あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

ジメジメした梅雨の時期……家のイヤな湿気を取る方法は?

アイキャッチ

梅雨の時期、頭を悩ませるのが室内の湿気。

湿気は不快なだけでなく、木材を腐らせ、建物を簡単にダメにします。
また、建物だけでなく、私達の健康を蝕む原因にもなります。

家を守り、快適に過ごす為に、私達に出来ることを見ていきましょう。

1 湿気を放っておくと危険!?家と身体への被害とは

湿気は、放っておくと建物と人体に悪影響を及ぼします。
対策法の前に、まずは湿気の危険性を再確認しておきましょう。

意外と知らない?湿気の知識

私達は、湿気が多いとカビが生えるようなイメージがありますが、そもそも湿気とは何なのでしょうか。

湿気とは?
湿気とは、気体になった水「水蒸気」を指します。
大気には常に水蒸気が含まれており、気温の変化などによって液体として現れます(結露)。

空気中の湿気の度合いを表す単位として、「湿度」があります。
天気予報などでよく耳にしますね。
でも、一体何%からが高いのか、気温と違ってピンと来ない方も多いのではないでしょうか。
厚生労働省の定めた基準では、適正湿度は40%~70%とされています

2 空気環境の調整
(1)空気調和設備を設けている場合の空気環境の基準
オ 相対湿度 40%以上70%以下

引用元:厚生労働省 | 建築物環境衛生管理基準について

つまり、基準を考えると70%を越えたら湿度が高いと言えます。

では、梅雨の湿度はどのくらいなのでしょうか。
以下は、2018年の平均湿度と平均気温を月ごとにまとめた表です。

平均気温 平均湿度
1月 4.7℃ 54%
2月 5.4℃ 56%
3月 11.5℃ 65%
4月 17.0℃ 66%
5月 19.8℃ 71%
6月 22.4℃ 80%
7月 28.3℃ 77%
8月 28.1℃ 77%
9月 22.9℃ 86%
10月 19.1℃ 74%
11月 14.0℃ 72%
12月 8.3℃ 61%

引用:気象庁 | 東京 2018年 (月ごとの値)詳細(気温・蒸気圧・湿度)

気象庁のデータによると、6月から9月にかけては、急激に湿度と気温が上昇している事が分かります。
適正湿度を大きく上回っているので、やはり梅雨の時期からは湿気対策が必要になります。

最大の敵「結露」

冬、寒くなると窓に結露(水滴)が出ることがありますね。
梅雨の時期も同様に結露が発生しやすくなります。

結露
※結露を拭き取る様子
引用:SCジョンソン | 人も住まいも泣かせる結露

結露はなぜ発生する?
結露は、気温が低くなると発生すると思われがちですが、厳密には少し違います。
まず、空気中に含める水分量は、気温が低いほど少なくなります。
例えば、空気を器として考えると、気温が低い時は小さい器になるので、水がすぐに溢れてしまうのです。
容器から溢れた水は、結露として現れます。
しかし梅雨の場合、器は普通サイズなのですが、湿度が高すぎるせいで水が溢れているのです。
結露による被害
1.カビの発生……湿度を上げる事でカビの発生を促します。
2.害虫の発生……湿気が大好きな害虫達の活動を促します。
3.木材の腐敗……木造建築の場合、結露を放置しておくと、柱や壁などを腐らせます。さらに、表面的には見えなくても、木材の内部から腐敗していく事もあります。

結露を放っておくと、当然湿度は高くなります。
そのため、カビや害虫の発生も促してしまうのです。

カビの発生

カビ
※カビの種類を示したイラスト
引用:ダスキン | 正しく知ろう!カビについて

カビが発生しやすい条件
1.湿度が70%以上……カビは湿度20%から発生すると言われますが、最も元気に活動するのは70%以上です。梅雨の殆どの日は湿度が70%を越えます。
2.気温が20~30℃……梅雨にカビが繁殖しやすいのは「適度な気温」も一因です。30℃を超える真夏日になると暑すぎて、繁殖スピードは比較的落ちます。
3.栄養が豊富な場所……カビにとっての栄養とは「ホコリ・人間の汗や垢・プラスチック」などです。カビは、特殊な分解酵素を持っており、栄養になり得ないものを自力で栄養源にする力があります。
カビによる被害
1.感染症……カビが影響する感染症の代表は「水虫」です。ほとんどの場合は足に発生します。
2.アレルギー疾患……カビの胞子により、鼻炎や喘息を引き起こす恐れもあります。
3.カビ中毒……カビが食材にも侵食していた場合、食中毒を引き起こす恐れがあります。

