あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体業者インタビュー 千葉県匝瑳市 山﨑工業株式会社様

「誰にでも見せられる安全で丁寧な解体を行うプロ集団です」

千葉県匝瑳市 山﨑工業株式会社
代表取締役専務 山崎徳美様(解体歴10年)

日常生活で触れる機会が少ない解体工事業界。
インターネットでも解体工事に関する情報が増える中、「実際のところ“解体”ってどんな仕事なんだろう?」と思ったことはありませんか?
そこで、現在第一線で活躍されている解体業者さんに、あまり知られていない業界事情や、解体のプロとしてこれから解体をされる方々へのアドバイスを伺ってきました。
どういったきっかけで解体工事を始められましたか?

スタッフ

山﨑様

先代が解体業を営んでいたので、学生の頃からバイトとして現場によく借り出されたのがきっかけです。ブレイカー(コンクリートを破砕する機械)で斫りの仕事を手伝ったり、解体作業中の散水や現場での廃材の仕訳なんかをよくしてました。でも、高校を卒業の後は、一度農協へ就職しました。社会人になってから重機での作業もよく手伝ってましたよ。農協の仕事もあったので大変でした。(笑)25歳まで農協に勤めていましたが、家業の解体業を先代から継ぐことになり現在に至ります。

立ち上げ当初からお仕事は順調でしたか?

スタッフ

山﨑様

先代が創業した当時が、バブルな頃だったので最盛期だったと思います。しかし、私が継いだ10年程前には、付き合いのある不動産や建築会社からの仕事は最盛期よりは少なくなっていたみたいです。なので、私に代がわりしてからはインターネット集客をしたり、慣れない営業回りも始めました。お陰さまで、全盛期とまではいかなくても仕事の量を増やすことができたので、今は以前よりも私自身が現場一つ一つに集中することができていますね。

経験が長い社長からみて、解体工事の難しさとはどんな所ですか?

スタッフ

山﨑様

近隣の配慮が難しいと思います。人は十人十色、色々な人に合わせて配慮します。
近隣住民には丁寧な工事説明。通行人には必ず挨拶をします。ここで工事をやっているんだなぁと認識させるためなんです。やはり人と人との付き合いですから近隣住民の気持ちになって仕事をしていますよ。それから本工事の難しさは敷地の際ですかね。隣に迷惑をかけない様、際の時は監視を立てて仕事をしています。そしてかなり繊細なのは車ですね、車には持ち主に断って養生シートをかけます。シートをかけず手で洗ったケースもありました。

山﨑工業さんの特徴を教えてください。

スタッフ

山﨑様

丁寧な工事を心掛けています。それには作業員に朝礼にて必ず伝えます。特に整地に.力を入れているんです。お客様が見るのは工事、作業中はもちろんですが、やはり最後の整地ですよね。3回以上は掃きながらガラを処分して丁寧で美しい整地、お客様に喜ばれる整地を目指しているんですよ。

どの様な企業努力をされていますか?

スタッフ

山﨑様

木造解体が得意、分別も得意、分別する時に、他の業者がしないほど分けて決してミンチにならないようにしています。ミンチだと高くなりますからね、細かい所まで分別しますよ。そして足場も工夫しながら無駄のない組み方をします。それで人件費を抑えます。それによって見積金額も安くなる訳なんです。
日頃、どんな事を心がけて解体されていますか?

スタッフ

山﨑様

安全面が第一、現場から車両を出す時に細心の注意を払います。そして必ず人を付けて周りを確認してから出しますよ。本工事でも常日頃丁寧に工事をします。事故が起こらないように、朝礼で指摘し合ったり、作業員同士で声がけをしたりして事故を防いでいます。そして振動、騒音、粉塵がひどくなりそうな場合は、その日の朝に必ず近隣住民に声をかけて不安を取り除いているんです。当社の解体工事はただ建物を壊すだけではなく作業員一同、安全を第一に考え、品質の向上を心掛け、誰にでも見せられるクリアで丁寧な工事が出来るプロ集団なんです。

これから解体をされる方々に、専門家としてアドバイスをお願いします。

スタッフ

山﨑様

説明不足の業者さんは気を付けた方が良いですね。マニフェストの提示、見積もりが解体工事一式だったり、お客様の要望をしっかり聞いてくれる、ちゃんとメモを取っている、そんな業者が良いですね。

今後の目標を教えてください。

スタッフ

山﨑様

事業を少しづつ拡大したい。仕事の幅を広げたいですね。鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートと言った構造の建物も進んでやりたいですね。それに備えて大きい重機が欲しいなと思っています。将来的には中間処理場も作りたいです。
今回は千葉県匝瑳市で活躍する解体業者さんにお話を伺いました。お客様に満足していただけるよう丁寧かつ安全第一への意識を高く持って日々取り組まれていらっしゃいました。
今後も、普段知ることができないような各地域の解体業者さんのお声を発信していきます。