あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【久慈郡の解体工事】信頼できる解体業者に出会った私の体験談!

おじいちゃんの家を解体工事することになりました。私は、両親の家とおじいちゃんの家の2つを相続しました。
2つの建物は比較的近くに建っており、物件の管理もしやすい環境でした。

相続をしてから長年、耐久性に関しては「あと数年は大丈夫」と思っていましたが、ある日を境に解体工事をしなければならなくなりました。

正直、解体工事を依頼することが依頼前までは面倒くさいと感じていました。
しかし、解体工事を終えて今感じていることは、もっと早く解体工事をしておけばよかったと思いうことです。

そんな私の解体工事についての体験談です。

きっかけは大雪!解体工事を行う決心がつきました

きっかけは昨年の冬でした。ある日、ご近所の方から呼び止められました。

「大変!!あなたの家の屋根が雪で落ちてるわよ!!」

言われた時は、一瞬何を言われているのかわかりませんでした。

私の住んでいる地域は、冬になると雪かきが必要なくらいの大雪が降ることがあります。そのため、雪が降った日には屋根の雪を降ろさないといけません。
この日も私は、朝の時点で雪下ろしの作業をしていました。

「今日は、そんな降雪量だったのか?」と疑問を抱きながら自宅に到着しました。すると、家は買い物に出る前と同じ状態でした。

すると、また鈴木さんに呼び掛けられました。

「そっちじゃないわよ!学校の裏の方の家よ!」

崩壊寸前!おじいちゃんの家は解体工事をするしかなかった

当初、2つの家を相続したときは、片方の土地は売ってしまおうと思っていました。しかし、不動産会社の人との話でなかなか売れないという話をされ、結局おじいちゃんの家は物置として使用していました。

おじいちゃんの家は老朽化しており、外観だけ見ると「これは倒壊寸前だな」と思いました。しかし、意外に室内に入るとしっかりとしていて安心ができたので、物置として使っていたのです。

その家の屋根が積雪で落ちてしまったのです。
「とうとう処分するときが来たな」と思い、解体工事を行う決心がつきました。

解体工事紹介サイトを選んだ理由。不安を解消してくれたスタッフの対応

まず、近所の人たちに相談をしました。すると、呼びに来てくれた近所の方が解体業者を紹介してくれると言ってくれました。

鈴木さんは、近くの工務店を紹介してくれました。また、もう一つの会社を紹介してくれました。
それは、インターネット上にある解体業者を紹介してくれるサイトでした。その方も最近、老朽化していた空き家の解体工事をしていたのです。

最初は紹介をしてくれた工務店で解体工事をしようと思っていたそうですが、解体工事の費用が高額だった為に他のところを探したと言っていました。
結果的にその紹介サイトの解体業者で解体工事を行ったそうです。とりあえず、電話をして茨城県エリアの担当者の方にまず事情をお話すれば良いとのことでした。

そこで私は、教えてもらった解体工事の紹介サイトに電話をしました。
茨城県エリアの担当者の方につないでもらい、今回電話をした経緯をお話しました。

すると、私の現場状況に適している3社の解体業者をサイトに登録している中から選定をして紹介してくれることになりました。
何がどう適切な解体業者なのかわからない私は、電話が終わった後少し不安に感じました。

しかし、ほんの数時間後に現場に来てくれる解体業者だったので、茨城県エリアの担当者の方から電話がかかってきました。
その際に各解体業者の特徴、選定した理由などを説明してくれながら紹介をしてくれました。そのため、電話後の不安は軽くなり実際に解体工事の現場で会うのが楽しみになりました。
しかし、他の解体業者を知らない私はその電話の後に念の為、紹介してもらっていた工務店にも電話をしました。

来週の土曜日に紹介サイトの解体業者3社が来ることになりました。そこで紹介してもらった工務店は日曜日に来てもらうことにしました。

そして、約束をした土曜日。

まず1社目の解体業者が来ました。

特徴:現在、紹介サイトの茨城県エリアの解体業者の中で一番選ばれている会社。
社長含め職人の対応が良く、金額も安いことがお客様の心を掴んでいる。
解体工事後のアンケートにも絶賛の声の嵐なので、安心して解体工事を任せることができる。

実際にお会いした印象は、確かに多くの方に解体工事を受注を受けているだけのことはあるなと感じました。現場でいろいろと確認をして頂き、また解体工事の手順や方法を説明してくれました。

