北海道富良野市の改修費用と解体費用の補助金制度

富良野市

この記事では、北海道富良野市で利用できる住宅耐震改修促進事業補助金についてまとめています。

昭和56年5月31日以前に建てられた住宅は、大規模地震によって倒壊するおそれがあります。そのため古い住宅にお住まいの方は、ぜひ補助金を利用して耐震改修工事を進めてみてください。

住宅耐震改修促進事業補助金

制度の目的と概要

富良野市では、大地震が発生した際の被害を抑えるため、住宅の耐震改修工事解体工事を行う人に対して補助金を交付しています。

富良野市では、大きな地震が発生した場合の被害を少しでも軽減するために、市民のみなさんが、みずから居住する住宅の耐震改修工事に対して補助金を支給します。
引用:住宅耐震改修促進事業補助金のお知らせ|富良野市

補助・助成金額

補助金額は対象となる事業によって異なり、工事費が200万円未満の耐震改修工事は20万円200万円以上の耐震改修工事は30万円です。

また、解体工事の補助金は20万円となります。

対象となる事業 補助金額
耐震改修工事 20万円(200万円未満の工事の場合)
30万円(200万円以上の工事の場合)
解体工事 20万円

受付開始日と申請期限

補助金交付の受付開始日は4月1日で、その年度の2月末までに工事を完了させる必要があります。

なお、申請期限は定められていませんが、予算の上限に達すると募集を締め切る可能性がありますので、交付をご希望の方はお早めにお申し込みください。

対象となる建築物

補助金の交付対象となるのは、昭和56年5月31日以前に着工した(旧耐震基準で建てられた)住宅で、現行の新耐震基準と同程度の性能を持たないと判定された住宅です。

旧耐震基準と新耐震基準の違いは?
建築基準法が改正され、昭和56年6月1日以降に建てられた建物は新耐震基準が適用されるようになりました。この新耐震基準では、震度6強~7の大規模地震でも建物が倒壊しないような構造が義務付けられています。

一方で、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準では、震度5強程度の揺れで建物が倒壊せず、破損した場合でも補修することで生活が可能な構造が義務付けられているだけですので、新耐震基準に比べて耐震性が劣る建物が多いのです。

申請に必要な書類と申請先

申請に必要な書類は次の通りです。申請書類は、富良野市のホームページからダウンロードできます。

  • 補助金交付申請書(別記第1号様式)と以下の添付書類
  • ・住民票の写し
    ・住宅取得の内容が分かる書類
    ・住宅の所有者及び建設年月日が分かる書類
    ・工事に要する費用が分かる書類
    ・住宅の全景・施工前の状況を撮影した写真
    ・補強後の結果が分かる書類

  • 同意及び誓約書
  • 着手届(別記第7号様式)
  • 完了届(別記第9号様式)と以下の添付書類
  • ・住宅取得の場合は、所有権保存登記簿の写しまたは所有権移転登記簿の写し
    ・改修工事の場合は、補助事業の施工中と施工後のそれぞれの状況を撮影した写真
    ・改修工事の場合は、施工業者に支払った改修工事に係る代金の領収書の写し
    ・耐震改修工事の場合は、完了後の耐震診断書の写し
    ・その他市長が必要と認める書類

  • 補助金請求書(別記第11号様式)
引用:住宅耐震改修促進事業補助金のお知らせ|富良野市

必要書類が用意できたら、富良野市役所に提出しましょう。もしご不明点がありましたら、下記までお問い合わせください。

【申請先】富良野市役所都市建築課
【住所】〒076-0018 北海道富良野市弥生町1-1
【電話番号】0167-39-2316
参考 住宅耐震改修促進事業補助金のお知らせ富良野市

富良野市の解体業者をお探しなら

老朽化したご自宅や空き家を解体するために解体業者をお探しの方は、私たちあんしん解体業者認定協会の運営する『解体無料見積ガイド』をご利用ください。

解体見積ガイドバナー

解体無料見積ガイド』は、無料で解体業者の見積り比較ができるサービスです。お住まいの富良野市で活躍している業者をご紹介することも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

この記事では、北海道富良野市で利用できる住宅耐震改修促進事業補助金について解説しました。

もし補助金制度の内容や申請方法についてご不明点がありましたら、ぜひ『解体無料見積ガイド』までご相談ください。

解体無料見積ガイド』では、解体業者のご紹介だけでなく、これまで補助金申請のサポートも数多く行ってきました。ご連絡いただくと、地域専任スタッフが丁寧にご対応いたしますので、ぜひお気軽にご利用ください。