神奈川県川崎市の解体と改修にともなう家の補助金制度

本記事では、神奈川県川崎市の「解体工事関係の補助金制度」についてまとめました。

川崎市で設けられている補助金制度は全部で3制度。「建築物の耐震診断・耐震改修の費用補助」「ブロック塀の安全点検と撤去の助成制度」「民間建築物吹付けアスベスト対策事業」です。この記事では、それぞれの制度について詳しく解説していきます。

「川崎市で解体工事を考えている」という方は、ぜひご参考ください。

建築物の耐震診断・耐震改修の費用補助

制度の目的と概要

川崎市では、震災に強い安全なまちづくりを推進するため、住宅の所有者が耐震診断・耐震改修を実施する際に、費用の一部を補助する制度を設けています。

この制度は、住宅の所有者等が耐震改修等を実施する際、市が費用の一部を助成することにより、震災に強い安全なまちづくりを推進することを目的としています。

引用:建築物の耐震診断・耐震改修の費用補助|川崎市

対象となる建築物

本補助金制度の対象となる建築物は以下の通りです。

■耐震診断(耐震診断が義務化される建築物)
昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築された建築物
・川崎市耐震改修促進計画に指定した道路沿いの建築物
■木造住宅耐震改修工事
昭和56年5月31日以前に建築工事に着手したもの
木造2階建て以下のもの
住宅(一戸建て住宅、共同住宅、長屋、店舗等併用住宅)
木造在来工法のもの
■マンション耐震改修工事
昭和56年5月31日以前に建築確認を受けて着工されたもの
・鉄筋コンクリート像、鉄骨鉄筋コンクリート造または鉄骨造で、3階以上のもの
・複合用途のマンションの場合、住宅部分の床面積の合計が、専有部分全体の床面積の合計3分の2以上のもの
・構造上区分された部分で、独立して住居の用に供する専有部分の数が6以上のもの
・耐震設計を行なう場合、耐震診断の結果、地震に対して安全でないと判断されていること

申請者の条件

本制度の申請者の条件は下記の通りです。

■耐震診断(耐震診断が義務化される建築物)
・耐震診断が義務化される建築物の所有者
■木造住宅耐震改修工事
・住宅の所有者
・所有者から委任を受けた者
■マンション耐震改修工事
・管理組合の代表者が暴力団員でないこと

受付開始日と申請期限

申請期限ですが、それぞれ制度によって期間が異なっています。「本制度の申請に興味がある」という方は、必ず川崎市のホームページをご確認ください。

補助・助成金額

本制度の助成金額は次の通りです。

■耐震診断(耐震診断が義務化される建築物)
・木造:耐震診断に要した費用の11/12を助成します(上限:6万円)
・非木造:耐震診断に要した費用の10/10を助成します。
■木造住宅耐震改修工事
・耐震改修計画:要した費用の4/5(上限:15万円)
・補強工事:要した費用の4/5(上限:85万円)
■マンション耐震改修工事
・耐震診断:耐震診断に要した費用の2/3(上限:1住戸あたり4万円)
・耐震設計:耐震設計に要した費用の2/3(上限:1住戸あたり5万円)
・耐震改修:耐震改修に要した費用の15.2%(上限:1住戸あたり30万円)

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は川崎市のホームページでダウンロードできます。それぞれ制度によって申請書類が異なるため、下記のリンク先にてご確認ください。

【申請先】川崎市役所 まちづくり局市街地整備部防災まちづくり推進課 耐震化支援担当
【住所】〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
【電話番号】044-200-3017
参考 川崎市:耐震診断義務化沿道建築物について川崎市:耐震診断義務化沿道建築物について 参考 川崎市:木造住宅耐震改修助成制度川崎市:木造住宅耐震改修助成制度 参考 川崎市:川崎市マンション耐震改修等事業助成制度川崎市:川崎市マンション耐震改修等事業助成制度

