あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【長崎県松浦市】危険な空き家の解体工事に、最大100万円の補助金

所有している空き家の管理はできていますか? 放置すると近隣に迷惑をかけてしまうので、管理が無理なら解体することをオススメします。でも解体するにも資金が必要なので、やはり簡単にはできませんよね。そこで、長崎県松浦市では空き家解体の補助金最大100万円の援助を行っています。

空き家解体の補助金の概要

まず最初に空き家解体の補助金の対象条件、補助金額の計算方法等について確認してみましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 松浦市内にある
  • 現在使用されていない(おおむね1年以上使用されていない)
  • 木造または鉄骨造
  • 過半が居住用に使われていた
  • 骨組み等の腐朽や破損が激しく危険性が高い
  • 敷地が民家や道路などに接していて、崩れたら周辺に被害を与えるおそれがある、危険な建物

対象物件のイメージは、古くて再利用ができないほどボロボロで、崩れたら近隣住民が事故に巻き込まれる可能性がある空き家です。厳密には松浦市が調査するので、ご自身で細かく判断する必要はありません。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 公的な所有者本人または相続人(所有者等の同意を受けた方もOK)
  • 市区町村税を滞納していない
  • 個人(法人ではない)
  • 親族等、他の権利者の同意がある
  • 空き家対策の特別措置法による命令を受けていない
  • 暴力団員(関係者も含む)ではない

最後の条件は、空き家に関する松浦市からの指導(「早く解体処分等をしてください」といった注意)を無視すると受けてしまいます。補助制度を利用できなくなるどころか、罰も受けてしまいますので気を付けましょう。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 松浦市内の解体業者が行う
  • 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた業者が行う
  • 補助金の交付決定前に着工していない
  • 同時に他の補助金の交付を受けない
  • 対象物件の全部を解体する工事(長屋住宅以外)
  • 建築物の建て替えまたは解体跡地の転売を目的としない

最初の条件は、解体業者を選ぶときに注意しましょう。
3番目の条件は、解体業者から見積書を取るときに、間違って契約までしてしまったら補助が受けられなくなるということです。
また、最後の条件から建て替えを目的している場合は対象外です。解体した後の土地活用は、(転売ではない)売却等に限られます。

補助金額

補助金額=補助対象の経費×1/2(限度額:100万円。千円未満切り捨て)
※補助対象の経費は、次のうち低い額
・解体工事費
・国が定める標準額×床面積

補助金額の計算方法は少し理解しにくいかもしれませんが、解体工事×1/2くらいで限度額100万円と考えていただければ分かりやすいと思います。

空き家解体の補助金の手続き方法

次は、空き家解体の補助金の手続き方法についてお話しします。
申請の流れについてまとめた以下の表をご覧ください。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところですので、一つずつ確認しましょう。

事前準備

最初に、松浦市の空き家調査依頼解体工事の見積書取得が必要です。

松浦市の空き家調査は、以下の書類を松浦市に提出してお願いします。

・調査申込書

また、固定資産課税台帳または固定資産税の納税通知書一式の写しが必要です。(松浦市役所で入手可能)
松浦市は、申し込みを受けると現地で立ち入り調査を行い、もし調査物件が補助の対象と判断すると、申込者に採択通知を出します。この採択通知を受けると交付の申請ができます。(ただし、補助対象の決定は、空き家調査の結果がより深刻なものが優先されます)

解体工事の見積書は、ご自身で解体業者に連絡をして、現地調査と見積書作成を依頼して取得します。連絡から見積書取得まで、大体2週間程度かかります。
ただし、解体業界は悪徳業者(不法投棄、手抜き工事、不当な追加請求等)が絶えないのが現状です。ですので、解体業者選びなどは、ぜひあんしん解体業者認定協会にご連絡ください。

交付の申請

事前準備が済んだら、交付の申請をしましょう。以下の書類を用意します。

・交付申請書(様式第1号)

