あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

木造の解体費用が劇的に安くなる補助金制度─大阪府枚方市編

木造の解体費用が劇的に安くなる補助金制度─大阪府枚方市編

解体費用って業者に見積もりを取ってみると、思った以上に高くってもう少し安くなったらいいのになぁって思うことありませんか?
そんな中、激安を謳う解体工事業者を見つけると、頼むところによって数万円~十数万円もの金額が安くなると思ってしまうと、つい安い業者に頼んでしまいますよね。実際、激安を謳っている業者には裏があって、見積もりの段狩りでは安く感じても追加料金だったり、トラブル発生の元が大きく孕んでいることもあり、結果「こんな業者に頼むんじゃなかった…」というような気持ちになります。

解体工事にも相場は存在しており、ある程度の金額は覚悟しておいたほうがいいです。しかし、優秀な解体業者の中には、企業努力によってコストを抑えているところもあるので、しっかり見極める必要があります。

今回は解体業者に左右される費用をどうやって安くするかというテーマではなく、市区町村から補助金を受ける方法で解体費用を劇的に安くすることです。あなたがお住まいの地域によっては、市区町村の方に解体工事の申請を行えば、助成金が出る可能性もあるんです。もちろん、すべての地域ではないですが、もしかしたらあるかもしれないので調べてみるといいでしょう。

今回は、大阪府枚方市の解体工事補助金制度についてまとめてみました。

大阪府枚方市の木造倒壊危険家屋の補助金制度

倒壊危険家屋

大阪府枚方市では、倒壊する可能性のある古い木造家屋の解体工事を補助する制度があります。
現在、枚方市にお住いで「解体工事を検討しているけれど、予算がなくて困っている」、「建物が倒壊しそうな家があって、何とかしたい」という方、必見です。

  • ①昭和56年5月31日以前の建てられた、一戸建ての住宅、長屋または共同住宅。
  • ②耐震診断の結果、「倒壊する可能性がある」と判定されたもの。
  • ③個人の所有する住宅であること。
  • ④申請者(所有者)の直近の年間所得が、1,200万円以下であること。

※過去に枚方市の補助制度を利用して耐震改修を行った木造住宅は、本制度の対象となりませんので、ご注意ください。

旧耐震基準の枠組みで建てられた建物

昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた建物は、旧耐震基準の元建てられた可能性があります。昭和56年(1981年)6月1日より新耐震基準の建築基準法に施行令改正されたため、倒壊の危険性が減ったといわれています。

基本的に枚方市が補助金を出すという前提は、倒壊する危険性のある家屋をそのまま放置しておくと、近隣の住民や通行人に被害を与える可能性があるため、解体工事を促すために制定されています。

もし、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てた建物であれば、受けられる可能性があります。
なお、旧耐震基準で建てられた家屋でも十分な耐震性を有している場合もあります。ひとまず、枚方市が設定している耐震のガイドラインを確認してみるといいでしょう。

耐震診断はどうやって判断するの?!

耐震診断

枚方市が打ち出している耐震診断の結果、「倒壊の可能性がある」というのは、どういったものでしょうか?
こちらは、耐震診断の一般診断法という方法で、耐震診断技術者が床下や天井裏、家の外観などを目視したり、簡単な計測器での測定や設計図によって調査を行い、4段階の評価を行います。

  • 倒壊しない………………………評点:1.5以上
  • 一応倒壊しない…………………評点:1.0以上、1.5未満
  • 倒壊する可能性がある…………評点:0.7以上、1.0未満
  • 倒壊する可能性が高い…………評点:0.7未満

耐震診断:一般診断法

一般診断法によって、評点が1.0未満であれば「倒壊する可能性がある」という客観的な判断ができますので、補助金を受けることができます。

枚方市では、この耐震診断の結果、解体工事ではなく耐震工事を選択することもできます。過去に耐震工事を行った場合、解体工事の補助金対象外になるので注意してください。

枚方市の補助金が出る解体工事の対象内容

枚方市の補助金が出る解体工事は、条件が設けられています。

  • ①原則として住宅のすべてを解体する工事であること。
  • ②建設業法、建設リサイクル法の許可または登録を受けている者による解体工事であること。

建物の一部を解体することや建設業法、建設リサイクル法の許可または登録がない解体工事業者には依頼できません。

実際のところ、解体工事を行う場合は、通常全部取り壊すでしょう。また、安心できる解体工事業者に依頼したほうが、後々のトラブルを回避できるため、コンプライアンスを守った会社に依頼するのは当然です。実際に、建設リサイクル法の許可や登録がない業者に解体工事を依頼して、不法投棄などされてしまった時には、解体工事の施主にも処罰される可能性もありえるのでしっかり選ぶことが大切です。

枚方市の解体工事における補助金額

家屋の耐震診断の結果、「倒壊の可能性がある」と判断され、解体工事の準備が整い、依頼する解体業者の見積もりを取って、補助金を申請した後に、枚方市から出していただける補助金の金額はいくらぐらいでしょうか?

以下の中で小さい額が補助金として出ます。

  • ①床面積1平方メートルにつき1万円。
  • ②解体に要した工事費
  • ③一棟あたりの上限額(木造住宅40万円、非木造住宅20万円)

床面積が40平方メートルの木造住宅であれば、単純計算40万もの補助金が貰える計算になります。解体工事のおける見積もりがいくらになるかはわかりませんが、かなりの額が補助金から賄われる計算になります。

倒壊の可能性がある建物であれば、木造住宅以外でも補助金を受けられる可能性があるのは大きいですね。

枚方市の解体工事の補助金に関してのお問合せ

枚方市の家屋の解体工事、補助金に関するお問い合わせは、以下に連絡をしてみてください。

【開発指導室 建築安全課】
住所:〒573-8666 枚方市大垣内町2丁目1番20号 枚方市役所別館3階
電話番号:072-841-1441
FAX番号:072-841-5101
Eメール:kansatu@city.hirakata.osaka.jp

『枚方市の解体工事補助金制度について詳しく聞きたいんです』と電話をかければ、担当者から詳しいことを聞くことができます。

詳しくは『住宅の除却(解体)工事補助制度』を御覧ください。

まとめ

『木造の解体工事が劇的に安くなる補助金制度─大阪府枚方市編』ということでいかがでしたか?

解体工事は、決して安い買い物ではございません。できることなら数万円単位で安くなる事を期待してしまいます。解体工事業者を選ぶ努力も必要ですが、大阪枚方市の様に補助金が出る地域であれば、利用するということも一つの手です。

大阪府枚方市以外にも全国で解体工事の補助金制度を実施しているところがあります。一度、問い合わせてみるといいかもしれません。現在枚方市に住んでいるわけでなく、遠方だったとしても依頼することは可能です。

補助金制度を利用して、高額な解体工事費の負担をちょっとでも抑えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。