愛知県小牧市の改修費用と解体費用の補助金制度

小牧市

この記事では、愛知県小牧市で利用できる解体工事の補助金制度についてまとめています。

小牧市には老朽化した空き家を解体したり、古い木造住宅を耐震改修したりする場合に利用できる補助金が用意されています。空き家やご自宅の維持管理でお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にして補助金を利用してみてください。

小牧市空き家等除却工事費補助金

制度の目的と概要

小牧市では、老朽化した空き家倒壊の危険がある空き家の解体にかかる費用を一部補助しています。

小牧市では、安全・安心な住環境の確保を推進することを目的とし、老朽化した空き家又は倒壊若しくは建築材等の飛散のおそれのある危険な空き家を除却する方に対し、その経費の一部を補助する制度を令和2年4月1日より開始しました。
引用:小牧市空き家等除却工事費補助金|小牧市

対象となる建築物

補助金の交付対象となるのは、次の条件を全て満たす建物です。

・建築後22年を経過した「老朽空き家」または、市職員が実施する現地調査によって不良度判定の評点の合計が100以上の「危険空き家」であること
小牧市内にある空き家
・住居として1年以上使用されていないもの
・長屋または共同住宅の場合は、全戸で住居として1年以上使用されていないもの
・延べ面積の2分の1以上が住居として使用されていたもの
木造の空き家
個人が所有するもの
・所有権以外の権利が設定されていないもの

申請者の条件

補助金の申請者は、次の条件を全て満たしている必要があります。

・補助対象となる空き家の所有者
・市税を滞納してない人(個人

工事の条件

補助金の交付対象となるのは、次の条件を全て満たした解体工事です。

・補助金の交付決定後に、除却事業者と除却工事の契約をすること
・交付申請をする年度内に、除却工事を完了し実績報告書を提出すること
・敷地内の使用していない倉庫、物置等の附属建築物やブロック塀等も全て除却して更地にすること
建設リサイクル法を遵守すること

受付開始日と申請期限

小牧市空き家等除却工事費補助金には受付開始日や申請期限は定められていません

ただし補助金の交付を受けるには、必ず除却工事の契約前の申請が必要となりますので注意してください。

補助・助成金額

補助金額は次の通りです。

補助対象となる空き家の除却費用の2分の1(上限:20万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は次の通りです。申請書類は小牧市のホームページからダウンロードできます。

  • 小牧市空き家等除却工事費補助金交付申請書
  • 空き家等の位置図(付近見取図)
  • 空き家等の外観写真(複数の方向から撮影されたもので、一方向は正面玄関を含むもの)
  • 危険空き家判定同意書
  • 事業計画書
  • 市税の納税証明書
  • 登記事項証明書または所有者等及び除却する空き家等の建築年数が確認できる書類の写し
  • 除却工事見積書の写し
  • 空き家等の除却について、補助事業者以外の共有者全員及び権利者の同意を確認できる書類
  • 補助事業者(申請者)の住民票の写し
  • 績報告書
  • 工事請負契約書の写しまたは発注書等の写し
  • 工事費請求書の写し及び領収書の写し
  • 工事写真(着手前及び完了時の様子が確認できるもの)
  • 建設リサイクル法第10条第1項又は第2項の規定による届出の受領書
  • 廃棄物管理票(マニフェスト)A票の写し
  • 補助金請求書
【申請先】小牧市役所 都市政策部 都市計画課 居住推進係
【住所】〒485-8650 愛知県小牧市堀の内3丁目1番地 小牧市役所東庁舎2階
【電話番号】0568-39-6534
参考 小牧市空き家等除却工事費補助金小牧市

小牧市の解体業者をお探しなら

小牧市空き家等除却工事費補助金の交付が決定したら、空き家の解体工事を施工してくれる業者を自分で探して契約する必要があります。

もし小牧市でお客様評価の高い解体業者をお探しでしたら、ぜひ私たちあんしん解体業者認定協会の運営する『解体無料見積ガイド』までお声掛けください。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド』は、無料で優良解体業者の見積り比較ができるサービスです。ご紹介するのは厳しい審査を通過した業者ばかりですので、ぜひ安心してご利用ください。

