あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【富山県射水市】空き家の解体や跡地に新築で、補助金が出ます

富山県射水市では、「空き家対策支援事業」として、空き家の解体最大50万円の補助金を支給しています。利用できれば解体費用を大幅に節約できるかもしれません。

また、射水市では解体後の跡地に新築・増築する場合の補助金も用意しています。「新築等補助金」についても併せて確認しましょう。

「空き家対策支援事業」について

補助金の目的

人が住まなくなった建物は一気に老朽化が進み、災害時に倒壊してしまう恐れや、放火などの犯罪につながる恐れがあります。

「空き家対策支援事業」では、生活環境の保全のため、老朽危険空き家の解体と、跡地利用の促進を支援するために、解体費用や新築費用の一部を補助しています。
参考 射水市|くらしの情報|射水市空き家対策支援事業について射水市|くらしの情報|射水市空き家対策支援事業について

補助金額

補助金額は、解体工事にかかった費用の1/2で、最大50万円まで支給されます。

解体工事に要する費用の2分の1
最大50万円
(例)
解体工事費が70万円だった場合
70万円 × 1/2 = 35万円
補助金額は35万円

解体工事費が120万円だった場合
120万円 × 1/2 = 60万円
補助金額は50万円

「解体工事費」には、解体工事中に出たごみの運搬費や処分費も含まれます

対象物件

補助金を受けるためには、建物・申請者・工事に関する条件をすべて満たしていなければなりません。まずは対象になる建物の条件について見ていきましょう。

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 射水市内にある空き家
  • かつて住宅として使われていた
  • 空き家となって6ヵ月以上経過している
  • 一戸建て住宅または店舗兼住宅(延べ床面積の過半数が居住用に使われていた)
  • 昭和56年5月31日以前に建てられている
  • 老朽危険空き家と認められるもの※
※補助金を申請する際、まずは市の職員さんによる現地確認が行われ、「老朽危険空き家」かどうかの判定がされます。

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  • 対象物件の所有者
  • 申請者+同じ世帯の家族が、現在居住している市区町村の税を滞納していない

申請者本人だけでなく、一緒に住んでいる家族も税金をしっかり納めていなければ、補助金は受けられません。しっかり確認しておきましょう。

工事の条件

工事についてはひとつだけ条件があります。

  • 射水市内の業者が解体工事を行う

補助金の受付開始日と期限

補助金制度の対象期間は以下のように提示されています。

平成29年4月1日~令和2年3月31日まで

ただ、補助金制度は、予算の関係で早めに終わってしまう場合も、逆に期間が延長される場合もあります。

補助金を受けようと考えているなら、早めに市に相談するとよいでしょう。

補助金の申請方法と手続きについて

ここからは「解体補助金」を受けるための手続き方法について、また、必要書類について見ていきましょう。

手続きの流れ

まずは手続きの流れを簡単に見ていきましょう。

事前準備

交付の申請

解体工事

実績報告

交付の請求

事前準備

補助金を受けたいと思ったら、まずは市役所へ行って相談しましょう。同時に対象条件の確認も行います。

その後、市による現地確認が行われ、補助金交付対象の可否のお知らせがきます。

補助金が受けられるようでしたら、射水市内の解体業者さんを2~3社探し、それぞれ見積りを出してもらいましょう。見積書をしっかり見比べて、お願いする業者さんを決定します

交付の申請

工事の見積書が取得できたら、交付申請書を作成し提出します。

・交付申請書(様式第1号)

その他の必要書類

  • 空き家の現在の状況が分かる写真
  • 空き家の位置図
  • 解体工事見積書の写し
  • 昭和56年5月31日以前に建築されたことが確認できる書面の写し
  • 納税証明書(世帯全員の状況が分かるもの)

