あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

実家を処分する方へ…一軒家の解体費用を安くするには?

一軒家の解体費用相場は「一軒家」といっても、建物の構造にはさまざまなものがあります。経年劣化という言葉があり、建物も長く生活すればするほど劣化していきます。20年・30年と経過した一軒家は老朽化し、安全面でデメリットが発生します。

「建物も古くなってきたし、そろそろ建て替えどきかな…」と感じたときが、一軒家の解体を考えるときなのかもしれません。敷地内には庭やブロック塀、樹木など解体費用に関わる項目がいくつもあります。

安く解体工事を済ませる方法はもちろん、建て替えのポイントについても見ていきましょう。

一軒家の解体費用と相場を把握しておこう


坪単価とは何なのか?これは建物の建築費を延べ床面積で割った1坪当たりの建築費のことを指します。1坪は大体3.3平方メートルです。家の構造ごと(木造・鉄骨・RC)にかかる坪単価は変わってきますので、あくまでも目安の費用だと考えてください。

MEMO
坪単価は建物の床面積1坪(約3.3h㎡)あたりの費用算出法」

家の本体価格÷延床面積(建物の床面積の合計)=坪単価

例えば、本体価格2000万円で延床面積が40坪の家ならば、
2000万円÷40坪=50万円≫という計算式になり、坪単価は50万円になります。

【一軒家の解体の費用相場(全国平均)】
・木造の場合(1坪辺り)20,000円~30,000円
・鉄筋コンクリートの場合(1坪辺り)40,000円~50,000円

付帯工事の内訳

解体工事費用の内訳は以下の金額を目安に参考してください。

重要なのは解体工事にかかる費用に対して、樹木撤去やブロック塀の撤去などの工事費も上乗せされるという点です。そのため、あらかじめ解体工事費用についての内訳を細かく調べておくことが大切なのです。

解体費用が通常より高くなるケース

①鉄筋コンクリート造や鉄骨造で通常想定されるより大きな基礎がつくられていた
②アスベストなど処分が難しい=お金がかかる建材が含まれている
③道路が狭くて重機が入れない
④庭や車庫、離れなど敷地内に壊さないように配慮しなければいけないものがある
なぜ、高くなるの?
地面の下がどうなっているかわからないので、着工後にわかって仕方なく進めるケース
アスベストがスレート瓦にも使われていた為、意外と事例が多い問題
重機で一気に壊すことができず、養生や手壊しになってしまい、時間も手間もかかってしまった

「10日間で終了」は間違い?解体工事の期間とは


実際にリフォームをお願いするときには「3社程度」見積もりをお願いしてください。それぞれの業者を比較して最終的に判断をします。見積もり作業の中で、実際に担当者と会って話を進めていけば、おのずと自分にとって良い業者がコミュニケーションのやり取りでわかるものです。リフォーム業者を探すリストアップ作業は、あくまでもその予備段階にすぎないので、まだまだ気を抜かないでください。

建て替えを前提とした場合の注意事項

注意
建て替え時の「地盤調査」は必須です。建て替えを希望される施主が「必要ないんじゃないの?」と言われることが多い地盤関連工事。特に地盤調査と地盤改良に手を抜いてしまうと後々「基礎」が破損したりする原因となります。

「今まで建ってたんだから大丈夫だろう?」と思われる気持ちはわかりますが、残念ながらそうではありません。現在、地盤調査は事実上義務付けられていて建て替えでも必ず行わなければいけません。
ところが、古い建物では地盤調査が行われないことがあり、過去に地盤改良工事が行われているケースでは、逆に今打たれている杭を撤去しなくてはいけない場合もあります。

業者選定までの時間が意外とかかる!

解体工事にかかる時間は、10日から2週間となっていますが、建物に使われている材料や大きさ、構造によって異なりますので、情報をこまめに把握しておきましょう。一軒家の解体にかかる期間や日数を、一律に「一ヶ月です」と言い切ることもできなので、業者が提示する日数にはその根拠をどんどん聞いてみましょう!

チェックポイント
平均的な30坪程度の大きさの木造住宅であれば、10日程度で解体が終了します。
これより大きかったり、処理に手間がかかる構造や建築材料を使っていると時間がかかることになります。

最低3社から相見積もりをとる

現在では一般住宅の解体は人力で行うことが多くなっています。
廃棄物の処理分別に関する基準が厳しくなっているためで、重機ですべてを一気に解体するという方法が採れなくなっているのです。

ひと手間でこれだけ変わる!一軒家の解体を安くする方法


解体工事を行うにあたり、リフォーム業者はどうやって探せばいいのでしょうか?まず、リフォーム業者を選ぶときの大前提があります。太自宅近くの業者を選ぶという事です

リフォーム業者の探し方、選び方

当たり前のように思われるかもしれませんが、「ネットで見かけた大手」とか「有名なデザイナーさんがいる」等、様々な理由で遠方の業者に頼む方は意外と多いのです。

もちろん、たとえば「防音室を作る」という専門性を問われる工事では、たとえ遠方であっても専門の業者に依頼すべきなのでしょうか?これも一般的なリフォームの範囲であれば地元の業者を選ぶべきです

特殊工事でない限り、遠方の業者を頼むメリットは全くありません。やはり、何かあったときにすぐ対応してもらえる近場の業者に頼むほうがはるかにメリットが高いのです。

さて、実際にリフォーム業者を探す場合には以下のような方法で探す事になります。

実際にリフォーム業者を探す方法
①インターネットのリフォーム検討サイト等で調べる
②インターネットで自力で検索する(リフォーム+地域名、等のキーワードで検索します)
③電車や駅の広告等
④街を歩いている中で見かけるリフォーム業者の看板や広告
⑤街を歩いているときにリフォーム工事を見かけたらそれを観察し会社名などをチェック

ポイントは普段の生活の中でリフォームに関する情報へのアンテナを張り巡らせておくことです。リフォーム業者を探すのは地道な作業ですし、簡単には優良業者を探せるとは限りません。

解体工事はハウスメーカーを経由させない

一軒家の建て替えで費用を節約できる人、意外と知らない中間マージンの抑え方

家財道具を自分で処分する

家の家財道具はどうする?ひと手間プラスで解体費用を切り詰めよう!

まとめ

一軒家の場合、建物の構造で解体費用が変わります。一般的には一軒家の解体費用は鉄筋コンクリートのほうが高くなります。木造と鉄筋コンクリートでは造りの頑強さが違っているからです。解体のときに出てくる産業廃棄物にも差が出るので、撤去費用で差が出ることもあります。まずはお住まいの一軒家がどのような構造になっているのか把握をして費用を解体業者に見積もり出してもらいましょう。

また、解体工事についての金額だけを確認してしまうだけではもったいないです。業者から取った見積もりは、内訳をしっかり確認するようにしてください。費用を抑えられるポイントが隠されている可能性が高いのです。