あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛媛県松山市】老朽化した空き家の解体に対し、最大80万円の補助

相続した空き家の管理は、離れた場所に住んでいると難しいですよね。結果的に放置して老朽化が進んでしまうと、再利用やリフォームもできませんので、解体するしかありません。そこで、愛媛県松山市では空き家解体の補助金として最大80万円の援助を行っています。補助金制度を上手く活用して、空き家を解体しましょう。

空き家解体の補助金の概要

では、空き家解体の補助金の対象条件や補助金額等、制度の概要について確認していきましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 松山市内にある老朽危険空家
  • 他の解体補助金等の交付を受けていない(予定もない)
  • 公共工事等による補償の対象となっていない
  • 国、自治体等が所有していない
  • 不良度判定が100点以上
  • 現在空き家で、かつ今後も住宅として使用される見込みがない(敷地内の納屋、車庫等も使用しない)
  • 倒壊すれば建物の一部が敷地を越えて道路上に散乱し、災害時の避難路等をふさぐ可能性がある

条件の5・6・7番目は老朽危険空家の条件の一部です。補助の対象と認められるためには、老朽危険空家に認定される必要があります。
5番目の条件にある不良度判定は、申請前に自分で行います(申請後の松山市による建物調査によって、正式に確定します)。以下を参考にして計算してみましょう。(手引を読んでから、建物の種類に応じた判定表を使って行ってください)

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 登記事項証明書等に所有者として載っている個人や相続人等
  • 暴力団員(関係者含む)ではない
  • 空家等対策の特別措置法による措置命令を受けていない

申請者は、所有者本人でなくても一定の親族(相続人)等でも可能です。ただし、最後の条件から、松山市からの勧告(空き家を放置し続けると受けてしまう注意)を無視し続けた人は補助の対象外です。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 申請者が発注する
  • 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた業者が行う
  • 松山市にある業者が行う(原則)
  • 補助金交付の決定後に工事の契約をする
  • 指定の期日までに実績報告ができる

3番目の条件から、解体業者を選ぶ際は、松山市内にしぼって探しましょう。
また、4番目の条件には特に注意です。順番を間違えると補助の申請ができません。

補助金額

補助金額=補助対象経費×80%(上限額:80万円。千円未満切り捨て)

補助対象経費には、解体で発生するゴミの運搬や処分費が含まれます。ただし、家財道具、機械、車両等の処分費、浄化槽その他の地下埋設物の撤去費は入りません。解体業者に依頼すると高額になったり、処分の依頼自体ができなかったりするので、可能限りご自分で処分することをオススメします。

受付期間

2019年度(平成31/令和元年度)は7月1日(月)~7月31日(水)です。
ただし先着順で、予算の上限に達すると受付が打ち切られますので、早めに行動しましょう。(ちなみに、受付期間が終わっても追加で募集することがあるので、市役所への問い合わせや公式サイトの確認をしてみてください)

ちなみに、事前相談は5月7日(火)から6月28日(金)まで可能です。
事前相談は必須ではありませんが、手続きをスムーズに進めるうえで欠かせませんので、ぜひ行いましょう。

空き家解体の補助金の手続き方法

続いて、空き家解体の補助金の申請の流れや提出物等、手続き方法について確認したいと思います。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。順番に見ていきましょう。

事前準備

事前準備として、不良住宅の自主採点工事の見積書取得を行います。

不良住宅の自主採点については、すでに概要で触れた通りです。ちょっと大変ですが、手引などを見ながら計算しましょう。
工事の見積書については、ご自身で解体業者に連絡し、建物調査をしてもらって作成を依頼します。ただし、解体業界は悪徳業者(不法投棄や手抜き工事、不当な追加請求等をする業者)が多いので、ぜひあんしん解体業者認定協会に解体業者の選定をお任せください。

交付の申請

事前準備を済ませたら、松山市に交付の申請をしましょう。以下の書類を提出します。

・交付申請書(様式第1号)

・確約書(様式第2号)

