あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【石川県小松市】空き家処分で活用したい、解体補助金と寄付制度

空き家の手入れ、できていますか? 忙しくて管理できない、お金がかかるので解体も難しいなんてケースは珍しくありませんよね。そこで、石川県小松市では空き家の解体補助金最大30万円を出しています。また、解体も土地管理もできない方のために、空き家と土地の寄付制度も設けています。それぞれの制度について確認してみましょう。

空き家の解体補助金の概要

まず、空き家の解体補助金の対象条件や補助金額など、制度の概要についてお話しします。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 小松市内にある
  • 老朽危険空き家と判定された
  • 故意に破損させていない

条件2番目の老朽危険空き家の判定については、小松市に依頼しましょう。(要綱の別表に判定基準が載っていますので、ご自身でも簡単な計算はできます。要綱はこちら)

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  • 市税の滞納がない
  • 所有者本人、または解体について所有者の同意を得ている方

当然ですが、市税の滞納があると補助制度を利用できません。(申請時に完納証明書を求められます)

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 小松市内の解体業者が行う
  • 解体工事業者の登録または建設業(土木工事業,建築工事業若しくはとび・土工工事業)の許可を受けた者が行う
  • 対象物件のすべてを解体、処分する
  • 公共事業による移転、建て替えなどの補償等の対象となる工事でない

最初の条件がとても大事で、解体業者を選ぶ際に小松市内に限定して探さなければなりません。他市の業者に工事を依頼すると、補助金が下りないので注意しましょう。
また、条件3番目で空き家の全解体を求められています。老朽化して崩れかけている建物が補助対象として想定されているので、一部だけ残して再利用ということはできません。

補助金額

補助金額=対象物件の床面積(㎡)×3,000 円(限度額30万円。千円未満の端数は切り捨て)

補助金額は対象物件の広さにより計算されます。ただし、限度額30万円を超える補助金は出ませんので気を付けてください。

空き家の解体補助金の手続き方法

では、空き家の解体補助金を利用したいと思ったら、何をすればいいのでしょうか?
以下の表をご覧ください。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

申請の大まかな流れについてまとめました。「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。一見大変そうですが、ほとんどが小松市への書類提出と解体業者とのやり取りです。
では、「☆」を順番に見ていきましょう。

事前準備

まず、申請前にやることは、小松市への相談解体業者からの見積書受け取りです。
小松市への相談は、建物などが老朽危険空き家と判定されるか、いつまでに申請をすればいいのか等々、事前の確認やすり合わせのために行います。いざ申請をしようとしたら補助対象外だったなんて事態を避けるためにも、キチンと小松市と相談しましょう。

また、申請には解体工事の見積書が必要なので、解体業者選びから現地調査、見積書作成まで依頼しなければなりません。ただし、解体業界は悪徳業者(不法投棄、手抜き工事、不当な追加請求等)が非常に多いので、解体業者選びは大変です。失敗すると、補助金が下りないどころか、依頼者の責任が問われることもあります。ですので、解体業者選びはぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。

交付の申請

さて、無事に事前準備を終えられたら、小松市へ交付の申請をしましょう。以下の書類を提出してください。

・交付申請書(様式第4号)

さらに、一緒に提出する書類として、
・建物の所有者が確認できるもの(登記事項証明書等)
・工事請負契約書の写し
・解体工事の見積書
・完納証明書
・付近見取り図、現在の状況が分かる写真
・所有者の委任状(代理人が申請する場合のみ)
を用意します。登記事項証明書は登記所や法務局、完納証明書は小松市から取得してください。

解体工事

交付の申請が審査を通り、交付の決定通知が届いたら、解体業者に工事を開始してもらいます。
この段階では、特に小松市に提出するものはありませんが、次の実績報告に備えて工事の写真を撮影してもらいましょう。(ちなみに、小松市に提出するのは工事前と工事後の写真ですが、トラブルが起きたときのために全工程の写真を撮っておいてもらうのがベスト)

実績報告

解体工事が完了したら、小松市に報告します。次の書類を出してください。

・実績報告書(様式第6号)