小牧市民間木造住宅耐震改修費等補助金

制度の目的と概要

小牧市では、地震発生時における木造住宅の倒壊を防止するため、旧耐震基準で建てられた住宅の耐震改修工事や除却工事にかかる費用を一部補助しています。

この要綱は、地震発生時における木造住宅の倒壊等による災害を防止するため、旧基準木造住宅の耐震改修工事又は除却工事(以下「 耐震改修工事等」という。)を実施する者に対し、民間木造住宅耐震改修費等補助金(以下「補助金」という。)を交するものとし、その交付に関しては、市費補助金等の予算執行に関する規則(昭和34年小牧市規則第3号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱に定めるところによる。
引用:小牧市民間木造住宅耐震改修費等補助金交付要綱

対象となる建築物

補助金の交付対象となるのは、次の条件を全て満たす建物です。

昭和56年5月31日以前に着工された在来軸組構法および伝統構法木造住宅(戸建て、長屋、併用住宅、共同住宅で賃家を含む)
・市が行う無料耐震診断を実施し、「倒壊する可能性が高い」(判定値0.7未満)、「倒壊する可能性がある」(判定値0.7以上1.0未満)と判断された建物(一般財団法人愛知県建築住宅センターが実施する耐震診断の場合は得点が80点未満の建物)

申請者の条件

補助金の申請者は、次の条件を全て満たしている必要があります。

・住宅の所有者または所有者の同意を得られる居住者
・市税を完納している人

工事の条件

補助金の交付対象となるのは、次の工事です。

  1. 耐震改修
  2. 耐震改修工事により「一応倒壊しない」(判定値1.0以上)と評価されるまでの改修を行う工事(ただし「倒壊する可能性がある」と判断された建物の場合は、改修工事前の判定値に0.3を加算した数値以上とする耐震改修)

  3. 除却工事
  4. 原則、対象建物の1棟全てを除却する工事(昭和56年6月1日以後に着工した構造上分離した部分を残して除却する工事も含む)

受付開始日と申請期限

小牧市民間木造住宅耐震改修費等補助金には、受付開始日や申請期限は定められていません

ただし先着順での受付となるため、申込み多数の場合は来年度以降の受付となります。

補助・助成金額

補助金額は次の通りです。

  1. 耐震改修
  2. 耐震補強工事、改修設計および付帯工事費にかかった費用(上限:100万円

  3. 除却工事
  4. 解体、運搬および処分にかかった費用(上限:20万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は次の通りです。申請書類は小牧市民間木造住宅耐震改修費等補助金交付要綱からダウンロードできます。

  • 民間木造住宅耐震改修費等補助金交付申請書(様式第1号)
  • 固定資産課税台帳登録証明書
  • 木造住宅耐震診断の結果報告書の写し
  • 案内図及び平面図
  • 補強計画図その他補強方法を示す図書(耐震改修のみ)
  • 耐震補強後の建物についての耐震診断の判定値(耐震改修のみ)
  • 耐震改修工事費見積書または除却工事費見積書
  • 市税の納税証明書
  • 申請者が所有者と異なる場合は、所有者の同意書
  • 民間木造住宅耐震改修工事等完了実績報告書(様式第8号)
  • 工事請負契約書の写し
  • 工事費請求書の写し及び領収書の写し
  • 工事写真
  • 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律の規定による届出の受領票および産業廃棄物管理票(マニフェスト)A票の写し
  • 民間木造住宅耐震改修費等補助金交付請求書(様式第11号)
【申請先】小牧市役所 建設部 建築課 建築係
【住所】〒485-8650 愛知県小牧市堀の内3丁目1番地 小牧市役所東庁舎1階
【電話番号】0568-76-1142
参考 木造住宅への耐震改修補助金小牧市 参考 木造住宅への除却工事費補助制度小牧市

小牧市の解体業者をお探しなら

小牧市で活躍している解体業者をお探しの方は、ぜひ『解体無料見積ガイド』をご利用ください。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド』にご連絡いただくと、地域専任スタッフが建物の状況をお伺いし、あなたの住宅の解体工事にぴったりな業者をご紹介させていただきます。業者へのお断り連絡も代行しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

木造住宅への耐震シェルター等設置費補助金

制度の目的と概要

小牧市では、木造住宅に耐震シェルター防災ベッドを設置する場合の費用を一部補助しています。

地震による住宅の倒壊から居住者の生命を守るため、市内の木造住宅に耐震シェルター及び防災ベッドを設置する方に対する補助金制度を設けています。
引用:木造住宅への耐震シェルター等設置費補助金|小牧市