害虫の発生

シロアリ
※ヤマトシロアリとイエシロアリ

引用:アース製薬 | シロアリを知る

主に発生する害虫の種類
ダニ……ダニは高湿度、高温度を好み、梅雨の時期に最も元気に活動します。
ヤスデ……ムカデに良く似ていますが、毒性はありません。しかし、長い雨の後に大量発生し、家の周囲に落ち葉や廃材が多いと狙われやすくなります。
チャタテムシ……マイナーな名前ながら、湿気とカビが大好きなので実は梅雨時に良く見かけている虫。毒性や攻撃性はありません。
シロアリ……一年中活動をしていますが、湿気が大好きなので6~7月にかけて最も活発になります。シロアリは木材を食べて栄養を摂ります。
害虫による被害
ダニ……種類によって被害は分かれますが、ダニの死骸がアレルギー疾患を引き起こしたり、噛まれる事で皮膚病になる恐れがあります。
チャタテムシ……虫自体に有害性はありませんが、ダニの餌になります。なので、放っておくと結果的にダニが大量発生します。
シロアリ……木材を食べることで、家の建築材がボロボロになります。家の強度が下がり、最悪の場合倒壊に至ります。

2 イヤなジメジメ、どうにかしたい!おすすめの対策法を紹介!

まずは、結露を発生させない為に、徹底的に湿気を取り除く事が先決です。
では、湿気を取り除く為にはどうすれば良いのでしょうか。

次は、手頃に出来る対策法を紹介していきます。

手軽に出来る対策3選

まずは、今すぐにでも出来る方法を3つ紹介します。

換気

一番手軽かつ有効な手段です。
まずは、室内の湿気た空気を外に追い出しましょう。
換気の際に大事なのは、空気の流れを作る事です。
窓を開ける際、扇風機や換気扇を併用するとより効果的に換気が行えます。

また、雨の日は窓を開けづらいと思いますが、家の中に雨が入ってくるほどの豪雨で無ければ、基本的には換気を行いましょう。
雨の日であっても、外の湿度より室内の湿度の方が高いので、充分に効果があります。

エアコン(除湿機能)

