あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事後、駐車場施工する場合の費用を安くする簡単な方法

解体工事後、駐車場施工する場合の費用を安くする簡単な方法

解体工事を行ったあとの土地の活用方法として、「駐車場」にするとお考えのお客様が多くいらっしゃいます。

考えられる工程では、まず解体工事を行い、その後駐車場にするための施工をお願いします。建物を解体と駐車場施工をする業者、別々に考えてしまうと思います。別々の業者にお願いすることになるので、その分費用も跳ね上がってしまいます。

あらかじめ解体工事を終えたあとに「駐車場」にすると決めている場合、おすすめの施工方法がありますのでご紹介いたしますね。

解体工事と駐車場施工を同時に行う方法

実は、解体工事業者は、駐車場施工もお願いできるんです。つまり、解体工事と駐車場にするための工事をワンセットで行うと費用の総額が抑えられます。

これは重機回送費と言われる、解体工事に使用する重機や運搬トラックの移動などにかかる費用が削減されるため、結果的に費用が安くなるのです。別々の業者に頼むと単純計算で2往復かかるところが、1往復で住んでしまうため、重機を動かす回数が減ります。

同じ解体業者に頼む場合と別業者に頼む場合の違いをまとめてみました。

解体工事と駐車場施工が別業者の場合

まず、解体工事業者の工事手順は以下の通りです。

  • 1:解体工事の依頼を受ける
  • 2:重機を運ぶ
  • 3:解体工事を行う
  • 4:重機を会社に戻す

次に、駐車場施工会社の工事手順です。

  • 5:駐車場施工の依頼を受ける
  • 6:重機を運ぶ
  • 7:駐車場施工を行う
  • 8:重機を会社に戻す

この通り、機材を運ぶ場合2重になってしまいますね。また、工事に携わる人数も増えてしまうので人件費もかかってしまいます。

解体工事業者に駐車場施工を頼む場合

解体工事業者に駐車場工事施工も同時に頼む場合の工事手順は以下の通りです。

  • 1:解体工事&駐車場施工の依頼を受ける
  • 2:あらかじめ駐車場施工まで対応できる重機を運ぶ
  • 3:解体工事を行う
  • 4:駐車場施工を行う
  • 5:重機を会社に戻す

こうやって比べると、工程の違いが一目瞭然ですね。

重機回送についての相場ですが、ユンボの大きさによって変わってきますがおおよそ、18,000円~30,000円と言われています。単純計算にしても1回で済む場合、この金額と同等にはならないにしても、かなりの費用が抑えられますね。

解体工事と駐車場施工を同時にやるメリット

解体工事と駐車場施工を同時に行う際にメリットがあります。

解体工事は土地を平らに整地して終了です。その後駐車場施工をする場合、当然土地は平らな状態にしなければなりませんが、この点も1回で済ませることができるので、解体業者にとっても利点なのです。いくら解体工事を行ったあとの整地されている土地であったとしても時間が経ってしまえば、雨風にさらされる機会も増えるため荒れてしまいます。同時に行ってしまうことで手間が省けます。

手間が省けるということは、結果費用は安くなるのです。トータルの工事費用が抑えられた方が、依頼す主からしたらかなりのメリットですね。

工期も短くなるはずですので、おそらく駐車場敷設までも短縮できます。

駐車場施工は大きく分けて3種類

駐車場施工にも様々な種類があります。

砂利敷き、コンクリート敷き、アスファルト敷きあたりが街中を歩いていてよく見ます。

駐車場にするということは、結果的にこれらのような仕上がりになります。一番費用が安いのは、砂利敷きですが、コンクリートとアスファルトにおいてはピンと来ないこともあります。広さにもよりますが、コンクリートはアスファルトの倍近くの費用がかかります。広ければ広いほど、コンクリートの量も増えるし、コンクリートの場合ある程度の厚みを持たせないと強度的にも不安です。

またコンクリートの場合は、工事日数もかかってしまうため完成までに時間がかかります。アスファルトは数時間程度で完成するため、日数を気にする場合はこちらを選ぶのもいいでしょう。

水はけはアスファルトの方が良く、雨の日に水が溜まるのを防いでくれます。あとはメンテナンスのしやすさというのもメリットとしてあげられます。

アスファルト敷き

もちろん現場の状況で施工内容は変わってきます。その中から、ご希望とされる金額と照らし合わせながら、工事内容を決定するのがいいでしょう。決定する際は、実績のある解体業者と現地で具体的なお話をしながら、納得するまで相談してから、工事をお願いするのが一番でしょう。

まとめ

駐車場

解体工事後、駐車場施工をする場合の費用を安くする簡単な方法は、解体工事と駐車場施工を同時に行うことです。その理由として大きく考えられるのが、重機回送費が抑えられるため、工事費用が抑えられます。

あらかじめ解体工事したあとの土地の利用は「駐車場」にすると決めている場合は、両方やっていただく解体業者にお願いをし、綿密な打ち合わせを行ったのち、工事を発注してくださいね。

その他駐車場にする際、限られた予算の中でどのようなことを盛り込んでいくかも予想を立てておくと、現地調査での打ち合わせで様々な意見を交わすことができるでしょう。

良い解体業者を見つけて、すばらしい駐車場にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。