ブロック塀の安全点検と撤去の助成制度

制度の目的と概要

川崎市では、地震によるブロック塀の倒壊による人的被害を防止するために、ブロック塀の撤去に要する費用の一部を助成する制度を設けています。

本助成金は、地震によるブロック塀等の倒壊による人的被害を防止するため、道路等及び公園等に面したブロック塀等の撤去に要する費用の一部を助成するものです。

引用:ブロック塀の安全点検と撤去の助成制度|川崎市

対象となる建築物

本制度の対象となる「ブロック塀・石積塀・レンガ積塀・万年塀」は次の通りです。

川崎市内にあるもの
道路、または公園に面するもの
・安全性の確認ができない高さ1.2mを超えるもの

申請者の条件

本制度を申請できる方は下記の通りです。

・ブロック塀の所有者および管理者

受付開始日と申請期限

本制度は毎年度、4月1日から翌1月31日までの間、申請を受け付けています。「ブロック塀の除去を考えている」という方は、川崎市のホームページをご確認ください。

補助・助成金額

本制度の助成金額は次の通りです。

・施工業者に支払った金額のうち、ブロック塀の撤去に要する費用の1/2(上限額:30万円)

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は次の通りです。申請書は全て、川崎市のホームページからダウンロードすることが出来ます。

  • 交付申請書
  • 工事完了報告書
  • 交付請求書
【申請先】川崎市役所 まちづくり局指導部 建築指導課 建築安全担当
【住所】〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
【電話番号】0442002757
参考 川崎市:ブロック塀等の安全点検と撤去の助成制度川崎市:ブロック塀等の安全点検と撤去の助成制度

民間建築物吹付けアスベスト対策事業

制度の目的と概要

川崎市では、市民の健康を守るため、アスベスト除去工事に要する費用の一部を補助する制度を設けています。

アスベストとは
「石綿(いしわた)」と呼ばれる繊維鉱物のことです。以前は多くの建築物の材料に使用されていましたが、人体に有害なことから現在では製造・使用が全面禁止されています。

民間建築物の壁、柱、天井等に吹付けられたアスベストの飛散による市民の健康障害を予防し、その生命及び身体の保護を図るため、建築物の所有者等が行う吹付けアスベスト含有調査及びアスベスト除去等(除去、封じ込め又は囲い込みの工事)の事業を支援します。

引用:民間建築物吹付けアスベスト対策事業|川崎市

対象となる建築物

本制度の対象となる建築物は次の通りです。

■アスベスト含有調査
・アスベストを保有している恐れのある民間建築物
■アスベスト除去
・アスベストを含有している建材を有する、多数のものが利用する民間建築物

申請者の条件

本制度の申請者の条件は下記の通りです。

・申請対象の建築物の所有者

受付開始日と申請期限

本制度の申請期限は、特に設けられていません。本制度を利用する際には、川崎市役所の事前相談が必要なため、注意しましょう。制度の詳細は川崎市のホームページに掲載されているため、「本制度に興味がある」という方は、ぜひご確認ください。

補助・助成金額

本制度の補助金額は次の通りです。

■アスベスト含有調査
・アスベスト含有調査に要する費用の全額を補助(上限:1か所15万円。複数か所25万円)
■アスベスト除去
・アスベスト除去に要する費用の2/3(上限:300万円)

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は下記の通りです。申請書は全て、川崎市のホームページでダウンロードすることが出来ます。

  • 交付申請書(アスベスト含有調査)
  • 交付申請書(アスベスト除去)
  • 完了実績報告書
  • 補助金交付請求書
【申請先】川崎市役所 まちづくり局指導部建築指導課 建築安全担当
【住所】〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
【電話番号】044-200-2757
参考 川崎市:民間建築物吹付けアスベスト対策事業(補助金制度)川崎市:民間建築物吹付けアスベスト対策事業(補助金制度)

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

本記事では、神奈川県川崎市の「解体工事関係の補助金制度」について解説しました。

補助金申請の書類は、制度に精通していないと書くのがなかなか難しいものです。

もし「補助金申請の方法がわからない」「解体工事の優良な解体業者さんを探している」とお困りでしたら、ぜひ当協会(あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド』にご相談ください。

解体無料見積ガイド』では年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが、親身になって補助金申請のサポートをいたします。また、優良な解体業者さんのご紹介も可能です。

「神奈川県川崎市で解体工事がしたい」とお考えの方は、ぜひご連絡ください。