あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛媛県松山市】老朽化した空き家の解体に対し、最大80万円の補助

愛知県松山市では、危険な空き家の解体工事を行う際に最大80万円の補助金を支給しています。

解体費用を抑えつつ空き家を処分できる良い機会なので、松山市で空き家をお持ちの方はぜひチェックしてみてください。

2019年度補助金制度終了のお知らせ
申請額が予算に達したため、2019年度の補助金制度は受付を終了しました。
2020年度の補助金制度に関する概要は未定です。

松山市空き家解体補助金制度の概要

松山市の空き家解体に関する補助金の概要を確認していきましょう。

補助金の目的

松山市では、老朽化した空き家の倒壊を防ぐため、危険な空き家の解体工事に対して補助金を支給しています。

老朽化して倒壊等のおそれのある危険な空き家の解体を促進し、地域の住環境の向上等を図るため、老朽危険空家を解体する者に対し、予算の範囲内で松山市老朽危険空家除却事業補助金を交付します。

引用元:松山市ホームページ | 令和元年度老朽危険空家除却事業

補助金額

松山市では、解体工事費の4/5を支給しています。(最大80万円)

計算例
80万円 × 4/5 = 64万円
120万円 × 4/5 = 80万円
(解体工事費)×(倍率)=(支給額)

解体工事費が120万円の場合、計算上は96万円ですが、上限の80万円以上は切り捨てて計算します。

対象となる建物

ただし、補助金を受け取るためには建物が以下の条件を全て満たしている必要があります。

  • 松山市にある老朽危険家屋であること
  • 個人所有の建物であること
  • 他の補助金を受けた建物でないこと

補助金を申請できるのは、松山市から「老朽危険家屋」とみなされた建物だけです。

老朽危険家屋とは?
倒壊すれば建物の一部が敷地を越えて道路上に散乱し、災害時の避難等に支障をきたすおそれがある空き家を指します。
具体的には、松山市長が定めた基準で不良度判定が100点を超えている空き家が対象です。

不良度判定は空き家の所有者自身、そして松山市役所の職員が行います。
詳しい手続きは補助金の申請方法で解説していきます。

申請者に関する条件

また、補助金の申請者は以下の条件を満たしている必要があります。

  • 空き家の所有者または相続人であること
  • 暴力団関係者でないこと
  • 空き家が特別措置による命令を受けていないこと

現在、既に空き家が老朽危険家屋と認められている場合、特別措置による命令を受けていると補助金の対象になりませんのでご注意ください。
老朽危険家屋であっても、特別措置命令を受けていない場合は対象になります。

解体工事に関する条件

さらに、解体工事にも条件があります。

  • 未着工であること
  • 2020年1月31日までに完了すること
  • 松山市内の解体業者が施工すること

解体工事の依頼は、松山市内の解体業者さんに限られます。
もし、自分で業者さんを探せる自信が無い方は、当協会が運営する解体無料見積ガイドへご相談ください。

解体無料見積ガイド

解体無料見積ガイドでは、松山市内にある優良業者さんから無料でお見積りが取れます。
見積り後のキャンセル連絡も代行していますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付開始日と期限

2019年度補助金制度終了のお知らせ
申請額が予算に達したため、2019年度の補助金制度は受付を終了しました。
2020年度の補助金制度に関する概要は未定です。

松山市のように、補助金制度は先着順で締め切られる場合が多くあります。

備考1:申請補助金の合計額が予算枠に達したときは、その時点で受付を終了します。
備考2:受付は、先着順となります。

引用元:松山市ホームページ | 受付期間

申請を決めたらホームページを確認の上、早めに手続きを済ませましょう。

補助金の申請方法

それでは、補助金の申請方法を見ていきましょう。

不良度判定と自己採点

所有する空き家が老朽危険家屋とみなされていない場合、建物の事前調査が必要です。
しかし、初めから市の職員が調査するわけではなく、まずは空き家所有者が自己採点を行います。

松山市の用意した不良度判定の手引に従って採点を行い、松山市不良判定表の「申請者チェック欄」に自己採点した点数を記入してください。
※自己採点は必ずしも正確である必要はありません。間違えていたとしても大丈夫です。

そして、自己採点の結果、不良度判定が100点を超えていた場合は松山市役所の住宅課へ郵送、または提出します。
郵送、提出の際は不良判定を行った箇所の写真(屋根、壁、基礎部分など)も必要です。

申請が通ると、実際に松山市役所の職員が現地調査を行い、本当に100点を超えているか確認します。
調査の結果、老朽危険家屋と認められた場合、次の必要書類の用意に移ります。

必要書類を用意

既に老朽危険家屋とみなされていた場合、または調査の結果老朽危険家屋と認められた場合は以下の書類を松山市役所の住宅課に提出します。

以上の書類を提出したら、松山市役所からの交付決定通知を待ちます。
交付決定通知が届いた場合、あとは松山市役所の指示に従ってください。

不明な点や疑問がある場合は、以下までお問い合わせください。

【お問い合わせ】
問い合わせ先:松山市役所 住宅課
住所:〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2
電話番号:089-948-6787
ホームページはこちらから

まとめ

愛知県松山市では、危険な空き家の解体工事をする際に補助金を支給しています。

補助金を受け取るために、まず空き家の自己採点から始めてみましょう。
不明点があれば、お早めに松山市役所にお問い合わせください。