対象となる事業

補助金の交付対象となるのは、 市が行う無料耐震診断を行い、判定値が1.0未満の建築物の1階部分に、市が指定する耐震シェルターまたは防災ベッドを設置する事業です。

なお、すでに耐震シェルター等を設置した住宅や、すでに耐震改修費補助金を受けた住宅は補助の対象外となります。

申請者の条件

補助金の申請者は、次の条件を全て満たしている必要があります。

・住宅の所有者または所有者の同意を得られる居住者
・市税を完納している人

受付開始日と申請期限

木造住宅への耐震シェルター等設置費補助金には受付開始日や申請期限は定められていません

ただし先着順での受付となるため、申込み多数の場合は来年度以降の受付となります。

補助・助成金額

補助金額は次の通りです。なお、耐震シェルター等の設置は1戸あたり1台に限ります。

耐震シェルター等に係る購入、運搬、設置、設置に伴う床の補強工事にかかった費用(上限:30万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は次の通りです。申請書類は小牧市耐震シェルター等設置費補助金交付要綱からダウンロードできます。

  • 耐震シェルター等設置費補助金交付申請書(様式第1号)
  • 木造住宅耐震診断結果報告書の写し
  • 耐震シェルター等設置工事計画書(案内図及び平面図、耐震シェルター等の内容がわかるパンフレット等を添付したもの)
  • 耐震シェルター等設置工事費見積書
  • 設置予定場所の写真
  • 市税の納税証明書
  • 申請者と住宅所有者が異なる場合は、耐震シェルター等設置に係る同意書(様式第2号)
  • 耐震シェルター等設置完了実績報告書(様式第7号)
  • 耐震シェルター等設置工事請負契約書の写し
  • 耐震シェルター等設置工事請求書の写し及び領収書の写し
  • 耐震シェルター等設置工事の内容(工事前、工事中および工事後)が確認できる写真
  • 耐震シェルター等設置工事計画書に基づき施工されたことを証する書面
  • 耐震シェルター等設置費補助金交付請求書(様式第9号)
【申請先】小牧市役所 建設部 建築課 建築係
【住所】〒485-8650 愛知県小牧市堀の内3丁目1番地 小牧市役所東庁舎1階
【電話番号】0568-76-1142
参考 木造住宅への耐震シェルター等設置費補助金小牧市

民間建築物ブロック塀等撤去費補助制度

補助期間は終了しました
民間建築物ブロック塀等撤去費補助制度の補助期間は、令和3年3月31日で終了しました。
今後の募集については現在未定です。

制度の目的と概要

小牧市では、地震時におけるブロック塀の倒壊避難経路の阻害を防ぐため、ブロック塀の撤去にかかる費用を一部補助しています。

市では地震等によりブロック塀等の倒壊による人的被害の防止及び避難経路の確保を図ることを目的に、ブロック塀等の撤去に関する補助制度を創設しました。
引用:民間建築物ブロック塀等撤去費補助制度|小牧市

対象となるブロック塀

補助金の交付対象となるのは、次の条件を全て満たすブロック塀です。

道路または公共施設等に面しているもの
・高さ(道路面及び公共施設等の敷地地盤面から壁頂までの高さ)が1m以上あるもの
・コンクリートブロック、コンクリートパネル、石材等を用いて築造した塀(門柱を含む)のうち、倒壊の恐れがある危険なもの

申請者の条件

補助金の申請者は、ブロック塀等を所有または管理する個人や法人に限ります。

工事の条件

補助金の交付対象となるのは、塀の高さを1m未満になるまで撤去する工事に限ります。

受付開始日と申請期限

補助期間は終了しました
民間建築物ブロック塀等撤去費補助制度の補助期間は、令和3年3月31日で終了しました。
今後の募集については現在未定です。

補助・助成金額

補助金額は、次のうちもっとも少ない金額です。

・工事費(業者見積)の3分の2
・撤去するブロック塀等の延長に1mあたり1万円を乗じて得た額の3分の2
20万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は次の通りです。申請書類は小牧市民間建築物ブロック塀等撤去費補助金交付要綱からダウンロードできます。

