あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【東京都北区】老朽化した空き家の解体撤去で、助成金最大160万円

所有している空き家の手入れはできていますか? 空き家はこまめにチェックしないと、あっという間にボロボロになってしまいます。でも、解体費用は高額なので、なかなか処分ができないですよね。そこで、東京都北区では空き家解体の助成金として最大160万円(一部区域版。北区全域版は最大80万円)を出しています。条件について一緒に確認しましょう。

空き家解体の助成金(北区全域版)の制度概要

最初に、空き家解体の助成金(北区全域版)の制度概要(助成の対象条件、助成金額)について説明します。
北区全域版は、区域の限定や解体跡地の利用方法等について制限がない助成制度で、助成金額は最大80万円です。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物・工事等

  1. 北区内にある、木造の危険な老朽家屋
  2. 6か月以上使用されてないことが確認できる
  3. 1981年(昭和56年)5月31日以前に建築着手
  4. 北区の現場調査等により倒壊等のおそれがあると診断された
  5. 所有者が個人または中小企業
  6. 不動産販売・貸付または駐車場等の業者が自社の仕事として行う工事ではない
  7. 国や自治体等から「木造住宅の耐震改修の助成」と同種の助成を受けていない

条件1にある危険な老朽家屋は、耐震性が低く老朽化も進み、自然災害等で倒壊する等の危険がある住宅(店舗兼住宅の場合は建物の半分以上が居住用)です。
条件3は、古い耐震基準で建てられているかを判断するためにあります。条件に当てはまると、もともと耐震性が低い建物と考えられます。
条件4の現場調査については事前相談の際に依頼します。
また、条件7の木造住宅の耐震改修の助成には耐震建替えの助成金等が含まれます。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

【東京都北区】地震に弱い木造住宅の耐震化事業における助成金制度

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  1. 対象物件の所有者(親族等で共有している場合は、全員から合意を受けた代表者)
  2. 住民税を滞納してない

申請は所有者本人が行ってください。ただし、住民税を滞納している場合は助成対象外です。

助成金額

助成金額=助成対象経費×1/2(限度額:1件当たり80万円。千円未満切り捨て)

助成金額は最大80万円です。
助成対象経費には、建物や塀、門扉等の解体撤去費や仮設工事費等が含まれます。

空き家解体の助成金(一部区域版)の制度概要

次に、空き家解体の助成金(一部区域版)の制度概要(助成の対象条件、助成金額)について整理します。
一部区域版は、対象区域や解体跡地の処分について制約がありますが、その分助成金額は最大160万円と高めです。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物・工事等

  1. 北区内の密集事業区域内(不燃化特区を除く)にある、木造の危険な老朽空家
  2. 6か月以上使用されてないことが確認できる
  3. 1981年(昭和56年)5月31日以前に建築着手
  4. 北区の現場調査等により倒壊等のおそれがあると診断された
  5. 解体跡地を北区または土地開発公社に売却する
  6. 再建築可能な土地(道路に接する部分が2m以上ある)
  7. 土地の面積が100㎡以上
  8. 土地が接する道路が私道ではない
  9. 道路の幅が現状で2.7m以上
  10. 耐震建替え工事助成のほか、国や自治体等から同種の助成を受けていない

条件2~4は空き家解体の助成金(北区全域版)と同じです。
ただし条件5にある通り、解体跡地の処分方法は売却のみに限定され、かつ売却先もしぼられます。
そのほかにも条件6~9のように、土地に関する制約もあるのでよく確認しましょう。

また、条件1の密集事業区域(不燃化特区を除く)は以下の通りです。

対象地区
・十条北地区(上十条5丁目、十条仲原3・4丁目)
・西ヶ原地区(西ヶ原3丁目49~64番、西ヶ原4丁目1~65番、滝野川1丁目25~39番)


引用元:北区公式サイト-老朽家屋除却支援事業チラシ(密集事業区域内(不燃化特区を除く))編

ちなみに、不燃化特区を対象とした助成制度も別に用意されています。
もし、建物が不燃化特区にある場合は、以下の記事もご覧下さい。

【東京都北区】不燃化建築物の解体工事における助成金制度

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  1. 対象物件の所有者(親族等で共有している場合は、全員から合意を受けた代表者)
  2. 住民税を滞納してない

対象者の条件は、空き家解体の助成金(北区全域版)と同じです。
申請は所有者本人が行います。

助成金額

助成金額=助成対象経費(限度額:1件当たり160万円。千円未満切り捨て)

助成対象経費は空き家解体の助成金(北区全域版)と同じです。
一部区域版は、北区全域版と比べて条件が厳しい代わりに、助成金額は最大160万円と限度額が北区全域版の2倍で、しかも限度額内なら助成対象経費の全額が助成されます。

