あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛知県一宮市】老朽化した空き家の解体で、補助金が最大20万円

空き家問題が加速する昨今、空き家の倒壊による事故や外装の飛散などが跡を絶ちません。

そのため、愛知県一宮市では空き家倒壊による災害を減らすために、老朽化した空き家の解体工事に対して最大20万円の補助金を支給しています。

一宮市で解体工事をお考えの方必見の制度なので、一緒に確認していきましょう。

2019年度受付終了のお知らせ
2019度の申請については、予算額に達しましたので、受付を終了しました。
2020年度の補助金制度については、現在未定です。

空き家解体の補助金の制度概要

最初に、空き家解体の補助金の制度概要(補助の対象条件、補助金額)について整理しましょう。

補助金の目的

一宮市では、市民の生活環境を保護するため、危険な空き家の解体工事に対して補助金を支給しています。

この要綱は、倒壊又は建築材等の飛散のおそれのある危険な空き家の解体を促進するため、空き家の解体工事を実施するものに対し、解体工事に要する費用の一部について、予算の範囲内において補助金を交付することにより、市民の安全かつ安心して暮らすことのできる生活環境を確保することを目的とする。

引用元:一宮市HP | 一宮市老朽空き家解体工事費補助金

対象物件

補助金を受取るためには、対象の物件が以下の条件を全て満たしている必要があります。

  • 一宮市内にある現在使用していない空き家で、延床面積の半分以上が居住用
  • 木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、コンクリートブロック造のどれか
  • 不良住宅と同等の空き家

一宮市における「不良住宅」の基準は、衆議院の定める住宅地区改良法の内容に基づいています。

この法律において「不良住宅」とは、主として居住の用に供される建築物又は建築物の部分でその構造又は設備が著しく不良であるため居住の用に供することが著しく不適当なものをいう。

引用元:住宅地区改良法 | 第2条

対象者

そして、補助金を申請する方は以下の条件を全て満たしている必要があります。

  • 対象物件の所有者等
  • 市県民税と固定資産税を滞納していない
  • 同一敷地内で、過去に本補助金を受けていない
  • 暴力団員(密接な関係者含む)ではない

対象工事

また、解体工事の内容に関する条件もあります。
以下の条件を全て満たす必要があります。

  • 建設リサイクル法を守って分別解体、再資源化等を行う
  • 空き家のすべてを解体する
  • 他の制度による補助金等を受けない

ちなみに、空き家の一部だけの解体は認められません。

補助金額

補助金額は、補助対象経費の8割(上限20万円)です。

計算例
・20万円(対象経費)×0.8(倍率)=16万円
・50万円(対象経費)×0.8(倍率)=20万円(本来は40万円ですが、20万円以上は切り捨て)

補助対象経費には、解体費・撤去費(運搬費・処分費等)が含まれます。

受付開始日と期限

2019年度の受付は締め切りました。
2020年度の詳細については現在未定です。

平成31年度の申請については、予算額に達しましたので、受付を終了しました。

引用元:一宮市HP | 一宮市老朽空き家解体工事費補助金

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法(手続きの流れ、用意するもの等)についてまとめます。

☆不良住宅の判定

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告

交付の確定通知

☆交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。上から順に確認しましょう。

不良住宅の判定

はじめに、一宮市に不良住宅の判定を依頼します。解体物件が補助対象に当たるかを確認してもらうためです。以下の書類を一宮市役所に提出してください。

判定申請書(様式第1号)

その他の必要書類

  • 案内図(都市計画図等)
  • 空き家の外観写真

交付申請前に工事見積書を入手しておきましょう。解体業者に作成を依頼します。

申請をすると建物調査が行われ、その後に結果通知書(様式第2号)が発行されます。

ただし、解体業界は業者の良し悪しの見極めが非常に難しいです。その理由の1つに、安定した相場がないため、解体業者が高額な費用や不当な追加請求をしやすいことが挙げられます。また、不法投棄でコストを抑えるといったケースもいまだに存在します。
そこで、当協会が運営するサービスあんしん解体業者認定協会では優良業者の3社紹介により、適正価格内でなるべく費用を抑え、かつ高品質な工事を受けられるよう無料でサポートしています。解体業者を選ぶときはぜひご連絡ください。

交付申請

不良住宅の判定で対象物件と認められたら、工事に着手する前交付申請に入りましょう。以下の書類を出してください。

交付申請書(様式第3号)

事業計画書(様式第4号)

使用状況の報告書(様式第5号)

その他の必要書類

  • 家屋の資産証明書、建物の登記事項証明書、所有者等を確認できる書類のどれか
  • 工事見積書の写し(解体業者の記名、押印入り)
  • 市県民税と固定資産税それぞれの、前年度の納税証明書等(完納を証明するもの)
  • 委任状(代理人による申請の場合)

交付申請をすると、書類審査等ののち交付の決定通知書(様式第6号)が出されます。

解体工事

交付の決定通知書が届いてから、解体業者と契約を結んで工事を始めてもらいます。
工事を始めるときは、補助金関連の提出物は特にありません。工事内容が大きく変わる場合に、変更申請書(様式第7号)ほか求められた書類を出してください。

ちなみに、完了報告の際に工事後の写真が必要ですが、トラブルへの備えとして全工程の撮影を解体業者に依頼しておくと安心です。

完了報告

解体工事が済んだら完了報告を行います。申請書類と添付書類を一宮市役所に提出してください。

実績報告書(様式第10号)

その他の必要書類

  • 請負契約書の写し
  • 請求書または領収書の写し(解体業者が発行したもの)
  • 工事後の写真
  • 産業廃棄物管理票(マニフェスト)A票の写し等※解体業者が用意
  • 建設リサイクル法による届出の受領証の写し(床面積80㎡以上の場合)※解体業者が用意

実績報告を終えると、審査を経て交付の確定通知書(様式第11号)が発行されます。

交付請求

交付の確定通知書を受け取ったら、10日以内交付請求を済ませてください。

交付請求書(様式第12号)

この交付請求書で指定した口座に対して、補助金が振り込まれます。

以上が、空き家解体の補助金の手続き方法です。
疑問点・不明点等があれば、一宮市役所に問い合わせましょう。

一宮市役所
住宅政策課 住宅政策グループ
所在地:〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎7階
電話:0586-85-7010
FAX:0586-73-7809
一宮市公式ウェブサイト:一宮市老朽空き家解体工事費補助金
申請に必要な書類データのダウンロードはこちらから

まとめ

今回は、愛知県一宮市の空き家解体の補助金についてまとめました。解体工事にかかる費用は毎年増加しています。解体工事にかかる費用は高額ですが、補助金が出る今のうちに空き家を解体することを考えましょう。
まずは、一宮市へ不良住宅の判定を依頼することから始めてください。

一宮市公式ウェブサイト:一宮市老朽空き家解体工事費補助金