福岡県中間市の解体や除却に関する補助金・助成金

本記事では、福岡県中間市の解体工事関係の補助金制度についてまとめました。
中間市でご利用できるのは「中間市老朽危険家屋等解体補助金」「中間市がけ地近接等危険住宅移転事業」の2制度です。この記事では、これらの制度について解説していきます。

「中間市で解体工事を考えている」という方は、ぜひご参考ください!

中間市で利用できる空き家の解体に関する補助金制度

中間市では、老朽建築物の解体工事を行なう場合に、その経費の一部を補助する制度(最大50万円)を設けています。

支給金額と申請期限

本制度は、解体費用の2分の1の金額(上限は50万円)が支給されます。

なお、本制度の中間市のホームページは令和2年で更新が止まっているため、現在の申請期限は不明です。「本制度が気になる」という方は、中間市役所にお問い合わせください。

申請の条件

本制度は、市が定める判定基準で認められた、1981年5月31日以前に建てられた建築物が対象です。
その他の条件は下記の通りとなっています。

  • 木造または軽量鉄骨造のもの
  • 個人所有のもの
  • 所有者または相続人の方
  • 事前相談をし交付決定を受けた方
  • 市内業者による解体工事を行なう方

中間市役所の開庁時間は、平日の午前8時半から午後5時15分までとなっています。
土日、祝祭日はお休みのため、ご注意ください。

【お問い合わせ先】中間市建設産業部都市計画課定住促進係
【住所】〒809-8501 福岡県中間市中間一丁目1番1号
【電話番号】093-246-6155
【ホームページURL】
http://www.city.nakama.lg.jp/kurashi/sumai/jutakuseisaku/roukyuuka.html
参考 中間市/中間市老朽危険家屋等解体補助金中間市/中間市老朽危険家屋等解体補助金

補助金を申請したい方は解体無料見積ガイドへ

本記事では、福岡県中間市の解体工事関係の補助金制度について解説しました。
もし「補助金の申請方法がわからない」「優良な解体業者さんを探している」とお困りでしたら、当協会(一般社団法人あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド』にご相談ください。

解体無料見積ガイド』では完全無料で、エリア専任担当者が補助金申請を徹底サポート。また、中間市の優良な解体業者さんを最大6社までご紹介できます。

中間市で解体工事をお考えの方は、お気軽にご連絡ください。


解体無料見積ガイド

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日を含む)

住宅の解体工事に関連した補助金制度

中間市では、住民の安全を守るため、がけ崩れなどの危険がある区域内にある住宅を除去し安全な場所へ移転する人に対し、費用の一部を補助する制度を設けています。

がけ付近の危険住宅の移転に関する補助金制度

本制度の補助金額は、事業の内容によって金額が変動します。
危険住宅除去事業の場合、一戸あたり80万2千円(上限)が支給。
代替住宅建設事業の場合、一戸あたり319万円(上限)が支給。土地の取得には、96万円(上限)が支給されます。

その他の条件は下記の通りです。

  • 福岡県が指定する土砂災害特別警戒区域を指定する以前から区域内に建っている既存の住宅
  • 昭和49年6月以前からがけ条例適用区域の制限範囲内に建っている既存の住宅
  • 市内にある危険住宅の所有者であること
  • 代替住宅建設事業にあっては、移転先が市内であること
土砂災害特別警戒区域とは
土砂災害が発生した場合、建築物に損壊が生じ、住民の生命または身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域のことです。
がけ条例適用区域とは
敷地ががけに面しており、一定の高さを超えるがけの上または下に建物を建築する場合条例によって制限を設けられた区域のことです。

中間市で解体業者をお探しなら解体無料見積ガイドへ

解体工事業者さんって、どこに依頼すれば良いのかわかりづらいですよね?
もし「中間市の優良な解体業者さんを探している」とお困りでしたら、当協会(一般社団法人あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド』にご相談ください。

解体無料見積ガイド』では、中間市の優良な解体業者さんを最大6社までご紹介できます。もちろんご利用料金は完全無料です。
「中間市で解体工事を考えている」という方は、ぜひご連絡ください。


解体無料見積ガイド

電話で相談する(0120-978-952)

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日を含む)