50坪の家の解体費用を実例を使って解説!節約ポイントも併せて紹介

50坪の家を解体。費用の目安は?

解体費用の目安を知りたいときは、単にすべての解体工事から割り出した平均費用をもとに算出すべきではありません。
50坪の木造家屋を取り壊すのなら、50坪前後の木造家屋を解体した過去の実例に絞ってデータを算出する必要があります。

その理由は、解体費用は坪数が大きくなるほど、1坪あたりの単価が安くなる傾向があるからです。

あんしん解体業者認定協会は、過去に行われた解体工事における見積書データを多数保有しています。
そこで、本記事では当協会が保有する見積書データをベースに算出した、50坪の家における解体費用の目安について紹介いたします。
解体業者さんの見積金額をチェックするときなどに、参考にしてみてください。

なお、解体費用を安く抑えるためのポイントについても、併せて紹介いたします。

50坪の家の解体費用は目安で175万円以上

建物における構造の種類には、木造・鉄骨造・RC造などがあります。

上記の構造の違いによって、目安となる解体費用は異なります。
解体業者さんが用いる重機や工法などが、構造の違いによって変わるためです。

そこで、まずは構造別に50坪の家の解体費用と坪単価を算出します。

坪単価とは1坪あたりにかかる解体費用
坪単価 = 解体費用 ÷ 解体する家の坪数

50坪の家における構造別の解体費用と坪単価は、以下の通りです。

○50坪の家における構造別の解体費用(全国平均)

木造鉄骨造RC造
解体費用175万~200万円275万~300万円400万~500万円
坪単価35,000~40,000円/坪55,000~60,000円/坪80,000~100,000円/坪

上表より、50坪の家の解体費用は目安で175万円以上がかかると分かります。

上表の解体費用と坪単価は養生費を含む
上記の解体費用と坪単価は、養生費を含めて算出しました。
養生費は、ほとんどの解体工事において発生するためです。
なお、養生費とは解体現場を取り囲む養生シートを設置・撤去する際にかかる費用のことを指します。
養生シートには、解体工事に伴って生じる騒音・振動・ホコリの飛散を軽減し、近隣住民の生活に対する影響を抑える効果があります。

なお、上表の金額について構造別に比較すると、RC造と鉄骨造は木造よりも金額が高くなっています。
RC造と鉄骨造は、建物の強度が高くて取り壊すのに手間がかかるためです。
そのため、工期が長引いて人件費がかさみやすく、木造より解体費用が高額になる傾向があります。

実例として、東京23区外で行われた2つの工事を見比べてみると、木造の方が鉄骨造より坪単価が安いことが分かります。

A邸B邸
構造木造住宅2階建て鉄骨住宅2階建て
地域東京都国分寺市東京都三鷹市
坪数54坪53坪
坪単価25,000円/坪29,113円/坪
建物解体費用1,350,000円1,543,000円

なお、解体費用の相場は地域によっても差が生じます。
以下のページでは、地域別に解体費用をまとめています。どうぞ、参考にしてください。

解体工事にかかる総額には付帯工事費も含まれる

すでに紹介した構造別の解体費用は、家そのものを取り壊すのに必要な金額を表します。

ところが、実際に解体業者さんに見積りしてもらうと、見積金額の総額は上記の坪単価で算出した金額よりも高くなるのが一般的です。
ブロック塀の撤去といった付帯工事が、建物解体に伴って発生するためです。

そこで、次は見積書の内訳について紹介します。

以下に、過去の解体工事における見積りデータを用意しました。

○約50坪の家の解体工事で発行された見積り例

解体工事が行われた場所神奈川県大和市
構造木造住宅2階建て47坪
建物解体費用1,363,000円
解体工事費の総額(税別)1,850,000円
品名数量単位単価金額
養生費230800円184,000円
重機回送費225,000円50,000円
建物解体(廃材処分含む)4729,000円1,363,000円
バルコニー撤去処分1ヶ所20,000円
カーポート撤去処分1ヶ所10,000円
樹木伐採・伐根160,000円
土間コンクリート402,500円100,000円
門扉・門そで・アプローチ解体撤去処分180,000円
値引き-17,000円
合計1,850,000円

本記事の冒頭で紹介した坪単価と比較してみましょう。

まずは条件をそろえるため、上表の内訳にある「建物解体費用」に「養生費」を足します。

養生費を含む解体費用
= 建物解体費用 + 養生費
= 1,363,000円 + 184,000円
= 1,547,000円

次に、算出した「養生費を含む解体費用」を、建物の坪数で割ります。

坪単価
=養生費を含む解体費用 ÷ 坪数
= 1,547,000円 ÷ 47坪
約32,915円/坪

すでにデータで示した通り、50坪の木造家屋の坪単価は目安で35,000~40,000円/坪です。
見積りデータの坪単価は約32,915円/坪なので、比較すると見積金額は割安だと判断できます。

