愛知県知多郡南知多町の改修費用と解体費用の補助金制度

本記事では、愛知県知多郡南知多町で利用できる解体工事に関する補助金制度をご紹介します。南知多町が設けている解体関連の補助金は、全部で5制度です。

危険なブロック塀等の撤去に関する補助、また耐震に関する補助があります。危険なブロック塀等の対処でお困りの方や、住まいの地震対策についてご不安な方はぜひご一読ください。

木造住宅耐震改修等補助事業

制度の目的と概要

南知多町では、地震発生時における木造住宅の倒壊等による被害を軽減することを目的として、木造住宅の耐震診断耐震改修段階的耐震改修に関する補助事業を実施しています。

対象となる建築物

本補助金の対象となる住宅は、各補助事業ごとに以下の条件を全て満たす必要があります。

【木造住宅無料耐震診断】

・町内にある地上2階建て以下の在来軸組工法による住宅であること
昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅であること
・現在居住用として利用している、または利用する予定であること

【木造住宅耐震改修工事費補助】

・町内にある地上2階建て以下の在来軸組工法または伝統構法による住宅であること
昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅であること
一戸建て住宅、併用住宅、長屋、共同住宅のいずれかであること
国、地方公共団体その他公の機関が所有するものでないこと
・耐震診断の結果判定値が1.0未満、または得点が80点未満と診断された木造住宅であること

【木造住宅段階的耐震改修工事費補助】

・町内にある地上2階建て以下の在来軸組工法または伝統構法による住宅であること
昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅であること
一戸建て住宅、併用住宅、長屋、共同住宅(貸家を含む)のいずれかであること
国、地方公共団体その他公の機関が所有するものでないこと
・耐震診断の結果判定値が0.4以下、または得点が40点以下と診断された木造住宅であること
・過去に南知多町住宅耐震改修工事等補助制度またその他耐震改修工事、段階的耐震改修工事の補助金の交付を受けたものでないこと

申請者の条件

本補助金の申請者は、各補助事業ごとに以下の条件を全て満たす必要があります。

【木造住宅無料耐震診断】

耐震診断を希望する住宅を所有している方であること

【木造住宅耐震改修工事費補助】

・対象住宅の所有者の方であること
暴力団員でないこと

【木造住宅段階的耐震改修工事費補助】

・対象住宅の所有者の方であること
暴力団員でないこと

工事の条件

本補助金の対象となる工事は、各補助事業ごとに以下の条件を満たす必要があります。

【木造住宅耐震改修工事費補助】

以下のいずれかの工事となります。

・耐震診断の結果、判定値1.0未満と診断された住宅について、判定値を1.0以上とする耐震改修工事
・耐震診断の結果、得点が80点未満と診断された住宅について、判定値を1.0以上とする耐震改修工事
・耐震診断の結果、判定値0.7未満または得点が60点未満と診断された住宅について、判定値が0.1以上加算される簡易耐震改修工事

【木造住宅段階的耐震改修工事費補助】

以下の条件を全て満たした工事となります。

・耐震診断の結果、判定値が0.4以下または得点が40点以下と診断された住宅について、その一部を工事することにより判定値を0.7以上1.0未満とする一段目耐震改修工事
・一段目耐震改修工事を行なった後、判定値を1.0以上とする二段目耐震改修工事
工事内容の説明
一段目耐震改修工事…段階的に2回に分けて行う工事の1回目のもので、一定の耐震性確保のために行うもの
二段目耐震改修工事…一段目耐震改修工事の後に行うもので、全体的な耐震性確保のために行うもの

受付開始日と申請期限

本補助金の申請期間は、令和3年12月27日までとなります。

補助・助成金額

補助金額は、各補助事業ごとに以下のとおりとなります。

【木造住宅無料耐震診断】

耐震診断は、無料で受けることが可能

【木造住宅耐震改修工事費補助】

以下のとおり、工事の区分に応じた額が支給されます。

【耐震改修工事】
耐震補強工事費用の80パーセントの額で、上限額が100万円
【簡易耐震改修工事】
以下の区分に応じた額の合計金額を支給
・改修設計費×1/2の額(限度額10万円
・改修工事費の額(限度額30万円

