あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【奈良県磯城郡三宅町】危険な空き家の解体で、最大30万円の補助

空き家は放置しておくと、近隣住民に迷惑をかけてしまいます。
ただ、分かっていても日常的なメンテナンスはなかなか難しい上、解体するにもお金がかかってしまいますよね。
奈良県磯城郡三宅町では空き家解体の補助金最大30万円出しています。
今回は磯城郡三宅町の補助金制度について、金額、条件、申請方法等を詳しくご紹介します。
磯城郡三宅町に空き家をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

空き家解体の補助金の概要

では、空き家解体の補助金について、対象条件や補助金額の計算方法等を最初に確認したいと思います。

補助金の目的

磯城郡三宅町では、以下のような目的から補助金制度を設けています。

三宅町内における防災、防犯上危険な空き家の解体工事について、その費用の一部を予算の範囲内において補助することにより、老朽危険空き家の撤去を促進し、地域の安全性の向上に資することを目的とする。
参考:三宅町老朽危険空き家解体事業補助金交付要綱第二条

補助金額

補助金額=対象費用×1/3(限度額:30万円。千円未満切り捨て)

対象費用は、解体費用+解体工事で出たゴミの運搬や処分費用(消費税等含む)です。対象費用が90万円を超えても、30万円以上はもらえないので注意してください。
建物滅失登記にかかる費用は補助金対象外です。

補助金の受付開始日と期限

受付開始日や期限等については特にHPに記載はありません。
しかし補助金制度は予告無く終了する場合もあります。すでに終了した自治体も出てきていますから、制度の利用をお考えの方は早めに検討されるのをお薦めします。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 老朽危険空き家である
  • 三宅町内にある空き家
  • 三宅町が助言、指導、勧告を行った空き家等
  • 店舗兼住宅の場合は、延床面積の2分の1以上が居住用
  • 所有権以外の権利(借金の担保等)が設定されていない(権利者から同意を得ていればOK)
  • 土地と建物に関する権利、権限等についての問題がない(または解決している)
  • 補助を受ける目的でわざと破損等をさせたものでない

条件1つ目の老朽危険空き家とは、次の条件のどれかに当てはまる建物です。

・老朽危険度の判定基準による各評点の合計が100点以上の住宅
・老朽危険度の判定基準による各評点の合計が100点以上、かつ倒壊すると近隣に被害を与える可能性が高いと判断できる倉庫等
・その他町長が解体撤去の必要があると考える住宅

老朽危険度の判定基準をご自分で計算する必要はありませんが(三宅町が現地調査しますので)、一応以下の表を利用してご自身で点数を算出するのは可能です。


三宅町公式サイト-三宅町老朽危険空き家解体事業補助金交付要綱[PDF]

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 対象物件の所有者(相続人等を含む)または所有者の同意を得ている方
  • 町税を滞納していない
  • 宅地建物取引業者(不動産の取引業者)でない
  • 三宅町が助言、指導、勧告を行った、対象物件の管理責任者

条件2番目には気を付けましょう。補助金は基本的に町税から支出されるので、きちんと納めていないと補助対象外とされてしまいます。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 対象物件と敷地内の倉庫等が対象
  • 資格を持った解体業者が行う
  • 対象物件の解体工事が、補助金交付の決定年度の2月末日までに完了する

最後の条件は少々注意が必要です。工事に入る時期によっては指定された期日までに工事を完了させるのが難しくなる可能性があるので、計画をしっかり立てましょうね。

空き家解体の補助金の手続き方法

続いて、空き家解体の補助金の手続き方法について確認します。
以下に申請の流れをまとめました。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。
では、順番に「☆」を見ていきましょう。

事前準備

交付の申請前にやらなければならないのが、事前調査の依頼解体工事の見積書取得です。

・事前調査の申込書(様式第1号)

事前調査は上の用紙を三宅町に提出して依頼しましょう。三宅町は申し込みを受けると現地調査を行い、その結果を申し込みした方へ通知します。そこで、老朽危険空き家と認定されたら、補助制度への申し込みができるのです。

また、解体工事の見積書取得については、ご自身で解体業者に連絡して現地調査と見積書作成をお願いします。(連絡から見積書が届くまで、大体2週間程度かかります)
しかし、解体業界は悪徳業者が非常に多いのが現状です。悪徳業者は不法投棄や手抜き工事、不当な追加請求等をしてくるものの、契約前に見抜くのは意外と難しいです。ですので、解体業者選びはあんしん解体業者認定協会にお任せください。

交付の申請

さて、事前準備が終わったら交付の申請をしますが、用意する書類が多いので漏れがないようにしてください。

・交付申請書(様式第2号)

・実施計画書(様式第3号)

以下も一緒に提出しましょう。
・事前調査の判定書の写し
・解体工事の見積書の写し
・位置図
・現在の状況が分かる写真
・納税証明書
・建物と土地の全部事項証明書または固定資産名寄帳兼課税台帳等の写し
納税証明書は三宅町に、建物と土地の全部事項証明書は登記所や法務局に依頼してみてください。
交付の申請を済ませ、審査を通ると交付の決定通知が届きます。

解体工事

交付の決定通知が届いたら、解体業者と契約して工事を開始してもらいましょう。(交付の決定通知が届く前に解体工事を始めると、補助対象外とされてしまいます)
ちなみに、次の完了報告で工事前と工事後の写真の提出を求められます。忘れずに解体業者に撮影を依頼しておきましょう。

完了報告

解体工事が問題なく終わりましたら、三宅町に完了報告をします。

・完了報告書(様式第10号)

以下の書類は、解体業者から受け取って用意します。
・請負契約書の写し
・請求書または領収書の写し
・工事前と工事後の写真
完了報告を済ませると、三宅町の審査があります。その後、補助金額の確定通知が届けられます。

交付の請求

補助金額の確定通知が届くと、交付の請求ができます。次の書類を提出しましょう。

・交付請求書(様式第11号)

請求書で指定した口座に補助金が振り込まれます。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは完了です。
何か分からないことがあれば、三宅町に問い合わせてみましょう。

三宅町役場 産業管理課
〒636-0213 奈良県磯城郡三宅町大字伴堂689番地
TEL:0745-44-3076

また、書類データは以下からダウンロードできます。

まとめ

今回は、奈良県磯城郡三宅町の空き家解体の補助金についてお話ししました。実際に行動する前だと「なんだか難しそう…」と感じてしまうかもしれませんね。ただ、基本的には書類集めと提出、解体業者とのやり取りが大半なので、やってみると案外すんなりできると思います。まずは、第一歩として事前調査の依頼をしてみましょう。



三宅町公式サイト:三宅町老朽危険空き家解体事業補助金

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、正しい情報を得て、信頼できる解体業者を選べば、意外とスムーズに工事は進められます。あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったらぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)