ところが、見積りデータの「解体工事費の総額」は1,850,000円です。
上記「養生費を含む解体費用」の1,547,000円と比べると、約30万円も高くなっています。

解体工事費の総額 - 養生費を含む解体費用
=1,850,000円 - 1,547,000円
303,000円

上記の差額、「303,000円」は付帯工事費にあたります。
つまり、紹介した見積りデータにおいては、付帯工事費が「解体工事費の総額」全体の16%以上を占めているのです。

したがって、解体工事費の総額を知りたい場合は、付帯工事費まで漏れなく計算に入れる必要があります。
本記事冒頭の坪単価を使って算出した金額と、解体業者さんの見積金額との間には、付帯工事費の分だけ差が生じるので注意してください。

塀やカーポートの解体が付帯工事費として加算される

付帯工事の具体例を示すと、敷地に残った設備の撤去作業などです。
つまり、撤去物が多ければ多いほど、それだけ付帯工事費は高くなります。

付帯工事として代表的なものは、塀やカーポートの撤去などです。

解体工事における主な付帯工事は、以下の通りです。

費用の目安備考
養生シート600~1,000円/㎡設置・撤去費用含む
カーポート20,000円広さ車1台分のケース
ブロック塀2,500円/㎡ブロック塀1面で目安5万~8万円
土間コンクリート2,500円/㎡目安3万~5万円
門扉10,000~50,000円門1対を撤去するケース
井戸100,000円埋め戻し含む、お祓い含まず
樹木10,000円/立方メートル
庭石15,000~40,000円/t石の種類で異なる
アスベスト20,000~40,000円/立方メートル検査費用が別途の場合あり

50坪の家の場合、敷地に庭があるケースは少なくありません。
そのため、撤去する樹木や庭石が多くなり、撤去・運搬・処分費が高額になる傾向があります。

お庭の解体費用はどれくらい?庭石・庭木などの撤去費用の目安は?
アスベストは人体に有害な物質
アスベストは、低価格かつ高性能な素材として使われてきました。
しかし、のちに肺がんを引き起こすなど人体に有害な物質であると判明し、2012年に製造・使用が全面的に禁止されました。
現在でも建物の壁材や屋根材などに残っており、解体において適切な処理が法律によって義務付けられています。
家 調査解体工事のアスベスト調査、なぜ行う?詳しい手続きの方法も解説

廃材や残置物の量が多くなるほど処分費用は増える

建物解体と付帯工事では多量の廃材が生じます。
加えて、敷地内に残っている家財やゴミといった残置物があれば、撤去しなければなりません。

そのため、撤去物の運搬と処分には、多くの人手やトラックが必要となります。
それに伴って発生する費用が、運搬費と処分費です。

運搬費と処分費は、解体業者さんの間で金額差があります。
撤去物を持ち込む処分場は、解体業者さんによって異なるからです。

ちなみに、使う処分場によって運搬費と処分費は左右されます。

運搬費⇒廃材処理場の場所が解体現場から距離が遠いほど高額になる
処分費⇒廃材処理場の定める廃材受け入れ金額が高いほど高額になる

ただし、使用する処分場は解体業者さんが決めます。
解体工事の依頼者が、自分で処分場を指定することはできません。

したがって、一般的には運搬費と処分費は撤去物の量に比例するといえます。

立地条件は解体費用の金額に影響する

家屋の密集した住宅街など、立地によっては重機のみで解体するのが難しい場合があります。
また、道路が狭くて、そもそも重機を搬入できないケースも考えられます。

重機を使った解体が不可能なときは、手壊し解体を行います。
手壊し解体とは、解体業者さんが手作業で建物を取り壊す工法を指します。

ただし、手壊し解体は重機で解体するよりも工期がかかります。
そのため、手壊し解体が必要になると、解体費用が高くなりやすいので要注意です。

なお、手壊し解体が必要になるかどうかは、解体業者さんによって異なります。
所持している重機の種類や重機オペレーターの操作技術に差があるからです。

2階建てでも平屋より坪単価が安くなるケースもある

同じ坪数の2階建てと平屋をそれぞれ解体した場合、2階建ての方が解体費用が安くすむこともあります。
2階建ての方が屋根や基礎の面積が狭い分、撤去する屋根瓦や土間コンクリートといった廃材が少ないからです。

○屋根や基礎の面積
50坪の平屋の場合⇒50坪以上
50坪の2階建ての場合⇒25坪以上50坪未満
⇒2階建ての方が、屋根や基礎の面積は狭い

一般的には、高い建物ほど解体費用は高額になる傾向があります。
ただ、2階建てと平屋を比べた場合は、廃材の運搬費・処分費の差により、2階建ての方が解体費用が安くなるケースもあるのです。

解体工事にかかる費用を抑えるポイント

解体費用を安く抑えるためには、いくつか知っておきたいポイントがあります。
解体工事を始めてしまうと実行できなくなるものもあるため、事前に確認しておいてください。

複数の解体業者から見積りをとって比較する

解体工事の見積書を複数の解体業者さんから取得すると、解体費用を安く抑えられる場合があります。
解体業者さんと解体現場の組み合わせしだいで、解体費用は変化するからです。

