あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事をハウスメーカーに頼むことのメリットとデメリット

解体工事のハウスメーカー

今ある家を解体して、新しいマイホームをつくる。たくさんの幸せを運んできてくれそうで、考えただけでもウキウキしてしまいます。
でも、その前に現存する家の解体、どうしますか。

解体から新築まで一括でハウスメーカーさんに依頼すれば、自分で解体業者を手配する手間が省けて楽ですよね。

しかし、費用に関して言うと、自分で解体業者に直接依頼した方が断然安く済むケースが多いです。

今回の記事では上記のメリット・デメリットをそれぞれご説明しますので、お悩みの方はぜひ参考になさってください。

自宅の建て替え

ハウスメーカーに頼むとなぜ解体工事費は高いのか

ハウスメーカーに頼むとなぜ解体費用が高いのか、どれくらい高いのか考えてみます。

まずは、自宅の建て替えに関しての具体的な例を見てみましょう。

今回、自宅の建て替えをします。
そこで建築する住宅メーカーに概算見積りを取ったところ250万円との金額が提示されましたが、金額が高いので同じ住宅メーカーが解体屋さんを連れてきて、自宅を見てもらい再見積りをお願いしたところ160万円と、だいぶ金額的に落ち着きました。しかし壊すものに160万円も払うのはもったいないので、できればどこか別の解体業者で見積りを取りたいと考えています。

引用:教えてgoo

このケースでは、施主がハウスメーカーの下請けの解体業者に提示された250万円の解体費用を高いと感じ、もっと費用を抑えられないか再度問い合わせをしています。
その結果、別の下請け業者が160万円の見積り額を出してきましたが、施主はそれでももったいないと感じたため、さらに安くなりそうな他の解体業者を探せないかと質問しています。

ウスメーカーに頼むとなぜ解体工事費は高いのか

実は直接自分で解体業者に見積りを取ると、ハウスメーカーに任せるよりも一般的には20~30%ほど安く上がる場合が多いです。

それではなぜ、ハウスメーカーに頼むと解体業者に自分で直接依頼するより20~30%も高くなるかと言うと、中間マージンと呼ばれる仲介料や手数料がかかってしまうからです。

ハウスメーカーに解体工事まで依頼した場合は、ハウスメーカーが下請けの業者に解体工事の依頼を出します。つまり、実際には下請け業者が解体工事を行っており、ハウスメーカーが仲介しているという仕組みになっています。ハウスメーカーは、中間マージンを施主への請求として処理するため、解体工事の費用は中間マージンの分(20~30%)高くなるのです。

ハウスメーカーの場合は一人の施工担当者が多くの物件を見ているので、解体工事も複数の案件をこなす必要があります。そのため、施工担当者の代わりに解体工事を任せる業者が必要になります。ハウスメーカーから任せられた解体業者だけで案件がこなせない場合は、2次下請けの解体業者がいる場合もあります。下請けの業者が増えるとともに、その分中間マージンがかさみ解体費用は高くなっていくことになります。

工務店の場合は地元密着型が多いので、ハウスメーカーのように仲介業者が複数入ることは少ないですが、同じように直接工務店が解体するわけではないため中間マージンは解体費用に上乗せされます。

とにかく解体費用をかけたくない、安くしたいという場合には、解体工事を自分で直接依頼してみましょう。これは分離発注という手段で、多くの場合、ハウスメーカーなどを通したときより解体費用が節約できます。

ハウスメーカーに頼む時のメリットとデメリット

ハウスメーカーに頼む時のメリット・デメリットを表にまとめてみました。

解体工事の依頼方法 メリット デメリット
ハウスメーカー ・工事完了まで専門家に任せられる
・解体費用を住宅ローンに組み込むことができる
・中間マージンが解体費用に上乗せされる
・要望が伝えづらい
自分で業者を探す ・中間マージンを支払う必要がない
・要望をはっきり伝えることができる
・自分で解体工事の手続きを済ませる必要あり
・解体業者がトラブルを引き起こす可能性あり