【木造住宅段階的耐震改修工事費補助】

以下のとおり、工事の区分に応じた額が支給されます。

【一段目耐震改修工事】
以下の区分に応じた額の合計金額を支給
・改修設計費×2/3の額(限度額10万円
・耐震補強工事費の額(限度額50万円
【二段目耐震改修工事】
以下の区分に応じた額の合計金額を支給
・工事管理費×2/3の額(限度額10万円
・耐震補強工事費の23パーセントの額(限度額30万円
・附帯工事費の額(上記工事管理費で計算した額を含めて30万円が限度額)

申請に必要な書類と申請先

申請時には、各補助事業ごとに以下の書類をご用意ください。

【木造住宅無料耐震診断】

  • 耐震診断申込書
各申請書類は南知多町のホームページからダウンロードすることが出来ます。

【木造住宅耐震改修工事費補助】

  • 交付申請書
  • 固定資産家屋証明書
  • 木造住宅耐震診断結果報告書の写し
  • 耐震改修工事計画書
  • 耐震改修工事費見積書
各申請書類は南知多町のホームページからダウンロードすることが出来ます。

【木造住宅段階的耐震改修工事費補助】

  • 交付申請書
  • 固定資産課税台帳登録証明書
  • 住宅耐震診断結果報告書等の写し
  • 段階的耐震改修工事計画書
  • 耐震改修工事費見積書
  • 委任状(代理者によって申請を行う場合)

各申請書類は南知多町のホームページからダウンロードすることが出来ます。

各申請書類がご用意できましたら、南知多町役場にご提出ください。

【申請先】南知多町役場建設課
【住所】〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
【電話番号】0569-65-0711
参考 木造住宅無料耐震診断|南知多町公式ウェブサイト南知多町公式ウェブサイト 参考 木造住宅耐震改修工事費補助のお知らせ|南知多町公式ウェブサイト南知多町公式ウェブサイト

南知多町の解体業者をお探しなら

南知多町内で優良な解体業者をお探しの方は、業界の透明化を目的として当協会が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。
当協会(社団法人あんしん解体業者認定協会)は、解体工事を計画する皆様が安心して依頼できる環境作りを目的に設立され、全国都道府県下の優良解体業者の認定を行っています。

解体見積ガイドバナー

当協会には業界一番の年間8,400件以上のご相談が寄せられ、該当地域に詳しい専任スタッフが対応しています。
解体無料見積ガイド』にご連絡いただければ、無料で当協会が認定した優良解体業者6社の見積り比較ができます。
その他各解体業者の評判、お手持ちのお見積書のチェック、工事費用や相場、そして補助金のご相談についても丁寧にお応えいたします。

南知多町内で解体業者をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

耐震シェルター等整備費補助金

制度の目的と概要

南知多町では、地震発生時における木造住宅の倒壊等による災害を防止することを目的として、木造住宅の耐震シェルター等設置費用の一部を補助する制度を設けています。

第1条 この要綱は、地震時に耐震性の高いスペースを確保するために、木造住宅に耐震シェルター等を整備する費用の一部を補助する南知多町耐震シェルター等整備費補助事業(以下、「本事業」という。)の補助金の交付に関し、南知多町補助金等交付規則(昭和50年9月3日規則第1号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。
引用:南知多町耐震シェルター等整備費補助金交付要綱|南知多町

対象となる建築物

本補助金の対象となる住宅は、以下の条件を全て満たす必要があります。

・町内にある地上2階建て以下の在来軸組工法または伝統構法による住宅であること
昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅であること
一戸建て住宅、併用住宅、長屋、共同住宅のいずれかであること
国、地方公共団体その他公の機関が所有するものでないこと
・耐震診断の結果判定値が0.7未満、または得点が60点未満と診断された木造住宅であること
・過去に南知多町木造住宅耐震改修費補助制度またその他耐震改修工事の補助金の交付を受けたものでないこと

申請者の条件

本補助金の申請者は、以下の条件を全て満たす必要があります。

・対象住宅に居住している方であること
暴力団員でないこと

受付開始日と申請期限

本補助金の申請期間は、令和3年12月27日までとなります。

なお、やむを得ず終了となる場合がありますので、申請前に必ず南知多町のホームページで確認をしてください。

補助・助成金額

本補助金は、以下のとおり設置内容に応じた額が支給されます。

・耐震シェルター設置…耐震シェルター設置費用の額(限度額30万円
・防災ベッド設置…防災ベッド設置費用の額(限度額15万円
用語の説明
耐震シェルター…住宅内の一部に木材や鉄骨で強固で安全な箱型の空間を作るもので、地震発生時に住宅の倒壊から命を守るための装置
防災ベッド…地震によって万が一建物が倒壊しても、ベッド周りに安全な空間を確保することで命を守ることができる装置

