山口県防府市の解体や除却に関する補助金・助成金

所有している空き家の管理はできているでしょうか? 放置空き家の老朽化スピードはあっという間で、かなり傷んでしまうと再利用も不可能です。そこで、山口県防府市では空き家解体の補助金として最大50万円の支援を出しています。補助金が利用できれば、空き家解体の負担を軽減できるので注目です。

空き家解体の補助金の概要

では、最初に空き家解体の補助金の制度概要について説明します。対象条件や補助金額の算出方法等について確認しましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 防府市内にある
  • 主に居住用で、おおむね1年以上空き家かつ使用していない
  • 防府市の現地調査で不良住宅と判断され、周囲に対する危険性がある
  • 木造または軽量鉄骨造
  • 個人の所有
  • 空家等対策の特別措置法による措置命令を受けていない

3番目の条件にある防府市の現地調査は、交付の申請後に行われます。申請前の時点では、再利用が不可能なレベルにまで老朽化が進行してしまった、崩れかけている空き家とお考えください。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 対象物件(または土地)の所有者や相続人等
  • 防府市税の滞納がない
  • 暴力団関係者でない

申請者は所有者本人でなくても、親族等一定の関係者でも可能です。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 対象物件を解体し、所在地を更地にする
  • 建設業の許可または解体工事業の登録を受けている業者が行う
  • 指定の期日までに完了報告書の提出ができる
  • 他の制度などによる補助金等の交付対象ではない

最初の条件から、建物の一部残し等はできません。

補助金額

補助金額=補助対象経費×1/3(上限額:50万円。千円未満切り捨て)
※ただし、「対象物件の延べ床面積(㎡)×国の定める除却工事費」より高い額は出ない

補助対象経費とは、解体工事費や解体で出たゴミの運搬や処分費等のことです。ただし、建物内部に残っている家財道具や機械等の運搬や処分費は対象外なので注意してください。

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法に関して説明します。下の表をご覧ください。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告

交付の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところなので、上から順番に見ていきましょう。

事前準備

最初に防府市との相談をしましょう。
実は、防府市の申請受付は、交付の申請後に行われる現地調査で、建物の状態が深刻なものほど優先されます。なので、補助金が出る見込みがあるのかを防府市に確認してみることをオススメします。

また、必要な準備として解体業者から見積書と許可証等を取得します。
解体業者を選んで連絡を取り、現地調査と見積書作成を依頼します。交付の申請時に、解体業者の許可証等の写しも求められるので、一緒に送ってもらうようにします。
しかし、解体業界は悪徳業者(手抜き工事や不法投棄、不当な追加請求等をする業者)が多いので要注意です。ですので、解体業者選びの際は、ぜひあんしん解体業者認定協会にご連絡ください。

交付の申請

解体業者から必要なものを受け取ったら、交付の申請を行います。以下の書類を防府市役所に出しましょう。

・交付申請書(第1号様式)

・実施計画書(第2号様式)

〇その他の必要書類
・位置図
・現在の状況が分かる写真
・見積書(内訳付き)
・解体業者の許可証等の写し
・固定資産税、都市計画税の納税通知書または登記全部事項証明書の写し等
・危険空き家の所有者等であることが確認できる書類(必要な場合のみ)
・防府市税の完納証明書

登記全部事項証明書は登記所・法務局に、防府市税の完納証明書は防府市に聞いてみてください。
必要書類の提出を済ませると、防府市による書類審査と現地調査等が行われ、認められた場合には交付の決定通知書(第3号様式)が出されます。

解体工事

交付の決定通知書を受け取ってから、解体業者と契約して工事を始めてもらいましょう。
このとき、決定通知より前に着工すると、補助の対象外とされてしまいます。

注意
交付の決定通知前に、解体業者と契約して着工してもらうのはNG!!

工事内容に大きな変更が出ない限りは、防府市への提出物は特にありません。完了報告をする際に工事の完了写真が必要なので、解体業者に撮影を依頼しておきましょう。(何らかのトラブルが起こったときに備えて、工事の全工程を撮影してもらうのがベストです)

完了報告

解体工事と代金の支払いが終わったら、防府市へ工事の完了報告を済ませましょう。

・完了報告書(第8号様式)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写しまたは請書の写し
・請求書または領収書の写し(請求書の写しの場合は、領収書が発行されてから10日以内に提出)
・工事の完了写真

解体業者から必要なものを受け取れますので、確認してみてください。
完了報告後、書類審査と現地調査を経て交付の確定通知書(第9号様式)が届けられます。

交付の請求

交付の確定通知を受け取ったら、防府市へ交付の請求が可能です。次の用紙を出しましょう。

・請求書(第10号様式)

この請求書で指定した口座に対して、補助金が振り込まれます。
手続きで使用した書類は、5年間保管しておきましょう。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは終わりです。
分からないことは防府市へお問い合わせができます。

防府市役所
生活安全課 空き家等対策室
——————————
所在地:〒747-8501 防府市寿町7番1号(4号館2階)
電話:0835-25-2238
FAX:0835-25-2369

防府市の補助金情報を確認

補助金制度は還付される金額や期間など、予告なく変更される場合があります。

募集期間

補助金制度の募集期間は以下の通りです。

【令和元年度】
令和元年6月3日(月)~令和元年6月28日(金)

また、防府市で実施されている補助金制度は平成29年度から令和2年度までの期間限定です。補助金制度の利用をお考えの方はお早めに取り組まれてください。

まとめ

今回は、山口県防府市の空き家解体の補助金についてお話ししました。空き家解体は手間もお金もかかるので大変です。でも、防府市がせっかく補助金を用意してくれているので、利用しない手はありません。まずは防府市公式サイトを確認のうえ、防府市との相談から始めましょう。

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


解体無料見積ガイド

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日を含む)