千葉県市原市の解体と改修にともなう家の補助金制度

千葉県市原市

本記事では、千葉県市原市で利用できる解体・改修工事の補助金制度についてまとめています。
市原市で利用できる解体改修関連の補助金は、耐震改修や危険ブロック塀の撤去など、安全対策を中心に全部で3制度あります。

それぞれの補助金制度について、申請の方法から申請条件や補助金額などを解説しています。
市原市で解体をお考えの方はご一読ください。

市原市木造住宅耐震診断事業

制度の目的と概要

市原市では、耐震性に不安のある木造住宅を安心して住み続ける住まいにしていただくため、耐震改修工事をすすめています。
そのために市原市認定耐震診断士の派遣を行っており、診断に必要な費用の一部を助成しています。

市原市では、市原市認定耐震診断士をご自宅に派遣します。この事業を活用して建物の詳細な現状を把握したうえで、家の耐震改修をすすめ、安心して住み続けられる住まいにしていただきたいと考えております。
引用:「木造住宅耐震診断事業」について|市原市

対象となる建築物

助成対象となるのは、以下の条件をすべて満たした木造住宅です。

・所有者が市原市民であり、所有者自らが居住する一戸建て専用住宅であること
※店舗などと併設されている場合、住宅の用途に使用する部分が全体の半分以上であること。
・木造の在来工法で建てられた2階建て以下の木造住宅
※ツーバイフォーや丸太組、鉄骨造などは対象外になります。
・市の無料耐震相談会、または市の認定した耐震相談員が行った耐震診断にて補強の必要性が認められた木造住宅

申請者の条件

申請者は、以下の条件をすべて満たした方に限ります。

・市原市民であること
・建物の所有者であり、自らが居住していること

受付開始日と申請期限

この事業は現在も申請受付中です。

補助・助成金額

助成内容、金額は次のとおりです。

・耐震診断士の派遣、耐震調査費用55,000円のうち50,000円を市で負担致します。
※お申込者の意向により、市で定めた耐震調査より更に詳細な調査などを希望した場合の追加費用につきましてはお申込者のご負担となります。

申請に必要な書類と申請先

申請をされる場合は下記の書類をご準備ください。

【申請先】市原市役所 都市部 建築指導課
【住所】〒290-0073 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1第1庁舎3階
【電話番号】0436-23-9091
参考 市原市木造住宅耐震診断事業のご案内市原市木造住宅耐震診断事業について

市原市の解体業者をお探しなら

解体工事の補助金は、基本的に同市内の解体業者に依頼をする必要があります。
市原市内の優良な解体業者をお探しなら、当協会(あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド 』へご相談ください。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド 』にご連絡いただくと、最大6社の解体業者から同時に見積りを取ることができます。
ご紹介する業者は全て、当協会の13の審査基準を通過した優良業者のみ。お客様が所有する建築物や土地の状況を踏まえ、地域専任スタッフがベストな解体業者をご紹介します。

市原市内で解体業者をお探しなら、ぜひ一度ご相談ください。

市原市木造住宅耐震改修事業

制度の目的と概要

市原市では、現在お住まいの住宅で耐震診断の結果、補強が必要とされた木造住宅の耐震化を進めていただけるよう、改修工事費用の一部に対し補助をおこなっております

市原市では、耐震診断の結果、補強を必要とする木造住宅の耐震性能向上を図る工事に対し、その費用の一部を補助しています。
ぜひ、この事業を活用してわが家の耐震化をすすめ、安心して住み続けられる住まいにしていただきたいと考えております。
引用:「木造住宅耐震改修事業」について|市原市

対象となる建築物

助成対象となるのは、以下の条件をすべて満たした木造住宅です。

・所有者などが工事後、自ら居住する予定の住宅
・木造の在来軸工法で建てられた2階建て以下の木造住宅
市原市木造住宅耐震診断事業 において倒壊の危険性が認められ、耐震改修計画の設計で改修を行う木造住宅

