あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事で不用品を安く処分する方法

解体工事前に行う不用品処分は、大きな家電や家具もあって大変な作業ですよね。どこまで自分で不用品を処分して、どんな物は解体業者に処分を任せるか疑問を持つ方も多くいらっしゃいます。

また、解体工事にお金がかかるので、不用品の処分は少しでも安く済ませたい所です。安く安全に不用品を処分する為には、ご自身で処分をする不用品と、安心できる業者に処分を任せる不用品を見分けることが大切です。

今回は解体工事で安く不用品を処分するポイントと、不用品処分の方法について詳しくご紹介します。

自分で捨てて節約できる不用品

huyouhinn2
解体工事における不用品の処分費用を安く抑えるポイントは、自分で処分した方が得な不用品と、解体業者に依頼した方が安くすむ不用品を見分けることです。

まずは自分で処分した方が安くすむ不用品は何か、どのような手順で処分をするかに関して見ていきましょう。

紙や布は自分で処分

不用品の中でも台所用品や紙・布製品は解体業者や回収業者に依頼すると高額になる可能性が高い不用品です。例えば布製品は、業者に処分を依頼すると10倍近くかかる事もあります。

処分もし易く軽いので、解体工事が始まる前に洗剤等の台所用品や紙・布製品は、分別して資源ごみとして処分しましょう。

 

粗大ごみは自治体で回収

解体工事前に不用品の整理をしていると、電子レンジなどの小型家電や布団や家具などの生活用品の処分が必要になります。生活用品や小型家電等の粗大ゴミは、自治体にて有料で回収しています。

粗大ごみは各市区町村の粗大ごみ受付センターで回収を行っています。解体業者にお願いするよりも安く回収出来る物が多いので、お得に処理ができます。電話かインターネットで申し込みが可能です。

解体工事が始まる前に処分出来るよう、粗大ごみの出し方を確認しましょう。

 

粗大ゴミの出し方

hiyohinn10
粗大ゴミの回収を頼むのは少し面倒ですが、手順がわかれば意外と簡単です。ここでは、杉並区で布団の不用品回収を頼む場合の手順をご紹介しますので、参考にして下さい。

①申し込みをする
電話かインターネットで粗大ゴミの回収申し込みをします。申し込みの際に、粗大ゴミの回収日時と料金の確認をします。こちらのサイトで東京都の粗大ゴミの手数料の確認やインターネットでの申込みが出来ます。

東京都:粗大ごみ受付センター

sodaigomi8

②処理券を購入する
粗大ゴミの処理券を購入します。各市区町村の「粗大ごみ処理券取扱所」で購入が可能です。処理券にはA券200円、B券300円 の2種類あるので、料金に合わせて購入します。

杉並区はコンビニでも購入が可能です。布団は300円なのでB券を1枚購入します。処理券に名前か受付番号(申し込みの際発行)と、収集予定日を記入します。

 
sodaigomi11
③ゴミを出す
粗大ゴミ1点ごとにわかり易い場所に粗大ゴミ処理券を貼り、朝8時までに指定の場所に出します。収集に立ち会う必要はありません。

お住いの地域によって粗大ゴミの申し込み方法は異なるので、各役所のホームページ等をご確認して申し込みをしましょう。
 

リサイクル家電とパソコンの処分方法

267116

不用品の中でも、リサイクル家電とパソコンは粗大ごみとして回収ができません。また、家電製品は解体工事で排出される産業廃棄物とは処分方法が異なるため、解体工事前にエアコン等の取り外しと処分を行います。

粗大ゴミとして回収ができないリサイクル家電とパソコンの、それぞれの処分方法を見ていきましょう。

 

リサイクル家電の処分方法

家電リサイクル法という法律でエアコン・テレビ・冷蔵冷凍庫・洗濯機の4品目は粗大ゴミではなく、リサイクルの対象品目です。

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機に関しては、製品を購入した家電小売店に問い合わせをするか、家電小売店がわからない場合は家電リサイクル受付センターに電話をして回収を依頼します。

 

家電リサイクル受付センターへ回収を頼む

東京都23区にお住いの場合は、家電リサイクル受付センターへリサイクル家電の回収依頼が可能です。家電リサイクルセンターとは、東京23 区家電リサイクル事業協同組合が行っている、エアコン・テレビ・冷蔵冷凍庫・洗濯機の収集依頼を受けつけている組合です。

東京都の家電リサイクルセンターの問い合わせは下記の通りです。依頼する際は品目やメーカー名等が分かるようにしておきましょう。また冷蔵庫等の中身を確認して、食品やゴミなど内容物が無い状態にしておきます。

東京都環境公社:家電リサイクル受付センター

TEL:03-5296-7200
受付日:月曜日から土曜日(祝祭日を含む)午前8時から午後5時まで

料金は機種や大きさによって異なりますが、目安としてエアコンは1,500円~2,500円前後、テレビは2,000円~4,000円前後、冷蔵庫は4,000円~6,000円前後、洗濯機は2,500円~3,500円前後+収集・運搬料金で回収をしています。

家電の引き取り場所へ持っていく

手間ですが指定引取場所へ持参するのが、収集・運搬費用がかからずリサイクル料金のみで、安くリサイクル家電の廃棄が出来る方法です。但し、引き取り場所は限定されている為、予めホームページで場所や営業時間等をご確認下さい。

家電リサイクル券センター:引き取り場所一覧

リサイクル家電を持って行く場合は、事前に「料金郵便局振込方式」で料金を支払い、家電リサイクル券を廃棄する家電と一緒に持っていきます。料金の支払い方法に関しては下記の料金郵便局振込方式をご参考下さい。

