福岡県田川郡福智町の改修費用と解体費用の補助金制度

今回は福岡県田川郡福智町で解体・改修工事を行う際に利用できる補助金制度を紹介いたします。
福智町では古い戸建て住宅や劣化したブロック塀に対して補助制度を設けています。
福智町にお住まいの方は当記事を参考にしていただければ幸いです。

福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金

制度の目的と概要

福智町では、耐震基準が古いお家を対象に耐震改修の補助を行っています。

震災に強いまちづくりに資することを目的とし、住宅の耐震改修の実施に要する工事費用の20%に相当する額を補助する。(ただし30万円を上限とする。)
引用:福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金|福智町

補助・助成金額

当補助金では、耐震住宅にかかる工事費用を補助します。
補助金額は工事費の1/5(上限30万円まで)です。

受付開始日と申請期限

申請期限はなく、申請がいつでも可能です。
ただし制度内容は変わる場合があるので、申請前には必ず下仁田町ホームページで確認をしてください。

対象となる建築物

福智町内にある1981年5月31日までに建築基準法に準拠して着工された住宅のうち、在来軸組構法・伝統的構法・枠組み壁工法(2×4工法)のいずれかで建てられた住宅で、現在人が住まう住宅であることが条件です。
店舗等との併用住宅の場合、面積の1/2以上を住宅として利用していることが必要です。
また過去に補助金の交付を受けたことがないことも条件として求められます。

(3) 木造戸建て住宅 在来軸組構法、伝統的構法及び枠組み壁工法(ツーバイフォー工法をいう。)で建築された木造一戸建て住宅(店舗等の用途を兼ねるものは、店舗等の用途に供する部分の床面積が、建物全体の床面積の2分の1未満であるものを含む。)をいう。
引用:福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金交付要綱
第5条 補助金の交付対象となる木造戸建て住宅は、次の各号に掲げる要件のいずれにも該当するものとする。
(1) 町内に存在すること。
(2) 昭和56年5月31日以前に建築又は工事着工したものであること(昭和56年6月1日以後に増築等を行ったものを含む。)。
(3) 補助金の交付を過去に受けていないこと。
(4) 現に居住者がいること。
(5) 耐震改修工事により建築基準法(昭和25年法律第201号)及び関係法令の規定に違反するものでないこと。
引用:福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金交付要綱

申請者の条件

市税の滞納がなく、当補助金の交付を受けたことがない福智町民の方が対象です。

第3条 補助対象者は、施行者のうち、次の各号に掲げる要件のいずれにも該当するものとする。
(1) 補助金の交付を過去に受けたことがないこと。
(2) 本町の町税等を滞納していないこと。
引用:福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金交付要綱

工事の条件

耐震診断により上部構造評点が1.0未満とみなされた住宅の評点を、1.0以上に引き上げるように補強する工事を行うことが条件です。

上部構造評点とは
地震が発生した際の建物の耐震性を診断し、数値化したものです。1.0未満の場合、震度6強以上の地震が発生した際に倒壊する可能性があり、補強が求められます。
(2) 耐震改修工事 耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満である木造戸建て住宅について、建物全体又は1階部分の上部構造評点が1.0以上になるよう補強する工事及びこれに伴う耐震設計(工事監理を含む。)をいう。
引用:福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金交付要綱

申請に必要な書類と申請先

福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金交付申請書とあわせて、申請時には以下の書類をご用意ください。各申請書類は福智町のホームページからダウンロードすることが出来ます。

  • 福智町公共料金収納状況証明書
  • 建物の所有の証明書
  • 耐震改修工事費概算見積書
  • 建築年月日等を明らかにする書類
  • 耐震診断結果報告書
  • 施工建設会社等と締結した契約書の写し
  • 施工箇所の写真
  • 施工者等からの請求書の写し
引用:福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金|福智町

工事が完了したら、福智町木造戸建て住宅改修補助金事業完了実績報告書に以下の書類を添えて提出します。

  • (1) 全ての施工箇所の写真(施工前、施工後) ※施工内容が確認できるもの
  • (2) 施工建設会社等と締結した契約書の写し
  • (3) 耐震改修工事に要した費用に係る施工者等からの請求書の写し
  • (4) その他町長が必要と認める書類
福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金事業完了実績報告書

【申請先】福智町役場 住宅課 住宅係
【住所】〒822-1292 福岡県田川郡福智町金田937番地2
【電話番号】0947-22-7768
参考 福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金/福智町福智町木造戸建て住宅耐震改修補助金/福智町

福智町ブロック塀等撤去費補助金

制度の目的と概要

こちらは、老朽化し倒壊する危険のあるブロック塀の撤去工事を支援する制度となります。

地震発生時におけるブロック塀等の倒壊による被害を未然に防止するため、通学路・避難路等の道路に面した危険ブロック塀等の撤去費用の一部を補助する制度です。
引用:福智町ブロック塀等撤去費補助金|福智町

補助・助成金額

ブロック塀の一部・または全部を撤去する場合の費用を補助します。
補助費用は工事費の2/3(上限16万円まで)です。

受付開始日と申請期限

2019年4月から開始された当補助金の申請期限は2024年3月31日までとなります。

対象となる建築物

高さ1m以上補強コンクリートブロック造、または組積造(れんが、石、コンクリートブロック造等)のブロック塀等のうち、避難路や通学路等の道路に面しており、福智町の診断カルテによって倒壊の危険があると認められたものが対象になります。
ただし、他の補助金制度を利用しているものは対象となりません。