手間をかけたくない人はハウスメーカーへの依頼を検討しよう

上述した通り、ハウスメーカーに一括依頼すると解体費用額は上がります。その点は1番のデメリットでしょう。
しかし、費用が高くなることを知った上で、それでもハウスメーカーに依頼する方もいらっしゃいます。
理由としてはやはり、専門家が入り、安心できるという点でしょう。
また、ハウスメーカーが直接解体工事をすることはありませんが、工事に入るのに必要な状態にすることを解体工事業者と打合せして、調整します。ですから、自分で解体業者を探す手間が省けますし、ハウスメーカーが一緒に工期や工事範囲の打ち合わせをするので、自ら交渉やスケジュール調整する必要はありません。
もちろん費用が安くなるにこしたことはありませんが、ハウスメーカーに頼むことのメリットとよく照らし合わせて決めることが大切です。

お金をかけたくない人は自分で解体業者を探そう

自分で解体業者に依頼する1番のメリットは、やはり費用を抑えられるところです。
工事費用は高額です。中間マージンが20~30%上乗せされると、100万円の工事でも120~130万円になってしまいますから、その点はよく検討されてください。

ウスメーカーに頼む時のメリット

デメリットとしては、優良な解体業者を自分で見極めないといけないところです。

建設リサイクル法によると、解体工事で何らかの問題が発生した際に、施主の責任が問われることもあります。

平成14年5月30日から「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律」(通称:建設リサイクル法)が施行されました。これに伴い、解体した建築物の資材の「分別」と「リサイクル」が義務づけられています。また、解体工事の実施には、建設業の許可又は解体工事業の登録が必要になっています。

施主(発注者)には、事前届出の義務があり、違反した場合は罰則が適用されます。また、工事を依頼しても、何か問題が発生すれば発注者責任が問われる可能性があります。そのため、施主(発注者)は信頼のおける業者に依頼する事が必要です。

引用:東京都環境局

解体工事で何らかの問題が発生する場合

解体業者は、悪質な業者、いいかげんな業者なども見受けられます。
信頼感や安心感があるため、ハウスメーカーを通して依頼を選ぶ施主は少なくありません。信頼のおける業者に依頼するという点では、ハウスメーカーに依頼することの意義はある程度あるでしょう。

ハウスメーカーに頼むときの注意点

では、ハウスメーカーに頼めば安心なのか、全て任せていればよいのか・・・というと、残念ながらそうでない事例もあります。

事例:施主の承諾なしに撤去されたものがあった

家を新築するに辺り、今まで住んでいた家を解体しました。
某ハウスメーカーと契約をし、解体業者とのやりとりは基本的にハウスメーカーの営業さんを挟んでしていました。その際に、予定にはなかった裏の畑との間にあるブロック塀が壊されていました。新築する家との間隔をとるためとゆうことでしたが、壊す前に施主に相談、報告がありませんでした。

引用:Yahoo知恵袋

このようなケースは、施主が直接、解体業者と調整するよりもずっと少ないと推察されますが、何事にも完璧はありません。施主側でも要望、希望がしっかりと相手に伝わっているかの確認や、また可能であるならば現場に足を運ぶことも、時には必要かもしれません。

解体工事

自分で解体業者を探すときの注意点

解体工事を2度も3度も経験してる方は稀で、あまり馴染みのない方がほとんどだと思います。その中でいきなり1社に絞るのは、ハードルが高いですよね。
費用も決して安くはありませんから、できるだけ損をしないよう、慎重に決めたいところです。

もしもご自分で解体業者を探される場合は、必ず複数社から相見積りを取るようにしましょう。
複数社に見積りを依頼すれば、費用額の他、見積りに来たときの対応なども比較できます。

また、見積り内容をよくチェックし、一見安くても項目に抜けがないか、よく確認するようにしましょう。
なお、当協会の運営する「解体無料見積ガイド」では、厳しい審査基準をクリアした優良な解体業者を無料で最大6社ご紹介しています。
お客様のご要望にぴったりの業者さんをお探ししますので、よろしければご活用ください。

まとめ

ハウスメーカーに解体工事を依頼することのメリットは、安心を買えるということです。ハウスメーカーが、直接解体工事をすることはありませんが、工事に入るのに必要な状態にするために解体工事業者と打合せして調整していくので、自分で解体業者を探す手間が省けますし、自らスケジュール調整や交渉する必要はありません。

一方で、ハウスメーカーが仲介することになりますので、直接解体工事業者とやりとりするよりも仲介料や手数料が20~30%程度の費用が上乗せされます。

重要なのはハウスメーカーを介するかどうかというよりも、信頼できる業者に依頼すること、施主として納得できることです。

今回ご説明したそれぞれのメリット・デメリットを見比べて、ぜひご自身に合った方法を選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。