東京都稲城市の解体費用と相場

稲城市で解体工事をすると、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

解体費用は、坪単価(建物本体を解体する際にかかる一坪あたりの費用)に建物の坪数を掛けて計算されます。
しかし、この金額は工事の総額ではありません

実際は、建物以外の設備を取り壊す費用など、別途かかる費用があります。
そのため、解体工事を行うと総額でいくらかかるのか分かりづらい状況です。

この記事では、稲城市の坪単価の相場や、実際の解体事例の見積書をご紹介します。
解体工事をする前の費用の目安として、参考にしてみてください。

東京都稲城市の解体費用相場

まず、稲城市で実際に行われた解体工事のデータを元に「坪単価」をご紹介します。
坪単価とは、建物を解体する際にかかる人件費やがれきなどの処分費を含めた一坪あたりの費用です。

稲城市の木造住宅の平均坪単価は約39,000円です。

種類坪単価(実勢価格)費用幅
木造住宅39,038円/坪33,117円~47,667円

また、この坪単価に建物の坪数を掛けると、建物本体を解体する費用を求められます。

坪単価を使って建物本体を解体する費用を計算する方法
坪単価」×「建物の坪数」=「建物本体の解体費用
例:稲城市で30坪の木造住宅を取り壊した場合
坪単価 39,038円 × 建物の広さ 30坪 = 建物本体の解体費用 1,171,140円

しかし、建物を解体するために必要な費用は本体工事費だけではありません
ブロック塀や植木のような、建物以外の設備を取り壊す場合には、付帯工事費が別途発生します。

詳しい説明は、こちらの記事を参考にしてみてください。

アイキャッチ家の解体費用の相場を見積り例にそって徹底解説!

東京都稲城市木造解体工事の見積り例

実際に稲城市で過去に行われた解体工事の見積書をご紹介します。
建物本体の解体費用以外にも様々な費用項目がありますので、これから解体工事をする際の予算の目安にしてください。

木造住宅29坪2階建て

建物の種類/構造木造住宅2階建て
坪数29坪
建物解体費用96万0,400円
総額144万円
品名数量単位単価金額
木造住宅2階建て2933,117960,400
養生費252550138,600
植木・植栽撤去24,5009,000
ブロック塀撤去282,56371,750
土間コンクリート撤去149,250
諸経費106,000円
値引き-1,667円
小計1,333,333円
消費税106,667円
合計金額1,440,000円

木造住宅30坪2階建て

建物の種類/構造木造住宅2階建て
坪数30坪
建物解体費用143万円
総額166万2,120円
品名数量単位単価金額
木造住宅2階建て3047,6671,430,000
ブロック塀撤去89,62577,000
土間コンクリート撤去310,00030,000
植木・植栽撤去21,0002,000
諸経費0円
値引き0円
小計1,539,000円
消費税123,120円
合計金額1,662,120円

木造住宅29坪2階建て

建物の種類/構造木造住宅2階建て
坪数29坪
建物解体費用106万5,000円
総額155万円
品名数量単位単価金額
木造住宅2階建て2936,7241,065,000
養生費180700126,000
ブロック塀撤去323,00996,300
土間コンクリート撤去213,41771,750
門扉撤去14,000
植木・植栽撤去36,00018,000
諸経費60,000円
値引き-5,864円
小計1,435,186円
消費税114,814円
合計金額1,550,000円

木造住宅26坪2階建て

建物の種類/構造木造住宅2階建て
坪数26坪
建物解体費用88万6,250円
総額125万円
品名数量単位単価金額
木造住宅2階建て2634,087886,250
養生費1110,000
諸経費210,000円
値引き-48,843円
小計1,157,407円
消費税92,593円
合計金額1,250,000円

木造住宅26坪2階建て

建物の種類/構造木造住宅2階建て
坪数26坪
建物解体費用113万3,500円
総額140万円
品名数量単位単価金額
木造住宅2階建て2643,5961,133,500
養生費18240072,800
土間コンクリート撤去141,20016,800
ブロック塀撤去43,80015,200
諸経費60,000円
値引き-2,164円
小計1,296,136円
消費税103,864円
合計金額1,400,000円

解体費用を少しでも抑えるためにやるべきこと

解体工事を行うためには、建物本体の解体費用だけでなく、様々な費用がかかることが分かりました。
解体費用を少しでも抑えるためには、取り壊す建物に残っている廃棄物を自分で処分することが重要です。

例えば、自分でも処分しやすい不用品である台所用品や紙・布製品は、業者に処分を依頼することで高額になる可能性が高いです。
自分で捨てられるものは、分別して資源ごみとして処分しましょう。

不用品を少しでも安く処分する方法は、こちらの記事で詳しく説明してあります。
ぜひ参考にしてみてください。

解体工事で不用品を安く処分する方法

東京都稲城市で利用できる補助金制度

他にも解体費用を少しでも抑えるための方法として、補助金制度があります。
稲城市では、ブロック塀を撤去する工事に対して補助金を交付しています。住宅の解体の補助金ではありませんが、解体する敷地内にブロック塀がある方はぜひ利用しましょう。

補助金は、1メートルあたり5,000円で、30メートルが上限となっています。

対象者や、条件など詳しい内容は下記サイトで確認してみてください。

参考 ブロック塀等の撤去について|稲城市ホームページブロック塀等の撤去について|稲城市ホームページ

まとめ

解体工事には、建物を取り壊す費用だけでなく、様々な費用がかかることがわかりました。
それぞれの建物の状況によって総額は大きく違うため、まずは解体業者に見積もりを依頼してみましょう。

こちらの記事では、稲城市のおすすめ解体業者をご紹介していますので、参考にしてみてください。
解体工事の専門家が教える稲城市のおすすめ解体業者5選

また、同じ建物であっても業者によって見積り金額が異なる場合もあります。
そのため、必ず複数の解体業者から見積りを取って比較しましょう。

私たちが運営している解体無料見積ガイドでは、専任スタッフがお客様のご希望にぴったりの解体業者をご紹介します。また、専任のスタッフが工事完了までしっかりサポートいたします。
無料でご利用いただけますので、まずはお気軽にお問い合わせください。