【大阪府門真市】危険な放置空き家の解体で、最大60万円の補助金

老朽化した実家を放置していても、解体や建て替えは簡単ではないですよね。
そこで、大阪府門真市では、危険家屋等除却補助という制度で、倒壊する危険があると判断した家屋の解体に最大60万円の補助金を出しています。家屋解体でお金を用意するのは大変なので、見逃せません。

何が異なる?木造住宅除却補助との違い

では早速本題に入りましょう…という前に、一つだけ確認したいことがあります。
実は大阪府門真市では家屋解体の補助制度として、危険家屋等除却補助とは別に木造住宅除却補助という制度も用意されていて、どちらも同じように家屋解体で補助金が出ます。
では、2つの制度の違いは何なのでしょうか?次のように対象に対する視点が異なります。

〇危険家屋等除却補助
もう人が住めないのが明らかなほど老朽化が激しい危険空き家が対象
〇木造住宅除却補助
ぱっと見て判断ができないが、耐震性に問題がある家屋が対象

このように、危険家屋等除却補助の対象物件はすでに空き家の状態で、今後使う予定もなく、どんどん老朽化だけ進んでいて危ない家屋だから急いで解体する必要があります。
一方で、木造住宅除却補助の対象物件は基本的に今住まいとして使っているけど、あまりにも昔に造られたので、最近起こっているような大地震に耐えられる保証がない家屋だから、できるだけ早めに解体しましょうね、という位置づけです。

そのため、補助金額にだいぶ開きがあります。

・危険家屋等除却補助:最大60万円
・木造住宅除却補助:最大20万円
※それぞれ一戸建ての場合です

やはり、危険家屋等除却補助の方が急いで解体してほしいので、その分補助金も多いのです。もし所有している家屋が空き家で、いつ倒壊してもおかしくないような状態なら、危険家屋等除却補助を利用します。(木造住宅除却補助についてはこちらの記事で取り扱っています)

危険家屋等除却補助の概要

まずは、制度の対象であるかを確認する条件について触れたいと思います。

対象者

次の条件に当てはまる方

補助対象建築物の所有者又は相続人

親族がお亡くなりになって相続した家というケースも多いと思いますが、この場合でも対象です。

対象物件

次の条件にすべて当てはまる物件

  • 判定基準による各評点の合計が100点を超えるもの(又は、市長が解体の必要があると認める建築物)
  • 原則として、昭和56年5月31日以前の建築
  • 住宅の場合は、空き家
  • これまでに他の制度により解体又は改修等の補助を受けていない
  • 都市計画施設及び市街地開発事業の区域内にある場合は、市長が認めたもの
  • 補助金を受ける目的で故意に破損したものでない

判定基準による各評点とは、門真市危険家屋等除却補助金交付要綱の別表第1にある判定表を使って計算した点数で、どの程度家屋が危険な状態になっているかを判断するためのものです。(門真市危険家屋等除却補助金交付要綱(pdf)はこちら)
また、昭和56年5月31日以前という条件は、(今の基準よりゆるい)古い耐震基準で建てられているかを判断するためにあります。

対象工事

次の条件にすべて当てはまる工事

  • 建設業の許可を受けている者又は登録解体工事業者による解体工事
  • 対象建築物を全て解体する工事

建物を一部だけ解体したい方は補助の対象外です。

補助金額

〇一戸建ての住宅
補助対象工事費用の2/3(上限:60万円)
〇長屋又は共同住宅
補助対象工事費用の2/3、かつ戸当たり30万円(上限:200万円)
〇上記以外の建築物
補助対象工事費要の2/3(上限:200万円)
※ 補助金額はすべて千円未満は切り捨て

補助対象工事費用とは、解体工事と解体工事に関連する費用の合計です。
普通は一戸建てなので、補助金額は最大で60万円です。つまり、工事金額がどんなに高くなっても補助金は60万円までしか出ないので注意です。

注意
補助金額の上限は60万円!!

危険家屋等除却補助の手続き方法

続いて、危険家屋等除却補助の申請の流れと申請前の準備についてお話をしたいと思います。
申請の流れは以下の通りです。

(事前準備)
☆事前相談

☆現場検査立会い

(申請開始)
☆補助金交付申請

補助金交付決定通知

☆解体工事着手

☆解体工事終了

補助額決定通知

補助金の振り込み(手続き完了)

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。
では、「☆」を上から順番に説明していきましょう。

事前相談~現場検査

門真市では最初に制度の対象になるか確認する相談を受け付けています。すでにお話をした危険家屋等除却補助の概要に書いている条件を使って判断します。
門真市が「対象になりそう」と判断したら、申請しようとする方の立ち会いのもと、市が実際に家屋を現地調査します。この調査では先程触れた門真市危険家屋等除却補助金交付要綱を使って、評点合計が100点を超えた場合に危険家屋と判定されます。(門真市危険家屋等除却補助金交付要綱(pdf)はこちら

補助金交付申請

現地調査の結果で補助の対象と判断されたら、いよいよ申請を開始します。
補助金交付申請に必要な書類は以下の通りです。

・危険家屋等除却補助金交付申請書(様式第1号)

また、一緒に提出する書類で

・対象物件の工事着手年月日が推測できるもの(確認通知書の写し等)
・対象物件の所有者が確認できる書類
・申請者が相続人の場合は、そのことを証明できる書類
・解体工事の工程表
・建物現場状況図(附近見取り図、配置図、平面図)
・現場の状況が分かる写真
・解体工事の見積書又はその写し
などが必要です。場合によっては書類を追加する必要がありますが、詳しくは危険家屋等除却補助の手続きについてをご覧ください。(危険家屋等除却補助の手続きについて(PDF)はこちら)

ちなみに、解体工事の工程表と見積書は、ご自身で解体業者を選んで、現地調査をした後に作られます。これには約2週間程度かかるので、余裕をもって解体業者にお願いしましょう。
ただし、この段階で解体工事の契約や着工をすると補助金が出なくなってしまいます。要注意です。

解体工事着手

申請が通ると補助金交付決定通知が届くので、解体業者と契約して着工してもらいます。
また、解体工事を始めたら、同時に以下の書類を提出します。

・危険家屋等除却工事着手届(様式第5号)

そのほかに一緒に提出する書類はありませんが、次の完了報告を門真市にするときに解体工事の写真が必要なので、解体業者に工事中と工事完了後の撮影を依頼しておきましょう。

解体工事終了

解体工事が無事完了したら、門真市へ以下の書類を提出して完了報告します。

・危険家屋等除却工事完了報告書(様式第9号)

加えて、一緒に提出する書類で
・解体工事の写真
・解体工事費の領収書
・解体工事費の明細書
・産業廃棄物管理票(マニフェスト)の写し
を用意します。どれも解体業者にお願いすれば手に入るので、漏れがないように確認してください。

以上で手続きは終わりです。
後日補助額決定通知が届き、指定の口座に補助金が振り込まれます。大金なので、振り込まれたかどうか必ずチェックしましょうね。

もし、どうしても分からないことがあれば、以下の窓口に電話してみるのがオススメです。

まちづくり部 建築指導課
開発安全グループ 別館2階
電話06-6902-6341
大阪府門真市WEBサイト:危険家屋等除却補助

まとめ

今回は大阪府門真市の危険家屋等除却補助について取り上げました。空き家の解体にはお金がかかってしまいますので、最大60万円の補助金は大変ありがたいですよね。色々と手続きは必要ですが、まずは門真市のサイトで対象になるための条件を改めて確認しましょう。
解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)