あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【福井県福井市】空き家の解体や跡地の活用で、補助金が出ます

空き家は放置していると土地がもったいないです。ただ、老朽化が進んでしまった空き家は、何をしようにも解体しないと始まりませんよね。そこで、福井県福井市では空き家解体の補助金最大50万円を出しています。また、もし解体跡地を地域のために活用する場合なら、跡地活用の補助金最大200万円まで出ます。

空き家解体の補助金の概要

最初に、空き家を解体して更地にする際に使える、空き家解体の補助金の制度概要(対象条件や補助金額の計算方法)についてお話しします。

対象物件

対象になる物件は2種類あります。それぞれすべての条件に当てはまる建物が対象です。

A.老朽危険空き家等の場合

  • 特定空き家等(または特定空き家等に近いもの)
  • おおむね1年以上、空き家かつ使用されていない
  • 固定資産課税台帳に登録されている
  • 所有権以外の権利(差押えや借金の担保等)の設定がされていない(登記がある場合のみ)
  • 公共事業等の補償対象となっていたり、解体に対して他の補助金の交付を受けていない
  • 空き家等の延べ床面積が10㎡以上ある
  • 補助金の交付を受ける目的で、わざと壊されていない

最初の条件は、福井市が現地調査して決定します。申請を検討している段階では、老朽化して再利用ができないほど柱、壁、床、天井、屋根等がボロボロになっている空き家を条件として考えておけば大丈夫です。

B.旧耐震基準の空き家等の場合

  • 居住環境再構築区域内にある、住宅として使われていた空き家
  • おおむね10年以上、空き家かつ使用されていない
  • 固定資産課税台帳に登録されている
  • 所有権以外の権利(差押えや借金の担保等)の設定がされていない(登記がある場合のみ)
  • 公共事業等の補償対象となっていたり、解体に対して他の補助金の交付を受けていない
  • 空き家等の延べ床面積が10㎡以上ある
  • 1981年(昭和56年)5月31日までに着工または建築された
  • 過去に、仕事等のために使っていない

7番目の条件は、古い耐震基準で建てられているかを確認するものです。当てはまると、もともと耐震性が低い建物と考えられます。
また、条件1の対象エリアについては以下の通りです。


引用元:福井市公式サイト-居住環境再構築区域内

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  • 対象物件の所有者本人や相続人等(処分の権限がある方)
  • 暴力団員(関係者等含む)ではない

申請は、必ずしも所有者本人である必要はなく、相続人(家族等)でも大丈夫です。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 対象物件の内部と敷地内にあるものすべてを解体、処分し、更地にする(敷地の境界線を示すものについては一部例外あり)
  • 空き家等解体工事の法令による手続きを適切に行う
  • 福井市内の業者が行う
  • 年度内に福井市へ工事完了報告ができる(原則)
  • 補助金の交付決定後に着手(=契約を結ぶ)する

最初の条件から、建物を全部解体する必要があります(一部解体は不可)
3番目の条件は、解体業者を選ぶ際に気をつけましょう。

補助金額

〇次のうち、低い方の額(上限額:50万円。千円未満切り捨て)
・解体費用の総額×50%
・対象物件の延べ床面積(㎡、小数点第1位未満切り捨て)×5,000円

解体費用の総額には、解体費用+解体工事で出たゴミの運搬や処分費用が主に入ります。ただし、補助金額の上限は50万円です。

跡地活用の補助金の概要

続けて、空き家を解体後した跡地を、地域のために活用することにしている場合に利用可能な、跡地活用の補助金について制度概要を説明します。

対象物件、対象者

すでにお話しした、空き家解体の補助金と同じです。

対象工事

すでにお話しした、空き家解体の補助金の対象工事に関する条件に加えて、以下のすべてにも当てはまる必要があります。

  • 自治会等と、跡地活用に関する協定と土地使用の賃貸借契約を締結
  • 跡地活用について、跡地の所有者全員から同意を得ている
  • 跡地を、自治会等が地域のために活用していることを周知する
  • 工事の管理と活用状況を、定期的に福井市に報告する

跡地活用の補助金は地域と連携するのが条件です。手続き方法にも影響しますので、よく確認してください。

補助金額

〇次のうち、低い方の額(上限額:200万円。千円未満切り捨て)
・解体費用の総額×80%
・対象物件の延べ床面積(㎡、小数点第1位未満切り捨て)×10,000円

空き家解体の補助金と比べると、計算方法は似ていますが、補助金の上限額などが上がります。

2つの補助金の手続き方法

最後に、空き家解体の補助金跡地活用の補助金の手続き方法についてお話しします。2つの制度の手続き方法は似ているので、一緒に説明したいと思います。

☆事前準備

(☆地域との協議)