(1) ブロック塀等 補強コンクリートブロック造、組積造(れんが造、石造、コンクリートブロック造等)の塀をいう。
引用:福智町ブロック塀等撤去費補助金交付要綱
第4条 補助金の交付の対象となる工事(以下「補助対象工事」という。)は、町内にある次のいずれかの要件を満たす道路に面する高さが1メートル以上のブロック塀等を全て又は一部撤去する工事とする。ただし、他の制度による補助金の交付を受けるものを除く。
(1) 診断カルテ(参考様式第1号)で40点未満のもの
(2) その他町長が災害時に安全上支障があると認めるもの
2 前項のうち一部撤去する工事は、次の要件全てを満たすものとする。
(1) 事業完了後に診断カルテ(参考様式第1号)で70点以上となるもの
引用:福智町ブロック塀等撤去費補助金交付要綱

申請者の条件

福智町にあるブロック塀を所持しており、市税の滞納がなく暴力団と関係を持たない個人・または法人の方が対象となります。
前項でも述べましたが、同補助金の交付を受けたことがない方のみが申請可能です。

第3条 この要綱に基づく補助金(以下「補助金」という。)の交付を受けようとする者(以下「補助対象者」という。)は、ブロック塀等の撤去を行う所有者等とし、次の各号のいずれにも該当する者とする。
(1) 同一敷地において、この要綱に基づく補助金の交付を過去に受けたことがないこと。
(2) 本町の公共料金を滞納していないこと。
(3) 福智町暴力団排除条例(平成22年福智町条例第1号)第2条第2号に規定する暴力団員でない者又は同条第1号に規定する暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有しない者
引用:福智町ブロック塀等撤去費補助金交付要綱

工事の条件

ブロック塀を全て撤去する工事、または道路から一定以上の距離がとられているブロック塀を高さ1.2m以下になるように一部撤去する工事が補助対象となります。
診断カルテでの評点が40点未満・または道路内に建てられている場合は全て撤去となり、40点以上70点未満の場合は一部撤去となります。

第4条 補助金の交付の対象となる工事(以下「補助対象工事」という。)は、町内にある次のいずれかの要件を満たす道路に面する高さが1メートル以上のブロック塀等を全て又は一部撤去する工事とする。ただし、他の制度による補助金の交付を受けるものを除く。
(1) 診断カルテ(参考様式第1号)で40点未満のもの
(2) その他町長が災害時に安全上支障があると認めるもの
2 前項のうち一部撤去する工事は、次の要件全てを満たすものとする。
(1) 事業完了後に診断カルテ(参考様式第1号)で70点以上となるもの
(2) 事業完了後に高さが1.2メートル以下となるもの
(3) 建築基準法(昭和25年法律第201号)第42条に規定する道路内に存しないもの
引用:福智町ブロック塀等撤去費補助金交付要綱

申請に必要な書類と申請先

福智町ブロック塀等撤去費補助金交付申請書とあわせて、申請時には以下の書類をご用意ください。各申請書類は福智町のホームページからダウンロードすることが出来ます。

  • ①位置図
  • ②工事の概要がわかる図面(撤去長さ、高さ、撤去方法(全部・一部)、撤去範囲)
  • ③撤去後の診断カルテの改善計画(70点以上であるもの)※一部撤去のみ
  • ④工事前の全景写真
  • ⑤工事見積書の写し(金額の内訳及び補助対象内外がわかるものを含む)
  • ⑥誓約書(参考様式第2号)
  • ⑦その他町長が必要と認めるもの
引用:福智町ブロック塀等撤去費補助金交付申請書

工事が完了したら、福智町ブロック塀等撤去費補助金完了実績報告書と以下の書類をご提出ください。

  • ①工事請負契約書または請求書(金額の内訳、補助対象内外がわかるものを含む)及び領収書の写し
  • ②工事前後の全景写真
  • ③診断カルテの結果(70点以上であるもの)※一部撤去のみ
  • ④その他町長が必要と認めるもの
引用:福智町ブロック塀等撤去費補助金完了実績報告書

【申請先】福智町役場 防災管理・管財課 防災管理係
【住所】〒822-1292 福岡県田川郡福智町金田937番地2
【電話番号】0947-22-7771
参考 福智町ブロック塀等撤去費補助金/福智町福智町ブロック塀等撤去費補助金/福智町

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

福岡県田川郡福智町の補助金情報を紹介させていただきました。
今回は耐震改修やブロック塀の撤去に関する補助金制度が存在していましたが、「この補助金はどう手続きすればいいんだろう?」「他の解体工事をする時はどう進めればいいの?」といったお悩みを抱える方もいらっしゃるかと思います。
そんな時にご活用いただきたいのが当協会の運営する『解体無料見積ガイド』です。
解体無料見積ガイド』では無料相見積りのみならず、補助金を実際に利用する際のご案内や業者の選定等、解体工事に関わるあらゆる手順をサポートいたします。
ご相談は全て無料。解体工事をお考えでしたらぜひ一度ご連絡くださいませ。