料金郵便局振込方式
①家電内に異物(カンや瓶・衣類など)があると回収ができないため、すべて異物を取り除く

②郵便局にある「家電リサイクル券システム郵便局手続き用リサイクル料金表」でリサイクル料金と製造業者等名コードを確認

③郵便局にある「料金郵便局振込み方式」で品目や料金区分コードを確認し、振替支払い書・家電リサイクル券に記入

④ATMか郵便局窓口でリサイクル料金の支払いをし、家電リサイクル券を受け取る

 

家電量販店に回収を頼む

家電を購入したお店が分かっている場合や新しくリサイクル家電を購入する場合は、扱いのある家電量販店では回収を依頼することが出来ます。ヤマダ電機・エディオン・ケーズデンキ・ヨドバシカメラ・ビックカメラ・コジマ等の家電量販店などは、リサイクル家電を有料で回収しています。回収を依頼する場合は、お店ごとに決まった品目のリサイクル料金と運搬手数料が発生します。

例えばケーズデンキでは、テレビ16型以上をリサイクル料金2,700円(メーカーによって異なる)+収集運搬料金1,000円~で家電リサイクルの引き取りを行っています。
(※2017年6月現在)

家電量販店ごと又は年度等によって引き取り価格は異なりますので、回収の有無や料金に関しては事前にHPで確認をお願いします。

パソコンの処分方法

huyouhinn41
パソコンは、粗大ゴミでもリサイクル家電としても回収ができません。パソコンは各メーカーか一部の家電量販店で回収をしています。メーカーへの回収は「パソコン3R推進協会」という社団法人のホームページからだと、どのメーカーのパソコンも回収申し込みができるので便利です。

3R推進協会:パソコンの回収・リサイクルに関して

パソコン3R推進協会のHPから申し込みをして、各メーカーから送られてくるエコゆうパック伝票に入れて送付します。PCリサイクルマークというマークがついていないパソコンは、回収再資源化料金を支払います。

メーカー回収の他にも、平成25年から「小型家電リサイクル法」という法律が施行され、エディオン・ケーズデンキ等の一部の家電量販店でもパソコンの回収を行っています。

解体業者に依頼する不用品

huyouhinnsyobunn1

資源ごみ・粗大ゴミ・リサイクル家電で処理できない不用品の多くは、解体工事の業者に処分をお願いできます。特に大型でご自身での持ち運びが難しい不用品は、現地調査のときに解体業者の方にどの位で処分できるか聞いておきましょう。

要注意!見積もりとの大きな相違

家の解体時の不用品処理費用が高すぎるような気がします…。

2ヶ月前に実家(26坪程)を解体する際、家の不用品搬出、処分を不動産を通して業者に頼みました。当初2トン車1回(作業は一人の予定)の予定でしたが、量が多かったので急遽当日2トン車2回(作業は3人)になってしまいました。

最初(2トン車1回時)費用的には7~8万と言っていたのですが、先日不動産屋から20万弱の請求書がきて驚きました。もちろん急遽人も車も増えたので費用が高くなるのは分かってましたが、これほどまでとは…。請求書の工事費用の内訳は1項目だけで何にいくらかかったとかは分かりません。これは妥当な金額なのでしょうか?

引用:Yahoo!知恵袋

実際に解体工事の不用品を解体業者や回収業者に依頼して、見積もりより高額な請求がきてしまうケースもあります。不当に高額な処分費用を請求してくる解体業者も存在しますし、業者が処分することで個人が処分するよりも高額な処分費用が掛かった場合もあります。

請求時に困ることの無いように、現地調査で立会いをして処分費用の明確な見積もりを出してもらいましょう。

木製家具や金属製品は解体業者に依頼

不用品の中でも木製家具・プラスティック・金属製品はスクラップ業者に直接依頼するケースがある為、解体業者に処分してもらった方が安くすむ場合が多い不用品です。木製の大物家具に関しては無料で引き取ってくれることもあります。

費用トラブルを避けるため解体業者に処分をお願いする際は、不用品の処分はトラック1台分で幾らかという見積もりを算出して貰いましょう。目安として、4tトラック1台分(約4人家族の荷物量)で8万~10万円位です。

適切な業者の見分け方

huyouhinn4
不用品の回収業者には『無料買い取り』『高額買い取り』といった魅力的な言葉で騙し、後から高額な費用を請求する業者も存在します。

解体工事で排出された不用品を処分するのではなく、不法放棄を行いトラブルになることも。もし悪徳業者に不用品回収を頼んでしまって、業者が不法投棄をした場合、依頼をした側が責任を問われる可能性もあります。

不用品を運ぶには『一般廃棄物収集運搬業務許可』という許可が必要です。また、不用品の買い取りには『古物商許可』という免許がいるので、不用品を回収するには両方の許可書が必要です。

トラブルを避けるために、業者に依頼する際は『一般廃棄物収集運搬業務許可』だけではなく『古物商許可』の提示を求めるか、役所へ適正業者かの確認を行いましょう。

まとめ

解体工事の際に出る不用品の処分費用を、適切に安く抑える方法についてご紹介しました。業者にすべて任せると高額になるため、自治体や家電量販店の回収も利用しましょう。

粗大ごみは自治体での回収を、リサイクル家電とパソコンは家電量販店や専門の社団法人等で回収の依頼ができるとご紹介しました。

自治体の場合、指定された日時に回収に来るため工事の前に処分が終えるよう、前もって計画することが大切です。少しでも不用品の処分費用を安く抑えるためにも、不用品を選別して処分する事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。