申請者の条件

申請者は、以下の条件を満たした方に限ります

・建物の所有者で工事後、自ら居住する予定の方

工事の条件

この助成を受けるための条件は次のとおりです。

・耐震工事に進むための事前協議を行うこと
・工事完了後、市認定評価員により所定の耐震性能を有すると評価されること
・市に登録された耐震設計管理者により工事監修を行い、市に登録された改修事業者 による工事であること

受付開始日と申請期限

この事業は現在も申請受付中です。

補助・助成金額

この事業の補助・助成金額は次のとおりです。

補助事業内容補助率(上限)
工事4/5補助(上限100万円)※設計・工事監理の費用は含みません。

以下の項目に該当する場合は、基本の補助額に次の金額が加算されます。(但し、加算による合計が市の算定基準の4/5を超えない範囲とします)

促進強化地区加算※1981年5月31日以前の建物が対象10万円
高齢者世帯優遇※65歳以上かつ世帯平均月収21.4万円以下10万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類等については、下記にお問い合わせください。

【申請先】市原市役所 都市部 建築指導課
【住所】〒290-0073 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1第1庁舎3階
【電話番号】0436-23-9091
参考 市原市木造住宅耐震改修事業のご案内市原市木造住宅耐震改修事業について

危険ブロック塀の安全対策事業補助金

制度の目的と概要

市原市では、平成30年大阪北部地震で倒壊したブロック塀の下敷きになり、小学校4年生の尊い命が奪われた事故を教訓に、通学路沿いに面した危険ブロック塀の撤去にかかる工事費用の一部を補助し、危険ブロック塀の撤去を進めております。

平成30年6月に発生した大阪府北部地震では、倒壊したブロック塀の下敷きになり、小学校4年生の尊い命が失われる事故が発生しました。
市原市では、こうした痛ましい事故を教訓に危険ブロック塀の撤去を進めています。
地震等による倒壊で、所有するブロック塀等が他人に危害を加えてしまった場合、尊い命を奪うことにつながるだけでなく、所有者には高額な損害賠償請求を受ける可能性があります。
このことは、民法717条に定められており、過去には約6,800万円の損害賠償請求を起こされた例があります。
この機会に、ご自身の所有するブロック塀等を見直してください。

引用:「危険ブロック塀の安全対策事業補助金」について|市原市

対象となるブロック塀

助成対象となるのは、以下の条件にすべて該当するブロック塀です。

・指定通学路に面していること※建築指導課にお電話等で確認してください
・高さが1mを超えるもの
・コンクリートブロック造、石造、レンガ造などこれらに類する構造の塀

申請者の条件

申請者は危険ブロック塀等の所有者で市原市内の居住者に限られます。
ただし、以下に該当する場合は補助金の交付を受けることができません。
・補助金の交付決定前に工事契約及び工事着手を行った場合
・市税を滞納している場合
・対象となる工事に同様の補助金、助成金を受けている場合
・土地又は建物の販売を目的としている場合
・自己が所有しているものを自ら工事しようとする場合
・暴力団員及び暴力団密接関係者が関与する場合
・その他市長が不適当と認める場合

工事の条件

この助成を受けるための条件は次のとおりです。

・補助金の交付決定前に工事契約及び工事着手していないこと
・職員が現地調査を行い「倒壊の危険がある」と評価されたもの

受付開始日と申請期限

この事業は現在も申請受付中です。

補助・助成金額

この事業の補助・助成金額は次のとおりです。

撤去新設
危険ブロック塀の安全対策事業補助金5,700円/m 上限10万円10,900円/m 上限15万円

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類等については、下記にお問い合わせください。

【申請先】市原市役所 都市部 建築指導課
【住所】〒290-0073 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1第1庁舎3階
【電話番号】0436-23-9091
参考 ブロック塀等の撤去費用の一部を助成します危険ブロック塀の安全対策事業補助金について

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

解体工事に関する補助金などの内容や申請方法でお困りの方は、当協会(あんしん解体業者認定協会)が運営する『解体無料見積ガイド』へご相談ください。
解体無料見積ガイド』では、地域の解体業者のご紹介だけでなく、補助金についての内容のご説明や申請のサポートなども行っています。
「補助金制度の内容が難しくて分からない」「申請方法が合っているか不安」とお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。