北海道勇払郡安平町の解体と改修にともなう家の補助金制度

北海道勇払郡安平町

本記事では、北海道勇払郡安平町で活用できる解体・改修工事の補助金制度を紹介しています。

安平町で利用可能な補助金制度は、耐震診断・補強設計・耐震改修工事に対して支給される補助金です。
制度の特徴対象建築物申請方法などを詳しく解説しているので、安平町にお住まいで解体工事や改修工事を検討中の方は、ぜひ本記事をご覧ください。

既存住宅耐震診断等費用補助金

制度の目的と概要

安平町では、既存住宅の耐震改修工事などに補助金を支給しています。

安平町内にある既存住宅の耐震診断、補強設計及び耐震改修工事を行う方に対し、その費用の一部を助成します。

引用:既存住宅耐震診断等費用補助金交付制度のご案内|安平町

対象となる建築物

以下の条件を全て満たした建物が、本補助金の対象になります。

昭和56年(1981年)5月31日以前に着工されたもの
・申請した年度に工事が完了すること
・建築基準法や関連法令に違反していないこと

申請者の条件

本補助金は、町内に住所を持ち、対象の建築物を所有・居住している個人が対象となっています。
なお、町税を滞納していないことも申請条件に含まれているため、ご注意ください。

工事の条件

耐震診断の実施者は、以下の条件いずれかを満たしている必要があります。

耐震診断資格者
建築士の資格があり、北海道の「耐震診断・耐震改修技術者名簿」に耐震診断枠で登録されていること

受付開始日と申請期限

申請の受付期間は、令和3年(2021年)4月1日(木)~令和3年9月30日(木)です。
募集期間中に予算額に達した場合は、受付を終了する可能性があります。なお、受付は先着順です。

補助・助成金額

受給できる補助金額は、工事の種類によって異なります。それぞれの補助金額は、次のとおりです。

工事の種類補助金額
耐震診断費用の2/3(上限:8.9万円)
補強設計費用の2/3(上限:10万円)
耐震改修工事費用の23%(上限:82.2万円)
耐震改修工事での付帯工事
耐震改修工事の一部として外壁・屋根・断熱部分を工事する場合は、耐震改修工事の実施に必要な範囲のみ補助金の対象となります。

申請に必要な書類・申請先

申請の際は以下の書類を用意し、安平町役場の建築課へ提出してください。
申請書類のフォーマットは安平町役場のホームページからダウンロード可能です。

  • 補助金交付申請書
  • 住民票
  • 登記事項証明書
  • 納税証明書
  • 位置図、配置図、平面図など
  • 内訳の記載された見積書
  • 耐震診断報告書 ※補強設計や耐震改修工事の場合
  • 改修計画書 ※耐震改修工事の場合
【申請先】安平町役場 建築課
【住所】〒059-1595 北海道勇払郡安平町早来大町95番地
【電話番号】0145-22-2516
参考 既存住宅耐震診断等費用補助金交付制度のご案内 | 安平町北海道安平町

解体工事に関する補助金でお困りの方は

解体見積ガイドバナー

解体工事に関する補助金制度でお悩みの方は、当協会の運営する『解体無料見積ガイド』に、ご相談ください。

「空き家の解体に補助金が使えるか知りたい」
「補助金の申請をしたことがないので、うまく申請できるか不安」
など、地域の補助金情報や制度ごとの申請方法に関して、地域専任スタッフが丁寧にお答えします。

解体工事の業者選び見積り取得のサポートも行なっているので、解体工事を検討されている方も気軽にご連絡ください。