エアコンが設置されている部屋では、除湿機能もおすすめです。
一日中つけている訳にはいきませんが、確実に湿度を下げてくれる点では、有効な手段です。

また、エアコンの除湿機能には主に「再熱除湿」と「弱冷房除湿」の2つがあります。

再熱除湿 部屋の温度は下がらないが、電気代が高額。
弱冷房除湿 いわゆるドライ。部屋の温度は下がるが、電気代は比較的安価。

部屋を寒くしたくない方は、室温を下げない再熱除湿がおすすめですが、電気代は弱冷房除湿の2倍~3倍ほどかかります。

室内の扉を開けておく

室内の空気を留めておかない事も重要です。
部屋や廊下の扉はもちろん、「キッチン・シンク・押入れ」の扉も定期的に開けておきましょう。

水場もあり、火気もあるキッチンの中でも、特に湿気が籠もるのはシンク下です。
シンク下に食料品を入れている家庭もありますが、大変危険です。

シンク下の湿気を防ぐためには、物を出来るだけ詰め込まず、定期的に扉を開けて換気をするのが大切です。

効果アリ!おすすめ除湿アイテム

それでは今度は、手軽に手に入って効果の高いおすすめ除湿アイテムを紹介します。
除湿アイテムを置くことで、より効率的に湿気を取り除けます。

重曹

重曹 

引用:Amazon | 国産重曹5kg NICHIGA

料理にも使われる重曹ですが、重曹には除湿・消臭効果があります。
お皿や瓶などに入れて、クローゼットや靴箱に入れておくだけで効果が出ます。

また、リビングなどにおく時は、容器にガーゼを被せて輪ゴムなどで止めておくと、簡易除湿機になります。

安いものは300円程度で購入できるので、是非お試しください。

木炭

炭

引用:Amazon | よっか 竹炭 食用

木炭にも、除湿・消臭効果があります。
炭には無数の小さい穴が空いており、湿気や臭いを吸い取ってくれるのです。

目につく場所に置きたい時は、籠に入れておくだけでインテリアとしても活用出来ます。

また、炭は洗って乾燥させれば繰り返し使うことが出来ます。

除湿剤

除湿剤

引用:Amazon | エステー 備長炭ドライペット

除湿剤の中に入っている粒は「塩化カルシウム」です。
塩化カルシウムは、空気中の水分を吸収して溶かす性質を持っており、殆どの除湿剤で採用されています。

手に入れやすさ、手軽さ共に高い除湿グッズです。
比較的安価で手に入り、開封をするだけですぐ使えるのがメリットです。

溜まっている液体は水のようにも見えますが、塩化カルシウムが液化したものなので、再利用せずに溜まったらちゃんと捨てましょう。

3 あなたの空き家は大丈夫?住んでいないからこそ湿気対策を!

普段私達が生活している家は、湿気対策が出来ますが、空き家を持っている場合はどうでしょう。
空き家も同じく梅雨を迎えるのに、換気すらしなかったら大変な被害に遭うのは容易に想像できます。

では、空き家の湿度管理はどうすれば良いのか。一緒に見ていきましょう。

とにかく換気を!

空き家は人が住んでいない為に、空気の流れが極端に悪くなります。
そして、湿気た空気が全く循環せずに湿度が上がり続けるのです。

そのため、空き家ではしっかり換気をして、留まった空気を循環させなくてはいけません。
換気の際、ただ入り口を開けておくのではなく、家のあらゆる扉をあけておいたり、扇風機を使って循環を助ける事で、より効率的になります。

しかし、空き家の換気は、なにも梅雨に限った話ではありません

実は、空き家を管理するためには換気を始めとした「3大メンテナンス」を「定期的に」行う必要があるのです。

梅雨だけじゃない!3大メンテナンスとは

空き家を管理する場合は、梅雨に限らず定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

空き家のメンテナンスとは?
空き家を放置すると、設備の劣化や害虫被害に蝕まれるため、衛生環境が劇的に悪化します。
そのため、定期的に空き家に訪れ、掃除や設備の確認をしなくてはなりません。
頻度としては、1ヶ月に1回以上が理想です。

そして、必ずやるべきメンテナンス内容を3大メンテナンスと言います。

空き家の3大メンテナンス
換気 ただ家の扉を開けるのではなく、押入れやクローゼットなど、湿気が溜まりやすい場所もしっかり換気をしましょう。
通水 水道管は、あまりに使わないと錆びてしまいます。また、錆によって水道管が破裂する恐れもあるので、メンテナンスの際は必ず水道から水を流しましょう。
掃除 室内の掃き掃除はもちろん、庭の手入れも重要です。雑草が生い茂っている状態では、害虫の住み家になってしまいますし、近隣にまで迷惑がかかってしまいます。

その他にも、既に害虫被害がある場合は駆除をしなくてはいけませんし、雨漏りなどの欠陥がある場合は補修が必要です。
誰も住んでいないからと、管理が軽視されがちな空き家ですが、維持をするなら適切な管理が必要不可欠なのです。

「定期的にメンテナンスをしないといけないなんて……」と驚いた方もいると思います。
ですが、実はまだ「空き家管理」としては序の口です。

空き家を管理したい場合、メンテナンス以外にも知っておくべき知識はまだまだあります。
下記の記事では、メンテナンスの話にも触れつつ、空き家管理についてさらに詳しく記載していますので、是非参考にしてみてください。

空き家空き家を放置すると税金が上がる理由とは?「空き家対策特別措置法」について解説 お金がかかる空き家の維持費用は高額!あなたが出来る最善の選択とは

4 まとめ

梅雨の時期、上がりに上がった湿度を放っておくと、建物にも人体にも悪影響が及びます。
しかし、除湿方法は決して難しいものではありません。

まずは窓を開けて、内に籠もった空気を外に出すことから始めましょう。
湿気を徹底的に取り除き、快適な梅雨ライフをお過ごしください。