・工事計画書(様式第3号)

次の書類も必要です。
・見積書(内訳明細付き)
・現在の状況が分かる写真
・市税を滞納していないことが分かる証明書
・登記事項証明書
市税を滞納していないことが分かる証明書は松浦市役所から、登記事項証明書は登記所や法務局から手に入れましょう。また、他にも必要に応じて同意書や委任状も用意します。
申請が審査を通ると、交付の確定通知が届けられます。

解体工事

交付の確定通知が届くのを待って、解体業者と契約して着工してもらいましょう。(解体工事は、交付の決定後60日以内に終わらせなければいけない点にも注意です)
また、必ず解体業者に工事の様子を写真に撮ってもらいましょう。次の実績報告で工事の完了写真が求められるほか、何かトラブルが起きたときに身を守る道具にもなります。

実績報告

解体工事が完了したあと、松浦市に実績報告をします。

・実績報告書(様式第12号)

・完了証明書(様式第13号)

解体業者から受け取るもの(またはコピー)で
・請負契約書の写し
・工事の完了写真
・領収書または請求書の写し(内訳付き)
が必要です。漏れがないようにしましょう。

交付の請求

実績報告をすると、問題がなければ補助金の確定通知が出されます。この通知を受け取ったら、松浦市に交付の請求ができます。

・交付請求書(様式第15号)

以上で、空き家解体の補助金の手続きは終わりです。数日後、請求書で指定した口座に補助金額振り込まれますので入金確認をしましょう。
何か分からないことがあれば、松浦市に問い合わせが可能です。

長崎県松浦市
都市計画課 建築係
電話:0956-72-1111
FAX:0956-72-2292

また、書類データは以下からダウンロードできます。

松浦市公式サイトの見方

ちょっと話を変えますが、空き家解体の補助金の最新情報を知りたいと考えたら、松浦市の公式サイトをご覧になるのではないでしょうか? 実際に、公式サイトでは様々な情報が発信されています。
ただ、国や市が運営しているサイトは情報量が多すぎて、見づらいのも事実。ですので、公式サイトで空き家解体の補助金に関する情報が載っている場所をご案内します。

公式サイトへの行き方

最初に、検索サイト(Google等)で「松浦市」と入力して検索してください。表示された一覧のなかで「松浦市役所ホームページ」をクリックしましょう。

これで、松浦市の公式サイトに入れました。そしたら、「(ライフシーンの)住まい・引越し⇒危険な空き家住宅の解体を支援します!」の順にクリックしてください。

すると、次のページが表示されます。


引用元:松浦市公式サイト

ページのタイトルで危険な空き家住宅の解体を支援します!と書いてある通り、このページに空き家解体の補助金についての情報がまとめられています。

空き家解体の補助金ページの内容

空き家解体の補助金ページ(危険な空き家住宅の解体を支援します!)内には、対象条件や補助金額といった情報が見られるほか、各種書類等のダウンロードができます。
対象条件等については、この記事でもお話ししました。なので、公式サイトで特に確認していただきたいのは、申請の受付に関する部分です。
申請の受付は年度ごとに行っていますが、期間が非常に短く平成30年度は5/1~6/29でした。ですので、新年度になったら公式サイトで受付開始の案内が出ていないかを細かく確認するのがオススメです。(ただし、すでに触れた通り、補助対象の決定は空き家調査の結果がより深刻なものが優先されます)

補助制度を利用するなら、最新情報は重要です。申請前には、なるべくチェックするようにしましょうね。

まとめ

今回は、長崎県松浦市の空き家解体の補助金について説明しました。空き家解体は負担が大きいので、本当にしんどいものです。ただ、補助金が利用できれば、金銭面の負担は相当軽減されます。ぜひとも活用してください。まずは、空き家の調査依頼から始めてみましょう。



松浦市公式サイト:危険な空き家住宅の解体を支援します!

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)