交付申請をすると、のちに市から「交付決定」の通知がきます。必要書類に漏れがないよう、しっかり確認して申請しましょう。

解体工事

交付の決定通知が届いたら、いよいよ解体工事を開始しましょう。解体業者さんと工事契約をして、工事を始めてもらいます。

なお、工事内容に大きな変更などがあった場合のみ、射水市に書類を提出する必要がありますが、通常は必要ありません。

また、のちに工事前・工事中・工事後の写真の提出が必要になります。解体業者さんに写真を撮ってもらうよう、お願いしておきましょう。

実績報告

工事が終わったら、射水市に実績報告をします。次の書類を提出しましょう。

・実績報告書(様式第5号)

その他の必要書類

  • 「建築物除却届」※の写し
  • 工事請負契約書の写し
  • 工事の領収書等の写し
  • 工事前、工事中、工事後の写真
※「建築物除去届」とは、解体工事を請け負う工事業者が、都道府県知事あてに提出を行う書類です。解体業者さんに伝えて写しをもらいましょう。

実績報告をすると、市によって書類審査や工事完了後の検査が入ったのち、補助金額の確定通知が届きます。

交付の請求

補助金額の確定通知を受け取ったら、射水市に交付の請求をします。

・交付請求書(様式第7号)

請求から数日後に、指定した口座に補助金が振り込まれます。

以上が、空き家解体補助金の手続方法です。なお、申請書など各種書類は、以下のPDFファイルから印刷できます。

何か不明点があれば、射水市に確認してみましょう。

富山県射水市
都市整備部 建築住宅課
所在地:〒939-0292 射水市小島703番地
電話:0766-51-6683
FAX:0766-51-6696
メール:kenchiku@city.imizu.lg.jp
公式サイト:射水市空き家対策支援事業について

跡地に新築する場合はさらに補助金が受け取れる!?

射水市では、上記の「解体補助金」を利用して空き家を解体した跡地に、新築または増築する場合には、さらに「新築等補助金」を支給しています。

補助金額

新築または増築工事に要する費用の2分の1
最大60万円

もちろん、解体補助金とは別に受け取れます。

対象条件

次の条件すべてに当てはまること

  • 解体補助金を利用して解体した跡地に、本補助金の申請者本人が居住する住宅を新築または増築する
  • 解体補助金の交付申請書に新築する旨の記載をしている
  • 解体後1年以内に本補助金の申請を行い、年度内に完成して居住できる

手続き・必要書類

「新築等補助金」は、「解体補助金」を利用した後に申請します。

手続き方法については、解体補助金のときとほとんど変わりません。ここでは申請書の書き方と、必要書類について見ていきましょう。

・交付申請書(様式第2号)


その他の必要書類

  • 新築・増築場所の位置図
  • 新築・増築工事見積書の写し
  • 建築確認申請書の写し
  • 「解体補助金」交付決定通知書の写し
  • 納税通知書(世帯全員の状況がわかるもの)

「新築等補助金」を受ける際も、新築工事後に実績報告が必要です。実績報告書は「解体補助金」と同じ、様式第5号の書類を使います。

その他の必要書類

  • 建築確認済証の写し
  • 世帯全員の住民票
  • 工事請負契約書の写し
  • 工事の領収書等の写し
  • 工事前、工事中、工事後の写真

交付請求の手続きは、「解体補助金」と同じ手順で行います。

まとめ

射水市の空き家対策支援事業では、解体工事から新築工事までと、とても手厚い補助が受けられますね。

解体した土地で新築しないまでも、土地売却を考えているなら、「跡地購入補助金」も助けになるかもしれません。

「跡地購入補助金」は、「解体補助金」を受けて解体した跡地を購入する人に補助金を支給しようという制度です。

土地売却の際に「跡地購入補助金を受けられます!」と提示してあれば、より土地が売りやすいのではないでしょうか?

詳しくは射水市のホームページでご確認ください。

射水市公式サイト:射水市空き家対策支援事業について

私たち、あんしん解体業者認定協会では、全国の優良解体業者さんとお客様とお繋ぎするサービス、解体無料見積ガイドを運営しております。

解体業者さんをお探しでしたらぜひご相談ください。専任スタッフが親身になってサポートいたします。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)