長野県上水内郡小川村の解体と改修に関する補助金・助成金

相続した空き家の管理は難しいですよね。自宅から離れたところにあると、様子を見に行くだけでも大変です。もし管理できずに老朽化させてしまったなら、解体を検討しましょう。長野県上水内郡小川村では危険廃屋の解体補助金として最大20万円を出しています。解体費用は高額なので、とても助かる制度です。

危険廃屋の解体補助金の制度概要

最初に、危険廃屋の解体補助金の制度概要(補助の対象条件、補助金額)について説明します。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 小川村内にある
  2. 現在空き家かつ使用していない住宅・土蔵・車庫・店舗・事務所・物置等
  3. 倒壊等で建物の周囲を事故に巻き込む危険がある
  4. 屋根・柱等の建物主要部分が腐食や損壊しているため使用不可能
  5. 個人の所有(法人の所有ではない)
  6. 公共事業等による補償の対象となっていない

1~4は、補助対象となる危険廃屋の条件です。厳密には小川村の建物調査で判定されますので、まずは大まかに条件を満たしているかをチェックしましょう。

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  1. 建物の所有者(または委任を受けた方)
  2. 村税等を滞納していない方

申請は所有者から委任を受けた方でもできますが、その場合は委任状を用意しましょう。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  1. 建替えを目的としていない
  2. 土地の売却を目的としていない
  3. 事前審査前に着手していない

条件1・2は解体跡地の利用制限です。補助金を使って解体した場合は、すぐに新築や土地売却ができませんので注意しましょう。
また条件3にある通り、手続きの流れを守らないと補助が受けられませんから気を付けてください。

補助金額

〇補助金額(解体業者に依頼する場合の計算式)
補助対象経費×20%(限度額:20万円。千円未満切り捨て)

補助対象経費には、解体費と撤去費(解体ゴミの運搬費・処分費)が含まれます。

危険廃屋の解体補助金の手続き方法

次に、危険廃屋の解体補助金の手続き方法(申請の流れ、提出物等)について確認します。

☆事前準備

☆事前審査

審査の結果通知

☆解体工事

☆交付申請

交付の決定通知

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。上から順番に見ていきましょう。

事前準備

まず、小川村との事前相談工事見積書の取得を済ませましょう。

事前相談は任意ですが、ご自身が補助対象となる見込みがあるのか確認しておくことは当然大事です。また、解体跡地の利用についても相談で決めておきましょう。

工事見積書については、解体業者に現地調査をお願いして作成してもらいます。
ただし、解体業者は良し悪しの見極めがほとんどできないので、解体業者選びはぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。(解体業者が起こしたトラブルについては、依頼者側の責任も問われるケースがあります)

事前審査

事前準備が完了したら、事前審査を依頼しましょう。以下の書類を小川村に提出してください。

・工事計画書(様式第1号)

〇その他の必要書類
・建物の位置図
・工事見積書
・工事着手前の状況が分かる写真と工事予定部分の写真
・登記事項証明書または固定資産税課税台帳記載事項の証明書
・納税証明書

加えて、必要に応じて委任状や同意書を用意しましょう。ちなみに登記事項証明書については登記所・法務局に聞いてみてください。
事前審査を依頼すると、建物調査の判定も踏まえて計画承認書(様式第2号)で結果が通知されます。

解体工事

工事計画を承認する通知が届いたら、解体業者に連絡して着工してもらいましょう。
工事を始めるに当たっては、補助金関連では特に提出書類はありません。交付申請時に工事の完了写真が求められますので、解体業者に撮影を依頼しておきましょう。(トラブルに備えて、全工程を撮影してもらうのがベスト)

交付申請

解体工事が完了したら、工事代金の支払いを済ませたあとに交付申請を行います。以下のものを小川村に出してください。

・交付申請書(様式第3号)

・実績報告書

・交付請求書

〇その他の必要書類
・収支決算書と支出証拠書類(領収書等)
・請負契約書
・廃棄物処理に関する処分証明書類(マニフェスト)
・工事の完了写真

交付申請をすると書類審査や現地調査が行われ、問題がなければ交付の決定通知書(様式第4号)で補助金額が知らされたあとに、交付請求書で指定した口座に補助金が振り込まれます。

以上、危険廃屋の解体補助金の手続き方法の説明でした。
分からないことがあれば、小川村役場にお問い合わせください。

小川村役場
総務課
〒381-3302 長野県上水内郡小川村高府8800-8
電話:026-269-2323
FAX:026-269-3578

危険廃屋の解体補助金に関する情報取得

最後に、危険廃屋の解体補助金に関する情報取得についてお話しします。

補助金について調べたいと考えた方の多くは小川村公式サイトをご覧になるのではないでしょうか? しかし、自治体のサイトは情報量が多く、なかなか目的のページが見つかりません。
そこで、危険廃屋の解体補助金ページの行き方と内容について説明したいと思います。

危険廃屋の解体補助金ページへの行き方

まず、Google等を使って「小川村」を検索し、結果一覧から「小川村」を選択します。

これで小川村公式サイト内に入れました。続けて、小川村トピックスの「空き家バンク」⇒新助成制度の「危険廃屋撤去補助金」の順に選択してください。

すると以下のページが表示されます。


引用元:小川村公式サイト

ページ内の下方にある危険廃屋解体撤去補助金というのは、危険廃屋の解体補助金のことです。

危険廃屋の解体補助金ページの内容

危険廃屋の解体補助金(危険廃屋解体撤去補助金)の載っている場所には、補助金交付要綱様式があります。

補助金交付要綱には、制度詳細が条文形式で載せられています。少々言い回しなどが分かりにくいかもしれませんが、細かい決まりを確認したい場合にご覧ください。
また、様式では申請書類データをダウンロードできます。役場に向かう前に書類を作成しておくことができますので、上手に活用しましょう。

まとめ

今回は、長野県上水内郡小川村の危険廃屋の解体補助金についてまとめました。空き家は放置しているとご近所に迷惑がかかってしまいます。管理しきれない場合は、補助金を利用して解体することを検討しましょう。
まずは、小川村との事前相談から始めてみてください。



筑北村公式サイト:空き家対策 新助成制度について

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)