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

(☆跡地活用状況の報告)

(報告書類の審査等)

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。カッコ付きのところは跡地活用の補助金のケースでのみ加わります。

事前準備

まず、申請する前に福井市が行う事前説明の依頼解体工事の見積書取得をします。

福井市が行う事前説明では、補助制度の内容や対象条件等についてのお話があります。
福井市が審査対象者をしぼる目的もあると考えられますが、申請者側にとってもあらかじめ補助金が下りる見込みがありそうかが分かりますので、とても合理的です。

解体工事の見積書は解体業者に連絡して現地調査をお願いし、作成をしてもらいます。(跡地活用の補助金では、建設業者等の跡地整備工事の見積書も必要)
ただし、解体業者は悪徳業者(手抜き工事や不法投棄、不当な追加請求等をする業者)が多いので要注意です。ですので、ぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。

地域との協議

※跡地活用の補助金のみ

跡地活用の補助金を利用する場合は、解体後の跡地活用について地域と協議する必要があります。事前にしっかり解体後の計画を立てておくことで、土地が予定(福井市や地域の目的)通りに利用される証明とします。

交付の申請

事前準備が終わったら、交付の申請をしましょう。以下の書類を福井市に提出します。

・交付申請書(様式第1号)

〇その他の必要書類
・位置図(地図)
・見取図又は平面図
・外観写真
・解体工事の見積書(内訳明細付き)の写し
・住民票(法人にあっては、登記事項証明書。直近3ヶ月以内の交付)
・固定資産課税台帳の記載事項証明書(評価証明書。直近3ヶ月以内の交付)
・登記事項全部証明書(登記されているときのみ。直近3ヶ月以内の交付)
・相続に関する書類一式(相続関係図、遺産分割協議書、戸籍謄本の写し等。必要な場合のみ)
・安全計画書(様式第2号。対象物件が長屋で、必要な場合のみ)
・委任状(必要な場合のみ)
・同意書(所有権以外が設定されている場合のみ)

跡地活用の補助金の場合は、以下の書類も加えます。

・跡地活用の実施計画書(様式第3号)

〇その他の必要書類(跡地活用の補助金のみ)
・同意書(土地と建物の所有者が異なる場合のみ)
・自治会等との協定書または土地使用の賃貸契約書の写し
・跡地整備工事の見積書の写し

交付の申請後に書類審査と現地調査があり、「補助すべき」と判断されたら、交付の決定通知が届きます。

解体工事(+跡地整備工事)

交付の決定通知が届いたら、解体業者等と契約して工事に着手してもらいます。(順番を間違えると、補助の対象外とされてしまいますので要注意!!)

工事に大きな変更等がない限りは福井市への提出書類はありませんが、工事の完了報告で工事前、途中、完了後の写真が必要ですので、業者に必ず撮影を依頼しておきましょう。

完了報告

工事が無事完了したら、福井市へ工事の完了報告を行います。

・実績報告書(様式第7号)

〇その他の必要書類
・工事契約書または請書の写し
・工事費用の領収書の写し
・工事前、途中、完了後の写真

工事の完了報告が終わると、再度福井市による書類審査や現地調査が行われ、問題がなければ補助金額の確定通知が出されます。

交付の請求

補助金額の確定通知が届いたら、交付の請求が可能です。次の書類を出しましょう。

・交付請求書(様式第9号)

請求書に書いた口座に補助金が振り込まれますので、入金確認をしましょう。

跡地活用状況の報告

※跡地活用の補助金のみ

跡地活用の補助金の場合は解体して終わりではなく、解体後の土地活用が計画通り実行されているかのチェックがあります。

福井市への報告は年1回、10年間行います。(跡地を自治会等が地域防災の向上やコミュニティ活性化等に活用する期間が、最低10年以上であるため)

以上で、空き家解体の補助金の手続き方法についてのお話しは終わりです。
何か不明点があれば、福井市にお問い合わせができます。

福井市役所
建設部 住宅政策課
——————————
所在地:〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館5階
電話:0776-20-5571
福井市公式サイト:福井市老朽危険空き家等除却支援事業

また、書類データは以下からダウンロードできます。

まとめ

今回は、福井県福井市の空き家解体の補助金跡地活用の補助金について説明しました。空き家の解体はお金も手間もかかりますので大変ですが、いつかは何とかしなくてはなりません。今なら多額の補助金が下りる可能性があるので、ぜひ解体を検討してみてください。まずは福井市の事前説明を受けてみましょう。



福井市公式サイト:福井市老朽危険空き家等除却支援事業

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)