埼玉県吉川市の改修費用と解体費用の補助金制度

この記事では、なまずの里として知られる埼玉県吉川市の「解体工事関係の補助金制度」についてご紹介します。

日本は全国的に地震が多い地域。そのため、国土交通省は住宅の耐震化を推進する取り組みを行なっています。

吉川市でご利用できる補助金制度は、「木造住宅耐震診断・改修補助制度」です。本記事では、この制度についてわかりやすく解説していきます。

吉川市で解体工事を考えている」という方は、ぜひご参考ください!

木造住宅耐震診断・改修補助制度

制度の目的と概要

吉川市では、市民の快適な住環境を守るため、木造住宅の「耐震診断・耐震改修」を行なう方に対して、補助金を交付しています。

吉川市では、市民のみなさんの木造住宅を対象に耐震診断・耐震改修の補助金を交付しています。

引用:木造住宅耐震診断・改修補助制度|吉川市

補助・助成金額

本制度は、耐震診断と耐震改修で、それぞれ補助金額が異なっています。

耐震診断の場合、診断に掛かった費用の3分の2の額(上限は6万5千円)を支給。

耐震改修の場合、耐震改修工事費の100分の23の額(上限は30万円)が支給となります。

■耐震診断
・住宅一棟につき耐震診断に要した費用の3分の2以内(上限:6万5千円)
■耐震改修
・住宅一棟につき耐震改修に要した費用の100分の23以内(上限:30万円)

引用:木造住宅耐震診断・改修補助制度|吉川市

耐震診断とは
財団法人建築防災協会が定める耐震診断基準に基づく診断のことです。建築物の地震に対する安全性を評価するために行なわれます。

受付開始日と申請期限

本制度の申請期間は特に設けられていませんが、事前に吉川市役所に相談する必要があります。

住宅の耐震化を図りたいな〜」とお考えの方は、吉川市のホームページをご確認ください。

対象となる建築物

本制度は、1981年5月31日以前に建てられた、地上2階建て以下の住宅が対象となっています。在来軸組工法枠組壁構法で建築された住宅であることが条件となっていますので覚えておきましょう。
また、都市計画法建築基準法に違反している住宅は対象外となりますのでご注意ください。

耐震改修の場合、耐震診断の結果が「総合評価1.0未満」の建物が条件。
改修工事後、「総合評価が1.0以上」になる見込みの工事が対象となります。

昭和56年5月31日以前の確認申請に基づき建築されたもの
・地上2階建て以下の住宅で在来軸組構法または枠組壁構法により建築されたもの
・事前に図面による簡易耐震診断を受け、その総合評価が1.0未満であるもの
都市計画法および建築基準法に違反していないもの
※耐震改修補助制度の場合、下記の条件が加わります
・耐震診断の安全性の総合評価が1.0未満であるもの
・耐震改修により安全性の総合評価が1.0以上になるもの

引用:木造住宅耐震診断・改修補助制度|吉川市

在来軸組工法とは
日本で昔から用いられてきた工法の一つです。一般的な木造住宅の多くは、この工法で建てられています。
枠組壁構法とは
枠材に面材を固く緊結させ「壁」をつくり、その壁を組み合わせて家を造る構法のことです。

申請者の条件

本制度は、「吉川市に住んでいます!」という方が対象となります。

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は以下の通りです。申請書は、吉川市のホームページからダウンロードすることが出来ます。吉川市役所に「本制度を申請したい!」と相談に行く前に、書類に一通り目を通してみましょう。

【申請先】吉川市役所 都市計画課建築指導担当
【住所】〒342-8501 吉川市きよみ野一丁目1番地
【電話番号】048-982-9885
参考 木造住宅耐震診断補助制度 - 吉川市公式ホームページ吉川市公式ホームページ 参考 木造住宅の耐震改修補助制度 - 吉川市公式ホームページ吉川市公式ホームページ

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

本記事では、埼玉県吉川市の「解体工事関係の補助金制度」について解説しました。

もし「補助金申請の方法がわからない」「解体工事の優良な解体業者さんを探している」とお困りでしたら、ぜひ当協会(あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド』にご相談ください。

解体無料見積ガイド』では年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが、親身になって補助金申請のサポートをいたします。また、優良な解体業者さんのご紹介も可能です。

「埼玉県吉川市で解体工事がしたい」とお考えの方は、ぜひご連絡ください。