山口県山陽小野田市の改修費用と解体費用の補助金制度

本記事では山口県山陽小野田市で利用できる「改修費用に関する補助金制度」をまとめています。なお、山陽小野田市で利用できる補助金制度は2つ。「住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助」のみです。

補助金制度の概要から支給額、申請方法まで詳しく解説しているので、ぜひ参考になさってください。

住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助金制度

令和3年度募集締め切りのお知らせ
山陽小野田市が設けている「住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助金制度」は、令和3年度の申請受付を終了しました。令和4年度の募集については現在未定です。

制度の目的と概要

山陽小野田市では震災に強いまちづくりの一環として、震災時に倒壊する可能性の高い「昭和56年5月31日」以前に建築された「木造住宅」を対象に耐震診断および耐震改修に要する費用の一部を補助しています。

市では住宅・建築物の耐震化を促進するため、建築士を派遣し無料で木造住宅の耐震診断を行います。
目視による検査で破壊検査等は行いませんが、床下や天井裏等の確認は行う場合があります。
引用:令和3年度 住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助の募集について(終了)|山陽小野田市

市では住宅・建築物の耐震化を促進するため、木造住宅の耐震改修工事費用の一部を助成します。
事前に耐震診断を受け、上部構造評点を算出する必要があります。
詳しくは電話、または窓口までお越しください。
引用:令和3年度 住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助の募集について(終了)|山陽小野田市

補助・助成金額

耐震診断」と「耐震改修」に関する補助制度は併用が可能です。ただし、過去に本制度を利用した耐震改修を行ったことがある方は、その限りではありません。
また、山陽小野田市や国などが設けている他の耐震化に関する補助金制度と併用することも出来ません。詳細は山陽小野田市役所にお問い合わせください。

なお、それぞれの補助金額は下記のとおりです。

【耐震診断】

「無料」(耐震診断員が派遣されます)

【耐震改修】

「耐震改修費」×80%(限度額:100万円)
※1,000円未満の端数切り捨て

受付開始日と申請期限

令和3年度募集締め切りのお知らせ
山陽小野田市が設けている「住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助金制度」は、令和3年度の申請受付を終了しました。令和4年度の募集については現在未定です。

申請受付期間は、令和3年5月10日(月曜日)~11月30日(火曜日)までです。
受付は先着順で行われます。なお、期間内であっても申請が予算額の上限に達した場合、受付が締め切られます。制度の利用を検討されている方は、早めの申請をオススメいたします。

なお、現在の受付状況については、山陽小野田市役場にお問い合わせください。

対象となる建築物

本制度を利用した耐震化が可能な住宅は、「自宅もしくは自宅兼店舗」として利用していた「3階建て以下」の「木造住宅」のうち「昭和56年5月31日以前に着工」されたものです。(自宅兼店舗の場合、自宅として利用していた部分の面積が1/2以上でなければ、本制度の利用は出来ません)

また、「在来工法・枠組壁工法・伝統工法」に該当しない工法、例えばツーバイフォー工法などで建築されている住宅については対象外となりますのでご確認ください。

なお、「耐震改修」に関して本制度の利用を検討されている場合、上記の条件に加えて耐震診断の結果が「上部構造評点1.0未満」である必要があります。

詳細は以下のとおりです。以下の条件を全て満たす住宅のみ、本制度を利用した耐震化が可能です。

・昭和56年5月31日以前に着工された建築物であること。
・在来軸組工法、枠組壁工法または伝統工法で建築された建築物であること。
・階数が3以下であること。
・併用住宅の場合は居住の用に供する部分の床面積が延べ床面積の2分の1以上を占めること。
・耐震診断の結果、評点が1.0未満と診断された住宅を上部構造評点が0.7以上とし、かつ改修前より上部構造評点が向上する改修工事
引用:令和3年度 住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助の募集について(終了)|山陽小野田市

申請者の条件

市民税などを滞納していない」対象住宅の「所有者」が申請可能です。ただし、同じ住宅に対し本制度は2度の利用ができません。ご注意ください。

詳細は以下のとおりです。以下の条件を全て満たす方が本制度の申請対象者となります。

・住宅を所有する方
・市税を滞納していない方
・木造住宅耐震改修事業に関して、国、他の地方公共団体または本市の他の補助金等を受けていないこと。
・同一の木造住宅で同一の補助対象事業に対して、過去にこの補助制度に基づく補助金を受けていないこと。
引用:令和3年度 住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助の募集について(終了)|山陽小野田市

工事の条件(耐震改修)

本制度を利用するためには、「上部構造評点を0.7以上」かつ「上部構造評点を向上」させる耐震改修工事を令和4年2月28日までに完工する必要があります。

詳細は以下のとおりです。以下の条件を全て満たす工事をしなければなりません。

・耐震診断の結果、評点が1.0未満と診断された住宅を上部構造評点が0.7以上とし、かつ改修前より上部構造評点が向上する改修工事
・令和4年2月28日までに完了見込みの工事
引用:令和3年度 住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助の募集について(終了)|山陽小野田市

申請に必要な書類と申請先

本制度を利用するためには、申請を行う必要があります。制度ごとに申請手順が異なりますので、ご注意ください。

なお、詳細な申請手順などは窓口もしくは電話で説明を受けることが出来ます。簡単な手続方法については下記を参考にご対応ください。

【耐震診断】

補助金の申請を検討されている方は、以下の書類を揃えて山陽小野田市役所にお越しください。なお、申請書の一部は山陽小野田市役場の公式HPからダウンロードすることも可能です。

必要な書類を揃えましたら、「11月30日(火曜日)」までの平日午前8時30分~午後5時15分の間に訪庁するようにしましょう。

【申請先】山陽小野田市役所 建築住宅課
【住所】〒756-8601 山陽小野田市日の出一丁目1番1号
【電話番号】0836-82-1167

【耐震改修】

本制度の利用を検討されている場合、申請前に事前に耐震診断を行い「上部構造評点を算出」しておく必要があります。なお、耐震診断については本制度の耐震診断に関する補助制度を利用することも可能です。

詳細の条件については「事前相談」で確認する必要があります。事前相談の受付については下記、問い合わせ先にお願いします。

【申請先】山陽小野田市役所 建築住宅課
【住所】〒756-8601 山陽小野田市日の出一丁目1番1号
【電話番号】0836-82-1167
参考 令和3年度 住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助の募集について(終了) - 山口県山陽小野田市公式ホームページ令和3年度 住宅の無料耐震診断と建築物の耐震補助の募集について(終了) - 山口県山陽小野田市公式ホームページ

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

(社)あんしん解体業者認定協会が運営する『解体無料見積ガイド』では、補助金申請のサポートも可能です。

「自分の保有する住宅が補助金支給対象か教えてほしい」
「申請手続きについてフォローしてほしい」
「補助金を利用した工事が可能な業者を紹介してほしい」

という方は、お気軽に『解体無料見積ガイド』にお問い合わせください。地域専属のスタッフが、お客様のご要望に沿った解体工事ができるようサポート致します。もちろん、費用は一切頂きませんので、ご安心ください。

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日対応)