あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【宮城県石巻市】鉄骨二階建ての店舗を解体工事した実体験

この度、宮城県石巻市にある土地を更地にして売却することになり、建物を解体することになりました。
建物は鉄骨の二階建てで、大きさは延べ面積で約48坪ありました。建物の中には不要となっていた生活家財があり、それらも一緒に処分して欲しいという希望がありました。

解体工事については相場も全く分からなかったので、解体工事の費用がはどれくらいになるのか不安な気持ちを抱いていました。

不動産屋に紹介された解体業者からの見積もり

解体前の建物

まずは不動産屋と親交のある解体業者に見積もってもらった結果約200万円でした。

その後、建築関係の知り合いに解体費用について聞いてみたのですが、「鉄骨だと坪単価で4万位じゃない?」と言われました。
計算すると48坪×40,000円=1,920,000円、建物内の生活家財も込みで200万円だったので、まあ普通の妥当な金額くらいなのかなと思いました。

そのまま依頼してしまおうかとも思いましたが、はっきりとした相場も分からなかったため、念のため他でも見積もりを取ってみようと思い、インターネットで調べて見積もりの依頼をしました。

鉄骨の建物の解体は木造に比べどれくらい費用がかかる?

鉄骨の構造(軽量鉄骨・重量鉄骨)は、外壁材、基礎の状況、業者によって変わりますが、一般的には坪単価で2,000~3,000円くらい木造住宅の解体に比べて解体費用が違うそうです。

30坪の建物だったら、60,000~90,000円くらいトータル金額が変わってきます。

比較サイトから紹介された解体業者に依頼

上空からの解体前の建物

インターネットで調べた比較サイト「あんしん解体業者認定協会」からは、大崎市の解体業者を紹介されました。費用が安く出ることが多く工事も丁寧でおススメの解体業者とのことでした。立ち合い当日になり、解体業者の社長さんが見積りにいらっしゃいました。

建物の周りを測ったり写真を撮ったり、建物内部の確認もしてもらいました。一通り見終わった後に、その社長さんが「うちだったら、大体150万円位で全部できますね」と言ったのでビックリしました。社長さんが言うには、「敷地が広く重機が置ける」のと、「自社に廃材の処理場を持っている」から安くできる、とのことでした。

50万円も安くなるのであれば、是非お願いをしたいと思いました。

見積書を確認。対応の早さも好印象

立ち合いの時は工事の説明を色々としてくれて、お会いした印象もとても良かったので、150万円でなくても多少安ければそのまま依頼をしようと思っていました。

立ち合いをした2日後には見積書が届き、内容を確認したところ金額はほぼ150万円だったので、すぐにその解体業者さんに電話をして工事の依頼をしました。

契約書もすぐに送ってきてくれて、工事のスケジュール調整もすぐに行って下さいました。そういった対応の早さもとても好印象でした。

解体工事が始まりました

上空からの航空写真

解体業者の方がドローンを使って上空から解体工事の様子を撮ってくださいました。貴重な写真ですね。
写真からも分かるように、今回の石巻市の現場は、建物の周辺のスペースに余裕があり、重機やトラックなども導入しやすく、作業もしやすかったそうです。
解体する建物の周囲のスペースに余裕がないと、解体業者の手間も増えるので、費用がかさんでしまいます。

まず、養生シートで建物を囲っていきます。

養生シートで覆った建物

周囲に埃や破片が飛んでいくことがないよう配慮しているそうです。

次に、建物の内部を壊していきます。

建物の内装を壊している様子

大きな袋に、処分するものを分別しながら詰め込んでいきます。

建物の内装を壊している様子2

いよいよ重機が入りました。

重機で壊している様子

重機での解体が始まると、解体スピードが一気にアップします。

作業員の方たちはとても手際がよかったです。
解体業者というと荒っぽいイメージが私の中にはありましたが、丁寧に作業されている様子に安心できました。

作業をしている職人さん

工事も終盤になり、基礎の工事になりました。

解体工事も終盤になりました

地中埋設物もなかったので、追加費用もかからなかったです。

解体工事が完了

更地写真

無事に解体工事が終わりました。一番心配をしていたのが近隣からのクレームだったのですが、そういった事はまったくなく工事もスムーズだったので予定より早く終わりました。「あんしん解体業者認定協会」の担当者さんが言っていたのは本当でした!

整地ももっとボコボコしているのかと思っていましたが、想像以上に真っ平らでした。安く解体できたことも良かったですが、何事もなく無事に完了することが出来たのが一番良かったと思います。

この記事は宮城県石巻市の平手さんから承諾許可を頂いた上で掲載いたしております。