あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【大阪府岸和田市】遠方での解体工事を行いました

更地写真

現在埼玉県に住む私の実家は、築約30年36坪。大阪府岸和田市にあり、空き家になってから2、3年が経っていました。岸和田市の実家の周辺には、家を管理する家族もおらず、土地は借地で、もう今後も住む予定もないので、いつかは解体工事をしなければいけないと考えていました。
しかし、もちろん解体工事の経験もなく、私自身も立ち合いのために実家へ帰るということができませんでした。

そんな私が、どのように遠方にある岸和田市の実家の解体工事を行ったのか、解体業者選びから工事完了までをご紹介いたします。

解体業者を選ぶまでに抱いた悩み

最近、空き家問題のニュースをよく目にするようになり、私自身も「放火されたりしないだろうか」、「建物が崩れて、隣家にご迷惑をかけるのではないか」など、多少は心配をしていたので、できることであれば早めにこの問題を解決したいと思っていました。
家族とも相談の上、次の借地契約の更新までに更地にして地主さんに土地を返却することになりましたが、そこで問題になったのは「どこの解体業者に依頼をするか」でした。

まずは「解体工事」について調べることに

私は解体する岸和田市から遠方に住んでいたので、岸和田市の解体業者を知るすべもなく、とりあえずインターネットで調べることに。

調べていくうちに、何となくの相場は分かってきましたが、実際の実家の解体費用はいくら掛かるのか?を知るために、何社か解体工事の見積り依頼をしてみました。
インターネットで調べながら、電話で問い合わせ。
私にとってはまったく初めてのことなので、何を話していいのか最初は若干戸惑いましたが、電話で対応して下さった担当の方には、建物の状況や、遠方に住んでいるので、立ち会いができない旨などを伝えました。

立ち会いができないと建物内部の確認ができないので、残置物(残留物)は見積りに含むことができないが、残置物以外の見積りは可能との事でしたので、依頼をすることに決めました。
担当の方のご提案で、何社か相見積りを取り、依頼する解体業者を絞っておいて、最終的にその解体業者と立ち会いをすることになりました。分からない事など親切に教えて頂き、色々とご提案も頂きました。

立ち会いなしでの見積もり時に気をつけること

立ち会いなしでの見積もり相談はよくあることのようですが、やはり実際に現場を一緒に見ることができなので、リスクは生まれます。

例えば、解体する家にブロック塀があった場合、どこの範囲まで解体するか、正確にしておかないと後々トラブルに陥ることがあります。
家の中の状態が分からないことから、解体業者は見積もりの時点で少し解体工事費用を高めに提示するところが多いそうです。

また、信頼できる解体業者を選ぶには、実際にやはりお会いしてみないと不安に感じるかもしれませんね。立ち会いなしで現地調査をすると、解体業者の雰囲気が分からないというデメリットがあります。

解体業者の決定&費用の決定まで

3社ほど、立ち会いなしで現地の確認をして頂きました。2社大阪府、1社奈良県の解体業者です。
解体工事の見積りの依頼をしてから、10日ほどですべての見積書が出揃いました。
解体工事の見積書の項目は、3社とも同じような内容でしたが、解体工事費用は若干差がありました。

1社目が150万、2社目が127万、3社目が118万。
見積りの内容が同じであれば、当然安いに越したことはないので、一番解体工事費用が安い118万円の解体業者で話を進める事になりました。

私は幸いにも実家に戻る予定があったので、その時に建物内部の確認をしてもらうアポイントを取りました。
現地での立会い当日、解体業者さんとは初めてお会いしましたが、物腰の柔らかいとても感じの良い解体業者でした。

建物内部の撤去費用が多少追加になりましたが納得のいく価格でしたので、安心して工事の請負契約を交わすことができました。
その後の解体工事に関しては、基本的に解体業者にお任せしましたが、工事の進捗状況や完了時の報告も、しっかりと行って下さいました。

解体工事着工から完了まで

いよいよ解体工事着工です。

こちらが解体工事前の岸和田市の実家の写真。
解体前の家屋
家の前は道路で、隣は駐車場。
今回の解体工事では、道路とは反対側から解体を開始しました。

まずは、解体する家を「防音シート」で囲います。
養生シートで囲いました
防音シートは、養生シートより、シート間のスペースがありません。
隣が駐車場ということもあり、音はもちろん、外に破片などが飛ばないよう配慮したものだと思われます。

こちらは家の屋根の瓦を剥がした後です。
瓦は手作業で取っていきます。
瓦が無くなった状態
綺麗になくなりました。

こちらは2階部分の解体作業中の写真です。
二階部分の解体作業中
まだこの段階では手作業でやっていたようです。

重機の頭が届くようになったら重機が入ります。
一階の一部のみとなりました
重機が入ると作業もスピーディーに。
1階もあっという間に1部のみとなりました。

しっかり分別作業を行っています。
分別解体を行っています
こういうところから、解体業者の丁寧な仕事ぶりが伺えて安心しますね。

こちらは井戸の埋め戻しが完了した様子です。
井戸の埋め戻しも完了

井戸がある場合、見積もり時に見落としていると追加費用がかかる可能性があります。
井戸がある家の方は、事前に申請しておくようにしましょう。

以上で解体工事が無事完了しました。
更地の写真
きれいな更地になりましたね。

かかった日数は約1週間。
解体工事という、一生で一度あるかないかの貴重な経験をさせてもらいましたが、私の場合は、全体的に思っていたよりもスムーズに行うことが出来て、とても良い解体業者に依頼をすることができました。

この記事は大阪府岸和田市の松本さんから承諾許可を頂いた上で掲載いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。