加えて、以下を一緒に提出します。
・請負契約書の写し
・請求書又は領収書の写し
・工事前と工事後の写真
それぞれ解体業者から受け取ってください。
小松市は実績報告を受けると内容を審査し、問題なければ補助金額の確定通知を出します。

交付の請求

補助金額の確定通知が届いたら、交付の請求をしましょう。

・交付請求書(様式第8号)

以上で、空き家の解体補助金の手続きは完了です。数日後に、補助金が指定の口座に振り込まれますので確認しましょう。
分からないことがあれば、小松市にお問い合わせください。

また、書類データは以下からダウンロードできます。

空き家と土地の寄付制度の概要

話は変わりますが、もし解体資金が足りない、解体後の土地管理ができそうもないといった状況ならどうすればいいのでしょうか? 結論を言うと、小松市は空き家と土地の寄付制度を設けていて、管理できない土地、建物は小松市へ寄付してしまうことができるようにしています。

制度の目的

空き家と土地の寄付制度には三つの目的があると考えられます。目的は、対象条件に大きく関わるので確認しましょう。

・空き家の所有者を助ける目的
・近隣住民の生活環境を改善する目的
・土地を有効的に使ってもらう目的

空き家の解体は所有者にとって負担が大きいので、手を付けられないケースが多くあります。その結果、近隣住民が被害(衛生、防災、防犯状況の悪化)を受けてしまいます。そんな土地があると景観も悪くなるので人が寄り付かなくなりますし、そもそも土地が経済的に利用されていないので、小松市にとってもデメリットしかありません。
そこで、いっそ小松市が空き家ごと土地を引き受けて空き家問題を解消し、町内会等に土地の有効活用をお願いしてしまおうという狙いがあります。空き家所有者、近隣住民、小松市それぞれにメリットがある制度と言えます。

対象条件(建物、土地)

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 市に寄付できる
  • 建物に所有権以外の権利(借金の担保等)が設定されていない
  • 木造建築物
  • 老朽危険空き家(故意に破損させたものは除く)

次の条件すべてに当てはまる土地

  • 市に寄付できる
  • 土地に所有権以外の権利(借金の担保等)が設定されていない
  • 寄付後の維持管理に問題が起こるおそれがない
  • 寄付後に災害防止等の措置が必要でない
  • 市が有効活用できると判断した土地

対象条件が細かく設定されていますが、特に重要なのは市が有効活用できると判断した土地です。制度の目的でお話しした通り、引き受ける土地は使い道がありそうな場所に限定されます。つまり、小松市内ならどこの土地でも寄付できるわけではありません。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 対象物件にかかる固定資産税の滞納がない
  • 所有者本人、または解体について所有者の同意を得ている方
  • 町内会の同意が得られている方

固定資産税の滞納があると対象外です。
また、(解体後の管理を担当する可能性がある)町内会の同意が必要な点も押さえておきましょう。

寄付の仕方

寄付をすると言っても、手続きはあります。以下の書類を小松市へ提出してください。
・寄付申出書(様式第1号)
・登記簿謄本、公図の写し
・委任状(代理人が申し出る場合のみ)
・同意書(対象空き家が親族等の共有である場合のみ。全員分が必要)
登記簿謄本と公図は、登記所または法務局で確認してください。寄付が受け付けられると、申し出た方に対して寄付の受諾通知が届きます。

寄付された後の土地活用

空き家と土地の寄付が受け付けられると、所有権はすべて小松市に移ります。その後、小松市によって空き家が解体され、町内会で管理や利用をしたり、売却されたりします。

以上で、空き家と土地の寄付制度についての説明は終わりです。空き家の解体補助金とあわせて、分からないことは以下に問い合わせてください。

石川県小松市
建築住宅課(住宅管理)
——————————
所在地:〒923-8650 石川県小松市小馬出町91番地
電話:0761-24-8095
FAX:0761-23-6403
小松市公式サイト:小松市の空き家対策について(老朽危険空き家の解体助成等)

まとめ

今回は、石川県小松市の空き家の解体補助金空き家と土地の寄付制度についてお話ししました。空き家の解体は、事前準備と解体後の計画が欠かせません。ですが悩んでいても始まらないので、まずは小松市公式サイトで改めて制度の内容を確認したうえ、小松市に相談してみましょう。



公式サイト:小松市の空き家対策について

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)