福島県伊達郡桑折町の改修費用と解体費用の補助金制度

本記事では福島県伊達郡桑折町で利用できる「解体工事に関する補助金制度」をまとめています。補助金制度の概要から支給額、申請方法まで詳しく解説しているので、ぜひ参考になさってください。

なお、桑折町で利用できる補助金制度は1つ。「桑折町空家等除却工事補助金」のみです。

桑折町空家等除却工事補助金

制度の目的と概要

適切に管理されていない空き家は、不法侵入や放火などの犯罪誘発、老朽化による倒壊などの危険をはらんでいます。そこで、桑折町では、桑折町空家等対策計画に基づき、適切に管理されていない空き家の解体費用を補助しています。

町内にある空家等問題の中で、適正に管理されずに保安上、衛生上、景観上の観点から周囲の生活環境へ影響を与えることを未然に防ぎ、町土という地域資源を有効活用されることを支援するため、空家等の除却に係る工事費用の一部を補助します。
引用:桑折町空家等除却工事補助金について|桑折町

補助・助成金額

「解体工事にかかった費用」×1/2
※1,000円未満の端数切り捨てとなります。
※限度額は対象家屋の所在住所によって異なります(下表参照)

用途地域 限度額
市街化区域内 30万円
市街化調整区域内 15万円

なお、建物解体後の土地については、翌年度以降の土地の固定資産税が上がります。詳細を知りたい方は、桑折町まちづくり推進課にお問い合わせください。

受付開始日と申請期限

桑折町の公式HPには、期間について記載がありません。

ただし、予算が定められているため、上限額に達した場合、受付期間内であっても申請を受け付けてもらえないことがあります。

制度の利用を検討されている方は、早めの申請をオススメします。

対象となる建築物

町内の「約1年」以上「使用されていない」「空き家」のうち、町が実施する「空家等実態調査」により「空き家」と判断されているものが本制度を利用した解体工事を行うことが出来ます。

ただし、「売買や賃貸目的」で所有・管理している家屋は、その限りではありません

詳細は以下のとおりです。以下の条件を全て満たす住宅でなければ対象となりません。

・居住その他の使用がなされていない建築物であること
・町が実施している空家等実態調査によって空家等であると判断されれていること
・建築物を賃貸または売買する目的で所有・管理するもものではないこと
参考:桑折町空家等除却工事補助金交付要綱|桑折町

申請者の条件

対象空き家の「所有者」もしくは「相続人全員から同意を得た相続人」が申請対象者です。

なお、所有者であるかの判断は「登記事項証明書」にて行います。「登記事項証明書」で確認できない場合、固定資産税を支払っている方が申請対象者となります。

ただし、上記条件を満たす場合であっても、「暴力団員」の方は対象外です。

詳細は以下のとおりです。次の条件を全て満たす方が申請対象者です。

・現在まで町税等に滞納がないこと
・桑折町暴力団排除条例に規定する暴力団員などに該当しない方
・対象空き家の所有者として登記事項証明書に登録されている方(もしくはその相続人)
・未登記の場合、固定資産税の納税義務者となっている方(もしくはその相続人)
※相続人が複数いる場合は、相続人全員の同意が必要です。
参考:桑折町空家等除却工事補助金について|桑折町

工事の条件

町内」の「解体工事に関する必要な許可」を持っている「解体業者」に依頼して工事を進めなければなりません。

なお、施工業者との契約は「補助金の交付確定後」に行ってください。そして、工事は申請年度の「3月31日」までに行う必要があります。

詳細は以下のとおりです。次の条件を全て満たす工事行わなければ補助金の支給を受けられません。

補助の対象となる工事は以下のいずれにも該当する工事であることが条件です。
1.町内に事業所を持つ事業者による工事
2.建設業法等の建物解体に関する許可・登録を受けた事業者による工事
3.補助金の交付が決定した後に契約した工事
4.補助金の交付申請をした年度内に完了する工事
引用:桑折町空家等除却工事補助金について|桑折町

申請に必要な書類と申請先

【1.補助金の交付の申請】

本制度の利用を検討されている方は、まず「補助金の交付の申請」を行ってください。下記の書類を揃え、窓口に提出することで申請が完了します。

なお、提出書類の一部は施工業者に用意してもらう必要があります。対象書類に「★」をつけましたので、ご確認ください。

提出期日は特段定められていませんが、施工業者との契約前に申請しなければなりません。

  • 桑折町空家等除却工事補助金交付申請書(第1号様式)
  • 登記事項証明書(未登記の場合は固定資産の登録証明書)及び当該所有権を有する者が死亡しているときは、当該登記名義人の相続人であることを証する書類
  • 当該空家等が複数人の共有である場合は他の共有者全員、相続人の代表者が申請する場合は他の相続人全員、当該空家等に抵当権等が設定されている場合はその権利に係るものの同意書
  • 町税等を滞納していないことを証明する書類
  • 空家等の除却工事に係る見積書の写し(★)
  • 除却を行う空家等の位置図及び現況写真
  • 町長が必要と認める書類
引用:桑折町空家等除却工事補助金交付要綱|桑折町

【2.実績報告】

工事が完了したら「完工日から30日以内」もしくは「申請年度の3月31日」のいずれか早い日までに、以下の書類を揃えて窓口にお越しください。

なお、「補助金の交付の申請」同様、提出書類の一部は施工業者に用意してもらう必要があります。対象書類に「★」をつけましたので、ご確認ください。

  • 桑折町空家等除却工事完了実績報告書(第3号様式)
  • 空家等の除却工事に係る工事請負契約書等の写し(★)
  • 空家等の除却工事完了後の現況写真
  • 空家等の除却工事に係る請求書及び領収書の写し(★)
引用:桑折町空家等除却工事補助金交付要綱|桑折町

【申請先】桑折町役場 まちづくり推進課 土地開発係
【住所】〒969-1692 福島県伊達郡桑折町大字谷地字道下22番地7
【電話番号】024-582-2124
参考 桑折町桑折町空家等除却工事補助金について 参考 桑折町桑折町空家等除却工事補助金交付要綱

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体無料見積ガイド』では、補助金の申請サポートから解体工事完工まで一貫してサポート致します。もちろん費用は一切頂きませんのでご安心ください。

「空き家になっている家をどうにかしたい」
「解体工事の費用を抑えるために、補助金の利用を検討している」
「遠方に住んでいるから信頼できるところに依頼したい」

という方は、ぜひ『解体無料見積ガイド』にご相談ください。地域専任のスタッフがお客様のご要望に沿った解体工事ができるようサポート致します。

お電話の受付時間: 8:00~20:00(土日祝日対応)