解体業者さんごとに、所有する重機や使用する処分場は異なります。
加えて、若い職人さんが多く所属している解体業者さんなら、手壊し解体を得意としている場合があります。
そのため、解体業者さんと解体現場との相性が良いほど、見積金額は安くなる傾向があります。

ただし、相性の良し悪しは、解体業者さんが解体現場を直接確認するまでははっきりしません。
それだけに、複数の解体業者さんに見積りを依頼する方法には意味があります。

見積金額が極端に安い場合は、理由を確認する
解体業者さんから極端に安い見積金額を提示された場合は、注意してください。
過去に、廃材を不法投棄して処分費用を抑えようとしたケースがあったためです。
見積金額が極端に安い場合は、解体業者さんに安くできる理由を確認してみましょう。

なお、複数の解体業者さんの見積りを比較できるサービスを利用するのもお勧めです。
あんしん解体業者認定協会では、当協会の独自の基準をクリアした解体業者さんのみを紹介しています。

依頼主自身で対応できることを先に済ませておく

解体費用は、ご自身の工夫しだいで安く抑えることも可能です。
そこで、出費を抑えるために、特に確認しておくべきポイントについて紹介いたします。

残置物を自分で処分しておく

敷地内に残置物が残っていれば、解体業者さんに撤去をお願いしなければなりません。
残置物の撤去にも、廃材の撤去と同じように運搬費と処分費がかかります。

よって、運搬費と処分費を安く抑えるためには、撤去物そのものを減らす必要があります。

そこでポイントとなるのが残置物です。
残置物なら、廃材とは異なり自分で処分できるからです。

また、自分で残置物を処分すると、残置物の取り扱い自体が以下のように変わります。

○解体業者が処分した場合
⇒残置物は産業廃棄物として扱われる
○個人が処分した場合
⇒残置物は一般廃棄物として扱われる

一般廃棄物は、産業廃棄物より処分費が低く設定されています。
そのため、残置物を自分で処分すると、解体業者さんに任せた場合より処分費そのものが安くなるのです。

なお、粗大ごみについては、行政に連絡して回収を依頼するのが一般的です。
回収にかかる料金は自治体ごとに異なるので、該当する自治体の公式サイトなどを確認してみてください。

節約家の家財道具はどうする?ひと手間プラスで解体費用を切り詰めよう!

建物滅失登記の手続きを自分で行う

解体が終わったあとには、必ず建物滅失登記を行います。
建て替えや土地売却をするためには、建物滅失登記の完了が不可欠です。

建物滅失登記は自分で行う方法と、法律で定められた専門家に代行を依頼する方法があります。

代行を依頼した場合は、おおむね4~5万円がかかります。
そのため、自分で手続きを行えば、代行にかかる4~5万円の出費を抑えることができます。

解体工事の滅失登記建物滅失登記を行うときに失敗しないためのQ&A

解体工事に対して支給される補助金を調べてみる

解体工事を行う前なら、補助金の交付を申請できる自治体もあります。
申請可能な条件は、自治体ごと、または対象制度ごとに異なります。

空き家を対象とする解体補助金の場合なら、主な申請条件は以下の通りです。

  • 空き家が1年以上住居として使用されていない
  • 空き家が個人の所有
  • 空き家に抵当権などの所有権以外の権利が設定されていない
  • 空き家が自治体から危険な空き家と認定された
  • 申請者が市区町村税を滞納していない
  • 空き家の全部を解体する

自治体が設けた条件を満たした場合、建物本体の解体費用と運搬費・処分費のうち、一定の金額について補助されます。

ただし、補助金制度がある自治体であっても、申請できる期間は限られています。
各年度の4月~5月に受付が開始され、予算の上限額に達した時点で受付が打ち切られるケースが一般的です。

詳しくは、解体予定の家がある地域の自治体の公式サイト等でご確認ください。

なお、以下は「広島県尾道市の空き家解体補助金制度」について解説した記事です。
全国の自治体で多く見られる内容なので、参考にしてみてください。

【広島県尾道市】空き家を解体する方に、補助金最大60万円

まとめ

50坪の家の解体費用は、目安で175万円以上です。
上記金額に付帯工事費などを加えた金額が、解体にかかる費用の総額となります。

出費を抑える方法としては、残置物を自分で処分する、補助金制度を利用するといったことが考えられます。
解体工事を実際に行うか検討している段階でも、先に済ませておけることはあります。

また、解体費用は解体業者さんや立地条件などによって変動します。
そのため、複数社から見積書を取得する方法が有効です。

なお、あんしん解体業者認定協会では、同協会が優良認定した解体業者さんのみを複数社紹介しています。
どうぞ、お気軽にご相談ください。


解体無料見積ガイド