空き家解体の助成金(共通)の手続き方法

最後に、空き家解体の助成金の手続き方法(手続きの流れ、用意するもの)についてお話しします。
手続きは空き家解体の助成金北区全域版一部区域版とでほぼ共通ですから、2つあわせて確認しましょう。

☆事前準備

☆承認申請

承認通知

☆解体工事

☆完了報告・交付申請

交付の決定通知

☆交付請求

助成金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。では、上から順番に見ていきます。

事前準備

まず、北区との事前相談と現地調査の依頼、工事見積書の作成依頼を行います。

事前相談では、自身が助成対象と認められる見込みの有無や疑問点・不明点について確認します。その後、現地調査で老朽危険度(建物が助成対象か)の判定をしてもらいましょう。

工事見積書は解体業者から入手します。
ただし、解体業界は不正(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等)をする業者が多いため、トラブルが絶えません。単に工事見積りが安いからと言って解体業者を決めてしまうと、問題を起こされたときに依頼者側の責任も問われてしまいます。
そこで、あんしん解体業者認定協会では実績のある優良業者を3社紹介することで、適正価格内でより安く、より高品質な解体工事を行えるよう、無料でサポートしています。解体業者を選ぶときは、ぜひご連絡ください。

承認申請

事前準備が終わったら承認申請が可能です。以下の書類を北区役所に提出しましょう。

・承認申請書(別記第1号様式の2)

・解体跡地の売却に関する同意書(別記第1号様式)

※空き家解体の助成金(一部区域版)のみ

〇その他の必要書類
・建物所有者が確認できるもの(固定資産税課税明細書の写し、建物の登記簿謄本(6か月以内)等)
・建築年月日が確認できるもの(固定資産税課税明細書の写し、建物の登記簿謄本(6か月以内)、確認通知書の写し、権利書の写し等)
・住民税を滞納していないことが確認できるもの(住民税の納税証明書または非課税証明書(前年度分)、住民税の納税が確認できる書類の写し等)
・6か月以上使用されていないことが確認できるもの(水道、電気、ガスの使用期間証明書、閉栓証明書等)
・工事見積書
・建物の現状が分かる写真
・建物の案内図
・土地所有者が確認できるもの(空き家解体の助成金(一部区域版)のみ)

その他、追加で提出を求められたものがあれば用意しましょう。空き家解体の助成金(一部区域版)の場合、提出書類が少し加わるので気を付けてください。
承認申請をすると、北区の会議等を経て承認通知書が届きます。

解体工事

承認通知書を受け取ったら、解体業者と契約を結んで工事を始めてもらいます。(補助が受けられなくなるので、必ず順序は守りましょう)
同時に、以下の書類を出してください。

・着手届(別記第8号様式)

〇その他の必要書類
・工程表
・工事契約書の写し

ちなみに、完了報告をするときに着工前と完了後の写真が必要ですが、トラブルへの備えも兼ねて全工程の写真を解体業者に依頼しておきましょう。

完了報告・交付申請

解体工事が無事に終わったら完了報告・交付申請を行います。以下の書類を北区役所に提出してください。

・完了報告書(別記第9号様式)

・交付申請書(別記第10号様式)

〇その他の必要書類
・工事領収書の写し
・着工前と完了後の写真
・土地売買契約書の写し(空き家解体の助成金(一部区域版)のみ)

完了報告を済ませた後、北区による解体跡地の検査があります。立ち会いが必要なので時間を作りましょう。
提出書類や検査に問題がなければ、交付の決定通知書(別記第11号様式)が発行されます。

交付請求

交付の決定通知書が届いたら交付請求ができます。次の書類を出しましょう。

・請求書(別記第12号様式)

・口座振替の依頼書

交付請求をすると、約1か月後に指定の口座に対して助成金が振り込まれます。

空き家解体の助成金の手続き方法は以上です。
何か分からないことがあれば、北区役所に問い合わせましょう。

北区役所
所属課室 まちづくり部 建築課 建築防災担当
——————————
所在地: 〒114-8508 東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎7階11番
電話:03-3908-1240
公式サイト:空家の除却支援事業(老朽家屋除却支援事業)

また、書類データは以下からダウンロードできます。

まとめ

今回は、東京都北区の空き家解体の助成金についてまとめました。空き家の解体にかかる費用は年々増加しています。幸いなことに、北区はさまざまな施策で解体を後押ししているので、助成金が下りるうちに早めに空き家の解体撤去を進めましょう。
まずは、北区との事前相談から始めてください。



北区公式サイト:空家の除却支援事業(老朽家屋除却支援事業)

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)