あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【相続の基礎知識】知っておくべき相続の範囲とその順序

相続を行なうときには、誰が、どのくらいの相続をするのかが民法によって決まっています。ここでは相続人の範囲はどこまでなのか、どのような順序で相続するのか、相続人が亡くなっているときに相続権は引き継がれるのか、相続人の組み合わせとその割合について見ていきます。

相続の範囲はどこまで、どのような順序で相続するのか

民法では亡くなった方(被相続人)に遺言がなかった場合、誰がどのような割合で相続するかが決められています。相続する権利のある方が法定相続人、割合にあたるのが法定相続分と言われています。

法定相続人には、次の2種類があります。
・配偶者相続人(亡くなった方の夫、あるいは妻)
法定相続人の中でも配偶者は別格となります。内縁関係を除いて、常に相続人になります。
・血族相続人(亡くなった人方と血のつながりにある相続人)
血族相続人の範囲は、被相続人との関係で次のように分類されます。
①子や孫など(直系卑属)
②親や祖父母など(直系尊属)
③兄弟姉妹や甥姪(傍系血族)

配偶者は常に相続人になりますが、血族相続人は①→②→③の優先順位があります。順位の1番高い血族相続人がいる限り、他の順位の血族は相続人になれません。被相続人に代襲相続人である孫などがいない場合、第2順位の親などの直系尊属が繰り上がって相続人になります。この場合、父方か母方か、実親か養親かの区別はありません。

第3順位の兄弟姉妹は、被相続人に子や孫などがいなく、さらに親や祖父母もいない場合に初めて相続人になります。兄弟姉妹も、両親が同じか母親または父親が同じかで区別はなく、同じ順位となります。

血族とは血のつながりのある親族をいい、通常の親子・兄弟のような「自然血族」のほか、養親と養子のような「法律上の血族」があります。

法定相続人を確認チャート

配偶者がいるか?
↓ YES
子がいるか?
↓ YES
配偶者と子【法定相続人】
配偶者がいるか?
↓ YES
子がいるか?
↓ NO
父・母(もしくは祖父母)がいるか?
↓ YES
配偶者と父・母(もしくは祖父母) 【法定相続人】
配偶者がいるか?
↓ YES
子がいるか?
↓ NO
父・母(もしくは祖父母)がいるか?
↓ NO
兄弟姉妹がいるか?
↓ YES
配偶者と兄弟姉妹 【法定相続人】
配偶者がいるか?
↓ YES
子がいるか?
↓ NO
父・母(もしくは祖父母)がいるか?
↓ NO
兄弟姉妹がいるか?
↓ NO
配偶者 【法定相続人】
配偶者がいるか?
↓ NO
子がいるか?
↓ YES
子【法定相続人】
配偶者がいるか?
↓ NO
子がいるか?
↓ NO
父・母(もしくは祖父母)がいるか?
↓ YES
父・母(もしくは祖父母) 【法定相続人】
配偶者がいるか?
↓ NO
子がいるか?
↓ NO
父・母(もしくは祖父母)がいるか?
↓ NO
兄弟姉妹がいるか?
↓ YES
兄弟姉妹 【法定相続人】
配偶者がいるか?
↓ NO
子がいるか?
↓ NO
父・母(もしくは祖父母)がいるか?
↓ NO
兄弟姉妹がいるか?
↓ NO
法定相続人なし

法定相続人がいない場合には、特別な事情がない限り、遺産は国庫に帰属することになります。

ポイント
・亡くなった人の配偶者はつねに相続する権利を持ちます。
・子や孫 → 父母や祖父母 → 兄弟姉妹や甥・姪の順に相続人になります。
・順位の高い相続人がいる場合、他の順位は相続人になれません。

相続人が亡くなっているとき、その子に相続権が引き継がれるのか

血族相続人の第一順位は、被相続人の子です。しかし、子が先に死亡しているなどのケースもあります。このような場合の相続はどうなるのでしょうか。

第1順位の子がいない場合は、亡くなった相続人の子(被相続人の孫)が第1順位の相続人になります。これを代襲相続といいます。相続人としての子の相続順位を、孫が引き継ぎます。

子も孫も死亡していた場合は、ひ孫がいれば、そのひ孫が相続人(再代襲相続人)になります。直系卑属については、それに該当するものがいる限り、相続権は下へ下へと引き継がれていきます。

子や孫などがいなくて、第2位の直系尊属も死亡している場合はどうなるのでしょうか。こうしたケースでは、第3位の兄弟姉妹が相続人になります。この兄弟姉妹も死亡している時は、その子(被相続人の甥や姪)が代襲相続人となります。

代襲相続とは、本来相続人になるべき人が相続開始前に死亡していたときなどに、その相続人の子や孫が相続人になる制度です。

例えば、子どもがいなくて両親と兄弟も全て他界している佐藤さんが亡くなったとき、財産はすべて妻が相続できるのでしょうか。この場合、佐藤さんの亡くなった兄弟に子(甥や姪)がいれば、妻と甥・姪との間で遺産分割協議の必要があります。

ただし、甥や姪が亡くなっている場合、その子が相続人になることはできません。直径卑属の場合とは異なり、傍系血族では相続権は甥・姪の世代までしか及びません。

相続人が亡くなっているとき、その子に相続権が引き継がれるのかという点については、該当する人がいる限り、下へ下へと引き継がれることになります。

相続人の組み合わせで、相続の割合はどのように違ってくるのか

配偶者のほかにも相続人がいれば、その組み合わせ次第で、配偶者の法定相続分は次のようになります。

・第1順位の血族相続人である子などがいたら2分の1
・子がいなくて、第2順位の血族相続人である親などがいたら3分の2
・子がいなくて、親なども死亡していて、第3順位の血族相続人である兄弟姉妹などがいたら4分の3

具体的な例から見ていきましょう。

【配偶者と子どもが3人いる】
配偶者の相続分・・・2分の1
子ども3人の相続分・・・2分の1 3人の子が2分の1の相続分を均等に分けることになります。結果として、1人当たり6分の1が相続分になります。

【配偶者と両親がいる(孫などはいない)】
配偶者の相続分・・・3分の2
両親の相続分・・・3分の1 両親の相続分は均等に分けるため、それぞれ6分の1が相続分になります。

【配偶者と兄と甥(亡くなった姉の子)がそれぞれ1人いる】
配偶者の相続分・・・4分の3
兄と甥の相続分・・・4分の1 兄と甥は同順位の相続人として、それぞれ8分の1が相続分になります。

ポイント
・配偶者と子が相続する時は2分の1ずつとなる。
・配偶者と両親が相続するとき、配偶者は3分の2となる。
・配偶者と兄弟姉妹が相続するとき、配偶者は4分の3となる。

まとめ

相続の基礎知識について見てきました。相続を行なうときには、誰が、どのくらいの相続をするのかが民法によって決まっています。法定相続人には、配偶者相続人(亡くなった方の夫、あるいは妻)と血族相続人(亡くなった人方と血のつながりにある相続人)の2種類があります。血族相続人には、優先順位が決まっていました。

相続人が亡くなっているときには、相続権は代襲相続といい、子や孫に引き継がれます。子も孫も死亡していた場合は、ひ孫がいれば、そのひ孫が相続人(再代襲相続人)になります。直系卑属については、それに該当するものがいる限り、相続権は下へ下へと引き継がれていきます。

相続人の組み合わせとその割合については、配偶者やほかの相続人がいれば、その組み合わせによって、法定相続分が変わってきます。