あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【富山県小矢部市】危険な空き家の解体で、最大50万円の補助金

富山県小矢部市では、自主的な空き家の解体工事に対して最大50万円を補助しています。

補助金により解体費用の負担を軽くできるので、一緒に制度内容を確認してみましょう。

補助制度の概要

まず、補助金額や対象条件等、制度概要についてお話しします。

補助金の目的

第3条 市長は、市民の安心かつ安全な生活環境の確保、地域の良好な景観の保全及びまちづくりの推進を図るため、老朽危険空き家を解体し、及び除去する者に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

引用元:小矢部市老朽危険空き家除却支援事業費補助金交付要綱[PDF]

放置空き家の倒壊等で周辺の生活環境が脅かされないよう、所有者による空き家の自主的な解体撤去を促す目的で本制度は設けられました。

補助金額

補助金額は、補助対象経費の50%です。

〇補助対象経費が70万円の場合
70万円×50%=35万円(※千円未満は切り捨て)

補助対象経費には、解体工事費と解体で出たゴミの運搬や処分費が入ります。

ただし、補助対象経費が100万円を超えても、補助金額は50万円までしか出ません。

注意
〇補助対象経費が120万円の場合
120万円×50%=60万円(50万円を超えている)
補助金額は50万円

補助金の受付開始日と期限

本制度は2015年(平成27年)1月1日から開始しました。

期限は未定ですが、他の地域では予算の上限に達して制度自体が終了している自治体もあります。
早めに申し込みましょう。

対象物件

補助対象となるのは、次の条件すべてに当てはまる建物です。

  • 小矢部市内にある
  • もともと住宅用として使われていた
  • 現在、空き家かつ使用されていない
  • 老朽化により倒壊する可能性があり、危険な状態
  • 一戸建て
  • 建物や土地が借金の担保等になっていない

そのまま放置し続けると倒壊する可能性がある、老朽化の進んだ空き家が対象物件です。

対象者

補助対象となるのは、次の条件すべてに当てはまる方です。

  • 対象物件の所有者(または納税管理人や相続関係人)
  • 市税を滞納していない
  • 同じ敷地において、過去に本補助金を受けていない

3番目の条件より、同じ敷地で2度以上は補助金の交付を受けられません。

ただ、本制度が始まってから数年しか経っていないため、今は該当するケースはほとんど無いと考えられます。

補助金の申請方法と手続きの流れ

続けて、空き家解体の補助金の手続きの流れや提出書類について説明します。

以下の表をご覧ください。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分では、申請者側の手続きが必要です。

では、流れに沿って「☆」を確認していきましょう。

事前準備

最初に、小矢部市に相談をします。
「現在、申請受付はしているのか?」「自身が補助対象になる見込みはありそうか?」などを確認しておきます。

相談が済んだら、解体工事の見積書取得のために解体業者に現地調査と見積書作成を依頼します。

本来、解体業者はご自身で選ぶのですが、解体業界は優良業者が少ないためリスクが多いのが現状です。
選ぶ業者によっては、不法投棄や多額の追加請求等のトラブルが発生しかねません。

ですので、解体業者の選定はあんしん解体業者認定協会にぜひお任せください。


解体無料見積ガイド

交付の申請

解体業者から見積書を受け取ったら、交付の申請が可能です。

以下の書類を小矢部市に出しましょう。

  • 交付申請書
  • 個人情報の取得に関する承諾書
  • 解体工事の見積書の写し
  • 対象物件の現在の状況が分かる写真
  • 対象物件の位置図

申請書と承諾書の用紙は、小矢部市役所で入手できます。

必要書類を提出すると書類審査と現地調査が行われ、補助が決定すると交付の決定通知が届けられます。

解体工事

交付の決定通知が届いたら、見積りを取っていた解体業者と契約して着工してもらいましょう。

この段階では、通常は小矢部市への提出書類などはありません。
もし、工事内容に大きな変更が出たときは、求められた書類を追加で提出します。

ただし、次の実績報告で必要な工事前後の写真については、忘れずに解体業者へ依頼してください。
トラブルが発生したときに備えて、工事途中の写真も送ってもらうのがベストです。

実績報告

解体工事が完了したら、小矢部市に工事の実績報告をします。

次の書類を提出してください。

  • 実績報告書
  • 請求書と領収書の写し
  • 工事前後の写真

実績報告が終わると再び書類審査や現地調査が行われ、問題がなければ補助金額の確定通知が届けられます。

交付の請求

補助金額の確定通知を受け取ったら、小矢部市に交付請求書を出しましょう。

交付の請求をすると、数日後に補助金が指定の口座に振り込まれます。

以上で、空き家解体の補助金の手続き方法についての説明は終わりです。

〇問い合わせ先
小矢部市役所
産業建設部 都市計画課
——————————
所在地:〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話:0766-67-1760
FAX:0766-67-1452
公式サイト:空き家対策補助金について

小矢部市公式サイトの見方

ところで、空き家解体の補助金について調べようと考えたら、小矢部市公式サイトを確認しますよね。

しかし、自治体のサイトは情報量がとても多く、ピンポイントで欲しい情報を手に入れるのは意外に難しいかもしれません。

ですので、小矢部市公式サイトの内容について触れておきます。

空き家対策補助金に関するページの内容

補助金のページには、以下のリンクより飛べます。

小矢部市公式サイト:空き家対策補助金について

空き家対策補助金についてのページには、空き家解体の補助金以外の補助制度もまとめられています。

空き家解体の補助金については、「老朽化空き家の解体・除去タイプ」の「小矢部市老朽危険空き家~交付要綱」を選んでください。


引用元:小矢部市公式サイト-空き家対策補助金について

すると、条文形式で書かれた要綱(制度の詳細)が開きます。

対象条件等は本記事ですでに説明しましたが、工事の変更に関する話や条件詳細を知りたい場合には、要綱で確認しましょう。

なお、空き家解体の補助金の制度に関する重要な変更があれば公式サイトで周知されます。

そのため、手続きを行う目的で小矢部市役所に行く前には、最新情報の確認をするのがオススメします。

まとめ

今回は、富山県小矢部市の空き家解体の補助金についてお話ししました。

空き家解体は、数多くの注意点があるうえ金銭面で負担がかかります。

小矢部市は、補助金交付で所有者による自主的な空き家解体を後押ししていますので、上手に活用しましょう。

まずは、公式サイトを確認のうえ、小矢部市役所にぜひ相談してみてください。

小矢部市公式サイト:空き家対策補助金について