工事内容に変更が出た場合などは、要綱に載っている情報を確認してください。要綱はページ内の下側にあります。


引用元:西海市公式サイト

また、申請する際はなるべく最新情報を確認しましょう。

まとめ

今回は、長崎県西海市の空き家解体の補助金についてお話ししました。空き家の処分は手間と労力がかかりますが、補助金を活用できれば資金面の負担はかなり軽減できます。ぜひ、事前調査を依頼するところから始めてみましょう。



西海市公式サイト:老朽危険空き家除却支援事業

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)