そして、2社目の解体業者が1時間後に来ました。

特徴:親族で個人事業として解体工事業を営んでいる解体業者。
ほかの会社と比べ、会社で坪単価などを決めていない為、できるだけお客様の要望に近づけられるように安くしてくれる。
重機も豊富にそろっている為、どんな建物でも安く解体工事を行うことができる。しかし、見積書がかなりざっくばらん。

お会いした印象は、親しみのある感じの良いおじさんでした。1社目の方に比べると確かに説明は少なかったです。ただ、どこか信頼できる感じがありました。

最後に3社目の解体業者が来ました。

特徴:今回、現場に一番近い解体業者。ほかの2社との違いは、会社として営業担当がいる。
会社の規模も大きく、知名度もあるため間違いのない解体工事を行っている。
しかし、比較的相場の価格帯で出てくることが多い。

お会いした印象は、前の2社と比べるとしっかりとしている会社だなと思いました。服装もスーツだったことも好印象でした。しかし、現場のことに関して説明をしてくれず、どちらかというと現場の撤去範囲の確認などがメインでした。

そして、翌日、工務店の方が来てくれました。
正直なお話、前日に会った3社と比べて対応が雑でした。簡単な挨拶を済ませると一通り現場を見て、「解体工事の見積書作って送りますね」と言って帰っていきました。

最後に来た工務店のような人が解体業者のイメージでした。

解体工事の見積書に安心できた!業者にお願いしたポイント

1週間程で3社の見積書が届きました。

1社目:108万円

見積書の枚数は2枚で項目などもまとまっており、素人の私でも内容をイメージすることができるような見積書でした。また、備考欄に注意点や別途項目に関してわかりやすく記載されていました。

2社目:89万円

見積書の枚数は1枚でした。項目は木造解体費用、納屋解体費用の2つの項目でした。数量なども一式になっており、確かにざっくりとしている見積書でした。

3社目:135万円

見積書の枚数は4枚でした。これでもかというほどの項目の量でした。かなり細かく解体工事について書いており、またその書かれている言葉も専門用語ばかりでとりあえず敷地内の物がすべて撤去されるのだなと感じる見積書でした。

3社の見積書が届いてからもう1週間が経過しても工務店からの見積書は届きませんでした。確認の為、工務店に連絡をすると「すぐに送ります」と言われ、結果的に現場でお会いしてから3週間後に到着しました。

工務店:129万円

見積書の内容は、1社目の解体業者ほどの項目量でしたが、備考欄の項目に全く記載がないものでした。

私たちは、結果的に1社目の解体業者に依頼することにしました。理由としては、現場での社長さんの対応の良さと見積書の内容に安心することができたからでした。

1社目の解体業者の方にさっそく解体工事の依頼電話をして、契約書を結びました。

それから約2週間後に実際の解体工事が開始されました。

解体工事をして頂いたことに大変満足しています

まず、室内の物を処分する作業から開始されました。

室内作業

次に室内の解体工事が行われました。

室内作業2

そして、屋根から順に重機を使用して解体工事が進みました。

重機作業

母屋の解体工事を終えると次に納屋の作業に移りました。

納屋作業

解体工事は2週間程かかり、きれいな更地の状態になりました。

更地

解体工事後、私たちはその土地を駐車場として使用することにしました。その駐車場の作業もその解体業者の方に行って頂きました。

解体工事中も工事の経過などをしっかりと報告をしてくれ、本当に依頼をしてよかったと思いました。この解体業者に解体工事をして頂いたことに大変満足しています。

解体工事を終え、なんてあっという間なのだろうと感じました。こんなに早く終わるのなら近所の方々に迷惑をかける前にやってしまえば良かったと思いました。

あの日に雪で屋根が落ちていなければ、解体工事をせずにおじいちゃんの家は残っていたはずです。ただ、解体工事を終えた今、今回のことを考えると老朽化が進んでいる空き家を放置しておくことが、どれだけ近所の方に迷惑をかけてしまっていたのかと反省しています。

私のように空き家を持っている人がいると思います。私のように何かきっかけがないと解体工事をしようという状況にはならないと思いますが、何か起きてしまうと誰かに心配や迷惑をかけてしまうかもしれません。

もし空き家を持っている人がいたら、ぜひ早めの解体工事をおすすめします。だって、こんなに簡単に良い解体業者を見つけられ、あっという間に終わってしまうのですから。

この記事は栃木県久慈郡のワタベさんから承諾許可を頂いた上で掲載いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。