  • 民間建築物ブロック塀等撤去費補助金交付申請書(様式第1号)
  • 撤去場所の案内図
  • 撤去工事の内容を表した図書(配置図、立面図等)
  • 撤去工事の見積書の写し
  • 撤去するブロック塀等の写真(全景、前面道路、危険箇所等)
  • 市税の納税証明書
  • 宣誓書(様式第2号)
  • 実績報告書
  • 工事請負契約書の写しまたは発注書等の写し
  • 工事費請求書の写しおよび領収書の写し
  • 工事写真(着手前・完了時の様子が確認できるもの)
  • 産業廃棄物管理票(マニフェスト)A票の写し
  • 民間建築物ブロック塀等撤去費補助金交付請求書
【申請先】小牧市役所 建設部 建築課 建築係
【住所】〒485-8650 愛知県小牧市堀の内3丁目1番地 小牧市役所東庁舎1階
【電話番号】0568-76-1142
参考 民間建築物ブロック塀等撤去費補助制度小牧市

小牧市民間建築物吹付けアスベスト対策費補助金

制度の目的と概要

小牧市では、アスベストの分析調査除去にかかる費用を一部補助しています。

建築物に吹付けられたアスベストの飛散による市民の健康障害を予防し、生活環境の保全を図るため、アスベストの分析調査及び除去等を行う者に対し、費用の一部を補助します。
引用:民間建築物吹付けアスベスト|小牧市

補助対象となるのは次の事業です。

  1. 分析調査
  2. 建築物の壁・柱・天井に吹付けられた建材のアスベストの含有の有無を分析調査する事業

  3. アスベスト除去等
  4. 建築物の壁・柱・天井に吹付けられたアスベストの除去、封じ込めまたは囲い込みの措置を行う事業

対象となる建築物

補助金の交付対象となるのは、付属する電気室、機械室等を含むすべての建築物です(分析調査は、アスベスト調査台帳に記載されているものに限る)

申請者の条件

補助金の申請者は、次の条件を全て満たしている必要があります。

・補助対象となる建物の所有者
・市税を完納している人

受付開始日と申請期限

小牧市民間建築物吹付けアスベスト対策費補助金には、特に受付開始日や申請期限は定められていません

ただし、予算上限に達すると募集を締め切る可能性もありますので、交付をご希望の方はお早めにお申し込みください。

補助・助成金額

補助金額は次の通りです。

  1. 分析調査
  2. 分析調査にかかった費用の全額(上限:25万円

  3. アスベスト除去等
  4. アスベスト除去等にかかった費用の3分の2以内の額(上限:180万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は次の通りです。申請書類は小牧市民間建築物吹付けアスベスト対策費補助金交付要綱からダウンロードできます。

  • 小牧市民間建築物吹付けアスベスト対策費補助金交付申請書(様式第1号)
  • 案内図、配置図、補助事業を行う箇所を明示した平面図
  • 対象建築物の登記事項証明書または所有者が分かる書類
  • 補助事業に要する経費の見積書
  • アスベストが吹き付けられていることを証する書類
  • 市税の完納を証する納税証明書
  • 建築物石綿含有建材調査者講習修了証明書
  • 小牧市民間建築物吹付けアスベスト対策費完了実績報告書(様式第5号)
  • 分析調査(分析調査事業の結果報告書、分析資料の採取状況が確認できる写真、分析調査に要した経費の請求書の写し、領収書の写し、請負契約書の写し)
  • アスベスト除去(アスベスト除去等事業の結果報告書、工事着手前・工事の施工状況、工事完了後の写真、除去等に要した経費の請求書の写し、領収書の写し、請負契約書の写し)
  • 小牧市民間建築物吹付けアスベスト対策費補助金交付請求書(様式第7号)
【申請先】小牧市役所 建設部 建築課 建築係
【住所】〒485-8650 愛知県小牧市堀の内3丁目1番地 小牧市役所東庁舎1階
【電話番号】0568-76-1142
参考 民間建築物吹付けアスベスト小牧市

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

この記事では、愛知県小牧市で利用できる解体工事に関する補助金制度について解説しました。

もし記事の内容や補助金の申し込み方法などご不明点がある場合は、ぜひ『解体無料見積ガイド』までお問い合わせください。『解体無料見積ガイド』は解体業者のご紹介だけでなく、補助金申請のサポートも無償対応しておりますので、お気軽にご相談ください。