申請に必要な書類と申請先

申請時には以下の書類をご用意ください。各申請書類は南知多町のホームページからダウンロードすることが出来ます。

  • 交付申請書
  • 案内図
  • 整備予定場所の写真
  • 木造住宅耐震診断結果報告書等の写し
  • 見積書等補助対象経費が確認できる書類の写し
  • 住民票の写し
  • 平面図(整備予定場所を明記する)
  • 委任状(代理者によって申請を行う場合)
  • 耐震シェルター等の整備について、住宅所有者が承諾していることを確認できる書類(申請者と住宅所有者が異なる場合)
各申請書類がご用意できましたら、南知多町役場にご提出ください。
【申請先】南知多町役場建設課
【住所】〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
【電話番号】0569-65-0711
参考 「耐震シェルター・防災ベッド」設置費補助のお知らせ|南知多町公式ウェブサイト南知多町公式ウェブサイト

ブロック塀等撤去費補助

制度の目的と概要

南知多町では、地震発生時におけるブロック塀の倒壊による被害を防ぐことを目的として、危険なブロック塀等の撤去に必要な費用の一部を補助する制度を設けています。

町民の生命、身体及び財産を地震による災害から保護するため、ブロック塀等の撤去の工事費の一部を補助する制度が創設されました。
引用:ブロック塀等撤去費補助のお知らせ|南知多町

対象となるブロック塀等

本補助金の対象となるブロック塀等は、以下の条件を全て満たす必要があります。

・道路面からの高さが1メートル以上のものであること
補強コンクリートブロック造、コンクリートブロック、レンガ、天然石等を用いた組積造の塀また門柱であること
道路または公共施設の敷地に面しているものであること
・ひび割れ、傾き、老朽化が生じており危険な状態なもの、もしくは控壁(ブロック塀等の倒壊を防ぐ壁)が適切に配置されていないものであること

申請者の条件

本補助金の申請者は、以下の条件を全て満たす必要があります。

・対象ブロック塀等がある土地の所有者または使用者
・町税の滞納がない方
暴力団員でない方

工事の条件

本補助金の対象となる工事は、以下の条件を全て満たす必要があります。

・対象ブロック塀等を全て撤去する工事であること
令和4年2月28日までに完了実績報告書が提出できるものであること

受付開始日と申請期限

本補助金の申請期間は、令和3年12月27日までとなります。

なお、やむを得ず終了となる場合がありますので、申請前に必ず南知多町のホームページで確認をしてください。

補助・助成金額

本補助金額は、次のうち最も少ない額が支給されます。

・ブロック塀等撤去費用×1/2の額
・撤去するブロック塀等の長さ(m)×1万円×1/2の額
上限20万円

申請に必要な書類と申請先

申請時には以下の書類をご用意ください。各申請書類は南知多町のホームページからダウンロードすることが出来ます。

  • 交付申請書
  • 撤去場所の案内図
  • 撤去工事の内容を表した図書(配置図、立面図等)
  • 撤去するブロック塀等の写真(全景、前面道路、危険箇所等)
  • 撤去工事費の見積書の写し
  • 同意書(申請者が土地の所有者でない場合)
  • 委任状(代理者によって申請を行う場合)
各申請書類がご用意できましたら、南知多町役場にご提出ください。
【申請先】南知多町役場建設課
【住所】〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
【電話番号】0569-65-0711
参考 ブロック塀等撤去費補助のお知らせ|南知多町公式ウェブサイト南知多町公式ウェブサイト

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

解体工事に関する補助金制度についてお困りの方は、当協会が運営する『解体無料見積ガイド』へお気軽にご相談ください。
解体無料見積ガイド』では、複雑でわかりづらい補助金制度について、地域専任スタッフが丁寧にご説明またサポートを行います。
「補助金制度を利用したいが難しそう」「私は補助金の対象者なのだろうか」など、お困りの方はぜひ一度ご相談ください。

また、南知多町内の優良な解体業者のご紹介、解体工事に関するご相談も承っておりますので、こちらもご利用ください。