あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体業者インタビュー 神奈川県川崎市 株式会社増田解体様

「安全、安心、丁寧、クレームを出さない解体工事、それが増田解体です」

神奈川県川崎市 株式会社増田解体
代表取締役社長 増田昌美様(解体歴35年)

日常生活で触れる機会が少ない解体工事業界。
インターネットでも解体工事に関する情報が増える中、「実際のところ“解体”ってどんな仕事なんだろう?」と思ったことはありませんか?
そこで、現在第一線で活躍されている解体業者さんに、あまり知られていない業界事情や、解体のプロとしてこれから解体をされる方々へのアドバイスを伺ってきました。
どういったきっかけで解体工事を始められましたか?

スタッフ

増田様

先代が昭和44年に増田解体工事を創業しました。私が学生の頃は、人手が足りない時にバイトとしてよく現場に借り出されましたよ。社会人になる時は、あまり解体業を継ぐ意思がなかったので横浜トヨペットで車を売る営業をしていました。しかし先代(父親)が病に倒れたため、これは働いてくれている社員の為にも会社を継ぐしかないと決意、勤めていた横浜トヨペットを退社して必死に努力しましたね。
立ち上げ当初からお仕事は順調でしたか?

スタッフ

増田様

私が後を継いだ時は従業員も食わせなければならないし、会社は借金で大変でしたよ。やはり苦労の連続でした。しかし倒産の危機まで行かなかったのは幸いでしたね。外から見ると解体業は儲かるように見えるけど、中から見ると、色んなものにがんじがらめで儲からない商売ですよ。だけど地道に続けていれば良い事もあって、波はあるけど、今は少しずつだけど右肩上がりという感じです。

経験が長い社長からみて、解体工事の難しさとはどんな所ですか?

スタッフ

増田様

やはり若い働き手の確保、維持、教育、管理がすごく大変で、従業員同士でのコミュニケーションがうまく取れなかったり、給料が多い少ないでのいざこざなんかもあります。そこで若い従業員が辞めてしまうと、社内で高齢化が進む、そこも悩みどころです。何とか若い人材を確保しつつ、育てて定着させる方法を今以上に考えないといけないので、どこの解体業の社長さんも悩みの種だと思いますよ。同様に難しいのは近隣住民への配慮が難しいです。自分達の事は自分達で何とか出来るけど、こっちは完璧に工事していても、感じ方次第でクレームになる。特効薬は無いので、地道にクレーム出さないようにやるしかないです。挨拶回りをしっかり丁寧にやるとか、人と人、話していれば分かり合えると思っています。

スタッフ

増田解体さんの特徴を教えてください。

増田様

町中の近隣住民に配慮した鉄筋鉄骨コンクリート、鉄筋コンクリート構造の5階建てくらいまでの解体が得意です、もちろん木造も出来ます。それなりに重機もダンプも揃えてます。野原の一軒家を壊す訳ではないんだから振動、騒音、粉塵には気を使いながら丁寧な工事を心掛けています。もちろん整地も丁寧に仕上げますよ、終わりよければ全て良しと言うけれど、整地良ければ全て良しですかね(笑)

どの様な企業努力をされていますか?

スタッフ

増田様

処分場はなるべく安い所を選んだり、2回で運ぶところを1回にしたり、色々工夫をして見積もりをしています。あと、その現場に合った工法を選びシュミレーションしながら価格は安く品質は落とさない様にする。それが長年解体工事をやってきたテクニックだと思っています。

スタッフ

日頃、どんな事を心がけて解体されていますか?

増田様

まずは安全第一ですね。2か月に一度全従業員を集め、安全大会を行っています。それに加え毎朝の朝礼、危険な工程は必ず現場で全作業員が声を出して確認する。それから基本な事ですが、騒音、振動、粉塵が出ない工事を心掛けています。近隣住民に対しても丁寧な挨拶、詳細な説明、細心の注意を払って実施していますよ。極力クレームを出さないようにしています。それが出来るのが増田解体なんです。

スタッフ

これから解体をされる方々に、専門家としてアドバイスをお願いします。

増田様

見積もりがあまりにも安い業者は一度疑ってみる方が良いかもしれないです。それから創業年数が少ない業者とか、自社施工でやっていない下請けに任せてる業者は疑う理由の一つですね。その選別として自社の重機、自社のトラックを持っている業者が良いですね。

スタッフ

今後の目標を教えてください。

増田様

目標は現状維持です。これ以上広げたら見切れないです。現状維持が自社のベストです。
今回は神奈川県川崎市で活躍する解体業者さんにお話を伺いました。廃棄物処分場の選び方や現場に合う工法で施工する等、ベテラン業者ならではの企業努力をされていらっしゃいました。
今後も、普段知ることができないような各地域の解体業者さんのお声を発信していきます。