・口座番号の確認書

〇その他の必要書類
・対象物件の写真と位置図
・住民票の写し(コピー不可)
・登記事項証明書(コピー不可)または固定資産税課税台帳の証明(未登記の場合。コピー不可)
・不良度の判定表と不良度判定を行った部分(屋根、壁、基礎部分など)の写真
・工事の見積書(内訳明細付き。コピー不可)
・市税の完納証明書(コピー不可)
・委任状(様式第3号。必要な場合のみ)

その他、権利関係者がいる場合は同意書を付けます。登記事項証明書は登記所・法務局に聞いてみてください。
交付の申請をすると書類審査や建物調査があり、パスできれば交付の決定通知が発行されます。

解体工事

交付の申請後、交付の決定通知が届いたら、解体業者と契約して工事を始めてもらいましょう。工事開始から完了までの間は、工事内容に大きな変更が生じた場合等にだけ書類を出します。
また、松山市に実績報告をするときに工事の完了写真が求められますので、解体業者に撮影をお願いしておきましょう。(工事のトラブルに備え、全工程の写真を撮影してもらうのがベストです)

実績報告

解体工事が無事に完了したら、松山市に工事の実績報告+交付の請求を済ませましょう。以下の書類を提出します。

・実績報告書(様式第7号)

・完了届(様式第8号)

・交付請求書(様式第9号)

〇その他の必要書類
・工事の完了写真
・請負契約書のコピー
・代金領収書のコピー

指定した口座に対して、補助金の交付がされます。請求書の口座は、口座番号の確認書と同じにしておきましょう。
また、入金確認は怠らないようにしましょうね。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは終わりです。
不明点・疑問点は松山市に確認してみましょう。

松山市役所
住宅課
——————————
所在地:〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館7階
電話:089-948-6787
メール:juutaku@city.matsuyama.ehime.jp

また、書類データは以下からダウンロードできます。

松山市公式サイトの見方

話は変わりますが、空き家解体の補助金のことを調べようと考えた方の多くは、松山市公式サイトをご覧になっているかと思います。
ただ、自治体の運営するサイトのボリュームはかなりのもので、欲しい情報がどこにあるのか分からないかもしれません。
そこで、空き家解体の補助金ページへ行く方法とページの内容について説明したいと思います。

解体補助金ページへ行く方法

目的ページへ行く1つの方法をお伝えします。
最初に、GoogleやYahoo!等の検索サイトを利用して「松山市」で調べます。すると、検索結果の一覧に「松山市ホームページ」がありますので選択してください。

松山市公式サイトのトップページが表示されました。続けて、「くらしの情報」⇒「(暮らしの)住宅・建物・土地」⇒「老朽危険空家除却事業」の順に選択します。(トップページ「くらしの情報」にポインタを乗せて出現する一覧から「暮らし」を選択⇒「住宅・建物・土地」⇒「老朽危険空家除却事業」でも可)

次のページが表示されたらOKです。


引用元:松山市公式サイト

老朽危険空家除却事業空き家解体の補助金の正式名称です。

解体補助金ページの内容

さて、空き家解体の補助金(老朽危険空家除却事業)ページの内容ですが、対象条件や補助金額、申請受付関連、手続き方法等がまとめられています。この記事の概要と手続きで、なるべく分かりやすく説明してきましたが、工事内容の変更がある場合等には公式サイトをチェックするのがオススメです。
また、補助金の制度内容が変わったり、申請の受付が開始・打ち切り・再募集された場合にも、公式サイトでお知らせがありますので、こまめに確認すると良いでしょう。

まとめ

今回は、愛媛県松山市の空き家解体の補助金について説明をしました。空き家の処分は面倒とは言え、どこかのタイミングで行わなければなりません。しかも、解体の処分費用は年々高まっているので、補助金が出る今のうちに解体を済ませるべきと思います。まずは、松山市公式サイトで不良度判定の自己採点からやってみましょう。



松山市公式サイト:令和元年度老朽危険空家除却事業

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)